サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夏と冬の奏鳴曲(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1993.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/499p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-181700-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

夏と冬の奏鳴曲 (講談社ノベルス)

著者 麻耶 雄嵩 (著)

歪んだ館が聳え、たえず地が揺れ、20年前に死んだはずの女性の影がすべてを支配する不思議な島「和音島」。真夏に雪が降りつもった朝、島の主の首なし死体が断崖に建つテラスに発見...

もっと見る

夏と冬の奏鳴曲 (講談社ノベルス)

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

歪んだ館が聳え、たえず地が揺れ、20年前に死んだはずの女性の影がすべてを支配する不思議な島「和音島」。真夏に雪が降りつもった朝、島の主の首なし死体が断崖に建つテラスに発見された。だが、殺人者の足跡はない…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本ミステリ界のターニングポイント

2001/04/04 09:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:祥  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 孤島,首無し死体,不可解な殺人。まさしく,本格の王道。犯人は明らかになり,謎も解明する。だがその結末は…。

 評価が分かれる本作であるが、ミステリファンならば読んでおくべき1冊であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ものすごく力がある!

2002/07/31 01:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

本格の約束を二重にも三重にもふまえたうえで、幻想的な雰囲気を
漂わせる怪作。

二十年前、たった1本の映画にだけ主演した「真宮和音」という女
優がいた。、その圧倒的な魅力で信奉者ともいうべき6人の若者と
絶海の孤島にある、通称「和音島」に移り住み1年間の共同生活を
送ったが、和音の死によってその共同生活は幕を下ろす。そして今
日、二十年ぶりに、島で「同窓会」が開かれる。その模様の取材を
命じられた雑誌記者の烏有は、アシスタントの桐璃と共に島に向う。
島に建つ歪んだ館と、車椅子の当主、そして夏なのに降り積もる雪
と連続殺人。はたして「真宮和音」の正体は?

「翼ある闇」を読んだときも思ったのですが、麻耶作品ってものす
ごいパワーがありますよね、力で読者をねじ伏せると言うか…。そ
のねじ伏せ具合が、また絶妙で圧倒的。今回の作品中で使われてい
るトリックも見ようによっては、反則ギリギリ。でもそのギリギリ
度が非常に気持ちいい。作者はとても頭のイイ人なんだなあと、つ
くづく感じさせられます。でもね、この作品のラスト、意味が全然
わからなくなってしまいました…。すごく深い意味があるんだろう
なと言うことしか、自分にはわかりませんでした。今回は、力負け。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

手に余る作品

2001/04/17 00:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Pasta - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人のそれまでの人生はその人だけのもの。そんな当たり前の事が崩れた時の恐ろしさ。記憶も体も一つだと誰が決めたのでしょう。謎に次ぐ謎、解決、そしてまた謎。混乱の中でこれだけはと掴んだ生きる目的までも無意味だと叩き落とされる。主人公の烏有と共に混乱し、もう何でもいいからとにかく事件が終わって欲しいと安心した瞬間に、メルカトル鮎が落とす最終ページの爆弾。繰り返された疑問に与えられた答えは更なる謎を呼ぶ。殺人トリック以外謎に溢れたこの作品、魅力的過ぎて私の手には余ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/30 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/07 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/21 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/02 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/19 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/01 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/18 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/26 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/23 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/23 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/19 02:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/31 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る