サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 日本の小説・文学の通販
  5. 青弓社の通販
  6. 渋沢竜彦の時代 幼年皇帝と昭和の精神史の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1993.8
  • 出版社: 青弓社
  • サイズ:20cm/387,9p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7872-9083-5
  • 国内送料無料

紙の本

渋沢竜彦の時代 幼年皇帝と昭和の精神史

著者 浅羽 通明 (著)

膨大なモノがあふれ返る今日、渋沢竜彦の胎児の夢が、妖異博物館がよみがえる。全昭和史を生き、少年少女の憧憬を集めたその晩年、訴えずにいられなかった高度消費社会への違和感をさ...

もっと見る

渋沢竜彦の時代 幼年皇帝と昭和の精神史

税込 3,300 30pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

膨大なモノがあふれ返る今日、渋沢竜彦の胎児の夢が、妖異博物館がよみがえる。全昭和史を生き、少年少女の憧憬を集めたその晩年、訴えずにいられなかった高度消費社会への違和感をさぐる、昭和の精神史。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

浅羽 通明

略歴
〈浅羽通明〉1959年神奈川県生まれ。早稲田大学法学部卒業。著書に「試験のための政治学」「ニセ学生マニュアル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

おたく論の結晶か

2001/12/11 01:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:戸波 周 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本作は『澁澤龍彦の時代』題されているが、読者は前もって澁澤に関する詳細な知識を要求されはしないし、また澁澤を広く紹介しファン層を開拓しようといういわゆる「入門書」などでもまったくない。著者は澁澤龍彦という「おたく」の先駆者の軌跡を通して、各時代の相を鮮やかに提示してみせる。そしてその作業は、まず何よりも「おたく」的な感性が無視できないほど広がり一般化し、病理さえ呈し始めているこの「現代」という時代への問題意識から始まっていることは見逃せない。さらにいえばそれは、著者自身が「おたく」であるゆえに感じ取ることができたものなのである。おたくによるおたくのための、単なるマニア的情報蓄積を超えた、生き方の模索。その点で、著者の問題意識は他の著作とも通底している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ただの澁澤龍彦研究とは異なり、その消費のされ方に焦点を当てている

2001/05/07 10:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:谷池真太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 普通の澁澤龍彦研究とは異なり、その消費のされ方に焦点を当てているのが本書である。著者のねらいはそこから戦後から昭和の終焉までの日本の精神史をたどるところにある。澁澤龍彦の著作のなかでは一段低く見られることの多い「快楽主義の哲学」をダイナミックに読み解くあたりは圧巻。
 また、常に周囲から「浮いた」存在であった澁澤龍彦がどうやってまわりの人間とつきあい、自己を確立していたのかを探り、「コミュニケーション不全症候群」(中島梓)の人間についての処方箋を与えている。著者はこの後、その処方箋を「教養」という語で表し「野望としての教養」「教養論ノート」など意慾的な活動を続けている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/12 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。