サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蔵 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1993.9
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:20cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-620-10484-1
  • 国内送料無料

紙の本

蔵 上

著者 宮尾 登美子 (著)

失明という運命と闘い、ひたむきに、華麗に、愛と情熱をつらぬいた女、烈。雪深い新潟の酒造家を舞台に、生きる哀しみと喜びを全身全霊で描きつくした宮尾文学畢生の傑作。【「TRC...

もっと見る

蔵 上

1,363(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

失明という運命と闘い、ひたむきに、華麗に、愛と情熱をつらぬいた女、烈。雪深い新潟の酒造家を舞台に、生きる哀しみと喜びを全身全霊で描きつくした宮尾文学畢生の傑作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮尾 登美子

略歴
〈宮尾登美子〉1926年高知市生まれ。高坂高等女学校卒業。62年「連」で女流新人賞、72年「櫂」で太宰治賞、77年「寒椿」で女流文学賞、79年「一絃の琴」で直木賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/10/28 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/22 01:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/05 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/16 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/12 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/29 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/11 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/13 02:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/16 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/04 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/03 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/19 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/09 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/20 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/07 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む