サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0221-24)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 文芸春秋の通販
  6. 文春文庫の通販
  7. 精神と物質 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

精神と物質 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1993/10/09
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/333p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-733003-2
文庫

紙の本

精神と物質 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか (文春文庫)

著者 立花 隆 (著),利根川 進 (著)

百年に一度という発見で、一九八七年ノーベル生理学・医学賞を受賞した利根川進氏に、立花隆氏が二十時間に及ぶ徹底インタビュー。最先端の生命科学の驚異の世界をときあかす。【商品...

もっと見る

精神と物質 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか (文春文庫)

税込 704 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

百年に一度という発見で、一九八七年ノーベル生理学・医学賞を受賞した利根川進氏に、立花隆氏が二十時間に及ぶ徹底インタビュー。最先端の生命科学の驚異の世界をときあかす。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (20件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

利根川氏がノーベル賞を獲得する経緯を分かりやすく解説

2006/01/11 21:41

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アラン - この投稿者のレビュー一覧を見る

一言感想を言うと、「無茶苦茶おもしろい本」である。
利根川氏が大学を卒業し、渡米(のちにスイスに渡る)し大学・研究所を渡り歩いて研究を進めつつ、ノーベル生理学医学賞を受賞することになる「抗体の多様性生成の遺伝学的原理の解明」を成し遂げ、その後脳にも関心を広げていく経緯が記されている。本書は立花氏が利根川氏にインタビューしたものをまとめたものであり、対談形式になっているが、読者のため随所に立花氏による解説が付されている。高校生物の知識があれば理解可能なレベルになっているとのことだが、実際高校生物レベルの私でも理解できた。ワトソン・クリックの二重らせんから利根川氏の発見、さらなる研究の内容について分かりやすく書かれている。また多くの学者は大発見をできずに終わること、当然だが競争が熾烈であること、有名研究所には最新情報が集まり、そこに属すると大変有利であること、日本の大学は研究に向かないことなども語られ、大変興味深い。一気に最後まで読み通してしまった。
本書は88年〜90年に文藝春秋で連載されていたのをまとめたものであり、日進月歩(秒進分歩か?)の科学の知識を得るには本来古すぎるのかもしれないが、科学研究の状況を臨場感もって伝えていると思われ、好著であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

利根川進サクセスストーリー

2003/08/23 05:34

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ころり - この投稿者のレビュー一覧を見る

書物の題名と中身のギャップは時折体験するものの、本書ほどそのナイアガラ瀑布の落差ほどの違いは御目にかかれるものではない。本書は日本でただ一人、ノーベル医学生理学賞を受賞した、MITと理研の架け橋、利根川進博士のサクセスストーリーである。間違ってもこの本に哲学的な思索の種をお探しにならないように。それは詮無きことと思います。本書からは生命科学研究の先端に立つ男を支える強烈な自負とそれを裏打ちする努力と行動力を学ぶことができると思います。利根川先生の勝者のご意見をありがたく拝聴して、立花さんの解説をあっさり読み飛ばすのが本書の楽しみ方である、と申し上げてしまいましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/02 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/26 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/13 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/31 04:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/07 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/25 01:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/02 08:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/08 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/06 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/20 04:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/16 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/09 08:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/30 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。