サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. ブラインド・ウォッチメイカー 自然淘汰は偶然か? 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラインド・ウォッチメイカー 自然淘汰は偶然か? 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1993.10
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/280p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-207811-1
  • 国内送料無料

紙の本

ブラインド・ウォッチメイカー 自然淘汰は偶然か? 上

著者 リチャード・ドーキンス (著),中嶋 康裕 (ほか訳)

私は、われわれの存在そのものが、考えただけでぞくぞくするような謎なのだという見方で、読者を刺激したい…。ベストセラー「利己的な遺伝子」の著者が示す、ダーウィン進化論の理論...

もっと見る

ブラインド・ウォッチメイカー 自然淘汰は偶然か? 上

1,993(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私は、われわれの存在そのものが、考えただけでぞくぞくするような謎なのだという見方で、読者を刺激したい…。ベストセラー「利己的な遺伝子」の著者が示す、ダーウィン進化論の理論的到達点。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/11/23 01:51

投稿元:ブクログ

進化のプロセスにおける「自然淘汰」という現象において、「ランダム」と表現される淘汰について解説を行っています。

コンピュータシミュレーションによって得られた「偶発的」進化の頻度についての考察や、周囲の環境からなる淘汰圧についての事例などを述べつつ、強烈に創造論を否定します。
コンピュータ上に昆虫たちに視覚可能な花のモデルを作って、それを庭に面した窓を持つ室内に置き、そこに集まる虫たちによって数十年、数百年後に自然淘汰の過程が現るかも、という仮説はかなり惹かれました。windows8なら可能になりましたね 笑

様々な角度から進化という過程を論じているため、個人的には結構難しいと感じましたが、下巻も読んでみます。

2013/05/06 11:33

投稿元:ブクログ

まえがきが、すべてを語る。1986年の作品。
これを読むだけで、ドーキンスという、アグレッシブな面がよくわかる。
また、ダーウィン教の信者であることがよくわかる。
ドーキンスは言う
『我々自身が存在しているのはなぜか?
ダーウィンとウォレスがその謎を解いた。』
ダーウィンのいうことは、よくわからない。
かんがえていることが、ちがう。
⑴ダーウィンのタイムスケールがちがう。
数万年から億年の考えをしている。なぜダーウィンはできたのだろうか。
⑵ダーウィンは、偶然の理論だった。盲目の偶然。とは言えない。
⑶デザインがすぐれている。原始的な単純さから、複雑に発展した。
ダーウィンが、種の起源を出した時と、その後の批判に応えた第六版とは違う。

生物体の複雑さは、その外見的なデザインのもつすぐれた効率に見あっている。
もし、これほどまで多くの複雑なデザインがどうしてできたのかを説明する必要がある。
とドーキンスは、考えている。

ドーキンスはいう
『ダーウィン主義とは、そこに遺伝的変異があって、しかもデタラメではない繁殖のもたらす結果が累積される時間がありさえすれば、途方もない結果が生まれる。』

デタラメな偶然は、変異においてであり、
繁殖は、デタラメではなく、
累積自然選択は、合理的である。

一つ一つを丁寧に整理して、原則を明らかすること。
なぜ、そのようにいうのか?

ドーキンスはいう
『自分の本が、一時的な衝撃として終わるよりは、長く衝撃力を持ち続けることを望むものである。・・・フランス語を話す人々が、テーブルを女性とみなしていないのと同じく、自分の読者を男性であるとは考えていない。』

このスタンスが、なぜか、微笑ましくも見える。

進化論・生態学・行動学 ランキング

進化論・生態学・行動学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む