サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

伝奇集(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 79件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1993.11
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-327921-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

伝奇集 (岩波文庫)

著者 J.L.ボルヘス (作),鼓 直 (訳)

伝奇集 (岩波文庫)

842(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス 13-40
アル・ムターシムを求めて 41-52
『ドン・キホーテ』の著者、ピエール・メナール 53-70

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー79件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

独特な雰囲気に魅かれる

2017/04/24 20:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

初見の作家さんです。

元々は大好きな映画監督のクリストファー・ノーランの「インセプション」がボルヘスの「円環の廃墟」「隠れた奇跡」から着想を得たとウキペディアで読んで興味を持ちました。

本作は先の2編を含めた17編からなる短編集です。
推理小説的なものやSF的なものそして幻想小説的なものまでバラエティに富んだ作品です。
正直よく理解できない作品もあるのですが、難解というよりも読み手である私の無知のせいです。
文章自体は簡潔で読みやすいのに独特の雰囲気があり魅かれました。
今後何度となく読み重ねてみたくなりました。
読んでいると円城塔氏や竹本健治氏などの作品に似たコンセプトのものがあるので、結構日本の作家さんにも影響を与えておられるのかなと思いました。

この岩波文庫版にしても私が手に入れた2014年4月のもので第28刷なので、私が知らなかっただけで人気のある作家さんのようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

傑作短編集

2017/09/09 05:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

この世の全ての本が収められている、「バベルの図書館」に圧倒されました。読書への限りない喜びを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝奇集

2001/10/05 17:17

5人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんぱん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 作家のための作家といわれたボルヘスの作品。
 たしかに作家のための作家といわれるほどあってこの作品もいささか文学にしては難解というかややこしいというか、とにかく普通の文学作品とは違った趣を味わうことが出来る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ボルヘスという時空間

2009/07/09 00:48

12人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

僕は各出版社のサイトを「お気に入り」に入れて、代表的な出版社がこれから出す予定の本の情報を把握しようと努めている。(その作業は、いい時間つぶしになる)。

そういう作業で、岩波文庫から『創造者』が出ることを知って、本屋で購入した。ボルヘスの写真が表紙に使われていて、素直に、かっこよかったからでもある。また、岩波文庫のサイトでの紹介文で多分に興味を引かれたからでもある。

『創造者』は僕にとって「人生初ボルヘス」だった。僕は保坂和志という作家に微妙な感情を抱いているのだが、彼のサイトはたまに見る。そのサイトの掲示板で、ボルヘスを薦めている人がいて、頭の片隅にはその名前が刻まれていた。

長い物語、というものがある。「源氏物語」でも、『白鯨』でもいい。僕もそういうものに挑戦しようという気が起こることがある。事実、今年の正月に、アルバイトで貯めたお金で岩波文庫版の『白鯨』の上、中、下をすべて揃えた。その後、その本はどうなったか?

以前も書いたが、僕はヘミングウェイの短編が好きだ。僕の中で一つの「指針」にすらなっている。ただ、『日はまた昇る』は何ヶ月か前に購入して、三分の一ほど読んでから、読む気にならない。

これは、一般的にそうなのかもしれないが、僕は長い物語を読むのが、不得手だ。事実、『ねじまき鳥クロニクル』も途中で、いやになって、ブックオフに売ってしまって、売ってしまったら、読みたくなって買い戻して、なんとか読了した、ということもあった。

『白鯨』は結局、本棚の整理という名目の元、僕の気まぐれ(とわずかな小銭欲しさ)のために、読まずに、ブックオフに売ってしまった。

ボルヘスの『創造者』は短い文章と詩だ。内容は難解というか、世の中に大量に流通している「分かりやすいもの」の論理では「分かりにくい」といえるかもしれないが、そのテクストの「内部」に入ってしまえば(「迷路」とあからさまなメタファーで呼んでもいいが)、読むことが快感になる。

そういうわけで、長い物語への苦手さということもあいまって、僕は『創造者』をとても気に入った。で、ある用事で大型の本屋に行く用事があったので、ボルヘスの他の本を探しに行った。

実は、『伝奇集』のことは、存在としては知っていた。その強烈な表紙によって。その表紙は僕に近づき難さを感じさせた。なんか、「怖い」というか。でも迷ったあげく(迷ったというのは、お金の使い方についてでもある)、購入した。

読んでみて、買ってよかった、と思った。すべて、短編。しかも独特の文学世界がそこに開かれている。
おそらく訳者の日本語が読みやすいということもあるのではないか、と思う。

僕の人生にジョイスが現れたのは、僕が二十五歳のときだった。そして、僕は二十六歳のときにボルヘスに出会った。ボルヘスという星は僕の天体に輝き続けるだろう。南西の方に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/09 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/17 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/26 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/27 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/01 06:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/03 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/25 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/01 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/19 06:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/18 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/23 03:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む