サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【宅本便】ブックオフキャンペーン2019年 4/9-5/8(期間延長)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 物語・おはなしの通販
  5. 偕成社の通販
  6. あるきだした小さな木 フランスのどうわの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あるきだした小さな木 フランスのどうわ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1978
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:23cm/67p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-03-404140-4
  • フィルムコート不可

紙の本

あるきだした小さな木 フランスのどうわ (世界のカラーどうわ)

著者 テルマ=ボルクマン (作),シルビー=セリグ (画),花輪 莞爾 (訳)

あるきだした小さな木 フランスのどうわ (世界のカラーどうわ)

税込 1,296 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

自分自身が生きる場所

2006/08/25 21:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校生の時、生物の先生が「人間も植物と同じで、良い種と悪い種がある。生まれる前から決められているのだ」と、教育者としては思い切った発言をなさいました。「だが、植物と違って」と先生は続けました。「人間は、育つ環境を自ら選ぶことができる。自分に相応しい生きる場所を見つけ、持って生まれた種を100パーセント開花させることが、人間の責務だ」と。確かに、植物は育つ場所を選ぶことはできません。とても良い種でも苗でも、水のない場所や光のささない場所では、やがては枯れてしまう。
 でも、本当に植物は動けないのでしょうか?

 「あるきだした小さな木」の主人公の小さな木は、まさに、そんな疑問を持ったのです。本当に木は歩けないのか? みんな絶対に無理だと言うけれど、それは今まで本気で試した木がなかったからではないのか。
 小さな木は、自分がその最初の木になろうとします。
 小さな木は、最初にはえていた場所に不満があるわけではありませんでした。両親がいて、友達がいる、安全な深い森です。ただ未知なる場所への憧れや、何より人間というものに対する興味で、木は歩き出すのです。小さな町、野原、大金持ちの紳士の庭。なかなか安住の地は見つかりませんでした。
 小さな木が求めているものは、自分の居場所と、自由。
 表紙で、小さな木が町の広場に立っています。沢山の人に囲まれて楽しそうですが、やはりそこは、木の場所ではありませんでした。物語の最後、小さな木がたどり着いたのは?
 チャレンジすること、そして自分が自分らしく生きられる場所の大切さを、そっと教えてくれる、ちょっとお洒落な絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

植物になくて人間にあるもの

2016/04/03 06:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

花輪莞爾紹介の作品とは意外な気がする。小さな木がよちよち歩く姿はほほえましい。人間にとって大切なことは、自分の居場所を求めることなのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/09/22 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/13 08:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/29 12:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/29 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/24 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/04 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/21 02:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典・童話 ランキング

古典・童話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。