サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1974
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:22cm/92p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-8340-0242-3

紙の本

あたまをつかった小さなおばあさん

著者 ホープ・ニューウェル (作),松岡 享子 (訳),山脇 百合子 (画)

エプロンが短かかったら上を切って下にぬいつける、といった具合に頭を使って、毎日を愉快におくるおばあさんの、心温まるおかしなお話。どんな子どもも笑い出す傑作です。【本の内容...

もっと見る

あたまをつかった小さなおばあさん

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

福音館の特選ロングセラー童話 13巻セット

  • 税込価格:18,480168pt
  • 発送可能日:購入できません

福音館の特選ロングセラー童話 13巻セット

  • 税込価格:18,480168pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

エプロンが短かかったら上を切って下にぬいつける、といった具合に頭を使って、毎日を愉快におくるおばあさんの、心温まるおかしなお話。どんな子どもも笑い出す傑作です。【本の内容】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

小さなおばあさん!思わず微笑んで読んだよ!

2010/10/23 13:28

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:春風金太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前書きに「頭も使うことにかけてはたいしたもんだ。使わないなら頭なんか持っていたって何の役に立つ?上手に使って万事うまくいきました」とありました。
 第1話の「羽布団」・・おばあさんは羽布団を買うよりは「ガチョウを買うことが安い」と「頭を使った」のですが,ここでは,「飼うこと」は頭に無かったのです。それでも,ガチョウと仲良く暮らして,念願の羽布団を作ることが出来たのは,頭を使う「おまじない」があったからです。
「8匹のいたずらねずみ」と仲良く暮らせたのも「おまじない」のおかげです。ねずみ取りで捕まったネズミがおばあさんに見せる動作は,じっと飼い主を見つめる,我が家の愛犬黒ラブと同じ仕草でした。これでは情が移りますね。8匹全部はメデタシメデタシでした。
 おばあさんの発想の奇抜さと,おまじないの後のやや緩い対応に思わず微笑んで読みました。笑いにはならない久しぶりの微笑ましさです。
 終わりに,おばあさんは「楽しいことを考えよう。そうすれば頭が休まる。・・私達みんながどんなに満ち足り幸せかを考えよう。それはきっとずいぶん楽しいことだろうよ。みんな私が頭をつかったからこそできことさね」といいます。
 原作はアメリカ人女子で75年前で,和訳は40年前です。挿絵もその時代背景を表すようなおばあさんの顔,そして柔らかい温かい色遣いです。良い時代背景が分かります。
 今の世の中に左右されることなく,微笑みに包まれるような,おばあさんのように生きて行きたいです。 
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生で、何度も出会う本。

2021/07/26 18:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

多分小学生の頃に読んだのが、最初の出会い。
子どもに読むようになって。
子どもが読むようになる。

個人的には、木戸にガチョウ用の出口と入り口を作る話と、眼鏡の話が好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

山脇百合子さんが絵を担当

2023/03/29 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

この絵本、どこかで見たことのあるような・・・。それもそのはず、絵は山脇百合子さん。
小さな黄色い家に住むおばあさんが主人公。
毛布をたった1枚しか持っていなかったので、がちょうを12羽買って、大きく育てて羽布団を作ろうと考えます。が、羽をむしるなんて、がちょうがだんだんかわいそうになってきます。そこでおばあさんは、いいことを考えつきます。知恵を絞るおばあさんがかわいい短編集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろいようです。

2020/05/30 05:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るる - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋さんで、迷っている娘に買いました。はじめは乗り気でないようでしたが、面白かったようです。

気に入った本を繰り返し読む子ですが、この本は時々出してきて読んでいます。3冊シリーズなので、この続きも読むかな、と期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/07 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/30 09:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/30 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/10 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/17 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/21 08:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/07 08:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/04 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/12 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/13 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/30 05:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。