サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. それでも人生にイエスと言う

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

それでも人生にイエスと言う
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 100件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1993.12
  • 出版社: 春秋社
  • サイズ:20cm/218p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-393-36360-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

それでも人生にイエスと言う

著者 V・E・フランクル (著),山田 邦男 (訳),松田 美佳 (訳)

無意味感・空虚感をこえて、病気・障害・苦境をこえて、アウシュヴィッツをこえて、「夜と霧」をこえてのメッセージ。ナチスの強制収容所から解放された翌年、ウィーンの市民大学で、...

もっと見る

それでも人生にイエスと言う

1,836(税込)

それでも人生にイエスと言う

1,404 (税込)

それでも人生にイエスと言う

ポイント :13pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

無意味感・空虚感をこえて、病気・障害・苦境をこえて、アウシュヴィッツをこえて、「夜と霧」をこえてのメッセージ。ナチスの強制収容所から解放された翌年、ウィーンの市民大学で、その体験と思索を語った講演集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

V・E・フランクル

略歴
〈V・E・フランクル〉1905年生まれ。オーストリアの精神分析学者。独自の実存分析を主唱。現在、ウィーン大学神経科精神科教授。著書「夜と霧」他「愛と死」「時代精神の病理学」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

1997年9月2日は...

ジュンク堂

1997年9月2日は『夜と霧』の著者、ヴィクトール・フランクルの命日です。

『夜と霧』に記されたナチス収容所での過酷な経験を経た著者の、
収容所からの解放翌年 1946年に行われた講演録です。
人間はなぜ生きるのか、生きる価値はあるのか。
幾多もの残虐な光景を目にして、また自らもその渦中に投げ込まれた
フランクルがなお、このように人生を肯定する――

「人間はあらゆることにもかかわらず-困窮と死にもかかわらず、
身体的心理的な病気の苦悩にもかかわらず、また強制収容所の
運命の下にあったとしても-人生にイエスということができるのです。」

光のような言葉です。

【折々のHON 2010年9月2日の1冊】

みんなのレビュー100件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

ナチスの強制収容所から生還し『夜と霧』を著した精神医学者による講演集。「私は人生にまだなにを期待できるか」ではなく、「人生は私になにを期待しているか」を問えという指南。

2001/06/24 12:45

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「なぜ人を殺してはいけないのですか」と問う子どもがいたとき、「バカヤロウ! 当たり前じゃないか、自分の胸に手を当てて訊いてみな!」と返せる大人はいなかったのだろうか。

 本を読んだとき、絵を見たとき、音楽を聞いたとき、「わかる」のではなくて「感じる」のが大切だというのと同じように、「わかる」ように説明するのではなくて「感じる」ように訴えることが必要なことがある、きっと。そう思っていた。

 しかし、それでも尚、自分の受けた教育の範囲では、「感じる」というあやふやな状態を見下して、「わかる」という理性を尊重する傾向が強くて、そう明言することに一種の恥かしさがつきまとう。

 「超意味」ということばを著者のフランクル博士は使っていたらしい。それは信仰の域に入ってしまう概念である。科学的・論理的なものではなく実存的に確信されるものとして、世界には意味があるのかないのかという議論を否定し、「世界は意味を超えている」という立場に博士は立った。それが大きく私を揺さぶる。

 以下は、巻末に附された訳者・山田邦男氏の解説による。
 フロイトは人間の無意識のなかにリビドーという衝動的なものを認めたが、フランクル博士は衝動的なもののほかに精神的な無意識を見た。それが自我、実存に結びついていく。
 その精神的無意識の典型的な例として博士が挙げたのが「芸術的創造(パトス)」「愛(エロス)」「良心(エートス)」である。
 「良心」とは、「具体的な人格が彼の具体的な状況においてもっている、そのつど1回きりの可能性」であり、人間を超えたもの、人間の外から聞こえてくる声。それは、無意識のうちにすでに志向されている神だということだ。

 ある強制収容所の所長が、自腹を切って近くの薬局で薬を買って囚人のためにそれを調達していた。一方、囚人のなかには仲間を売って自分の待遇の改善を図ったものもいる。その人がどんな人間であるかが試された極限状態を体験した人が、自由になった翌年に行った3回の連続講演を収めているのが本書である。

 終戦直後の精神的な混乱のなかで生きていくことの無意味さを語るニヒリズムが横行するなか、外見的な成功ではなく、内面的な成功を収めるため、自分たちはどのように内面の改革を推し進め、それを発達させていくべきなのかを説いた博士の闘いぶりが伺える。
 実に密度の濃い話で、浮わついた人びとの心を上手にすくい上げて煽動していくような昨今の人生論まがいの本や、政治家たちの発言とはダンチの内容だと思った。

 雨が降る日に「おてんとさまに訊いてみな」もないものだと反抗した幼い日々があったけれど、そういうことばを自信をもって子どもに吐きつけていた人が多くいた時代、叡智が人びとの日常生活にしみわたっていた時代の空気をなつかしく思う。
 そういうことを言うと刃物で切りつけてくるような人々を育ててしまったのは、やはり普通の人の顔をした私たちなのだろう。
 せめて自分の子は「おてんとさまに〜」と叱りつけていたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生きるということは決断することだと僕に教えてくれた良書。

2012/02/26 16:25

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶにゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1905年にウィーンで生まれた精神科医ヴィクトール・フランクルは、第二次大戦の際、ナチスによって強制収容所に入れられ、ほかの多くの人たちと同様、死と隣り合わせの状態で生き抜いた。解放後、彼はその体験を一冊の本に綴り(『夜と霧』)、熾烈な極限状態の中にあって人がなお生きつづけるとはどういうことなのか、人は何故生きることができるのか、死ぬことと生きることへの問いかけを世界中の人々に発信した。そして、精神療法医として、あるいは思想家として、独自のロゴセラピー(実存分析)を展開し、1997年に92歳の天寿を全うして逝去した。

 この書物は、解放の翌年1946年にウィーンで行われた講演の記録である。一頁一頁、一行一行、一言一言に、けっして人生に絶望してはならないというフランクルの熱い思いが込められていて、僕は深い感動を覚えた。

 人生に意味があるかと問うのは間違っている。人生のほうが私たちに意味を問いかけているのだ。私たちはその問いに答えなければならない。生きていくということは、問いに答えることにほかならないとフランクルは語る。過去でもなく、未来でもなく、今この現在この瞬間に、ほかのどこでもないこの場所で、ほかの誰でもない自分自身が、責任を持ち、決断をして、人生からの問いに答えること。「私は人生にまだ何かを期待できるのか」と問うのではなく、「人生は私に何を期待しているのか」と問うこと。そして、人生に意味があるのなら、苦悩にも意味があると、フランクルは穏やかにかつ力強く主張する。人間の苦悩は比較できない。無意味な苦悩と意味のある苦悩との違いは、まったくその人次第で決まるものだと言う。「苦悩が意味をもつかどうかは、その人にかかっているのです。その人だけにかかっているのです。」

 この本の題名『それでも人生にイエスと言う』は、ブーヘンヴァルト強制収容所の囚人たちが作り、その収容所で唄われた歌からとられている。そこはナチスが作った数多の収容所の中でも、残虐で悲惨なところだったらしい。「フランクル著作集第一巻」(みすず書房)には各地の収容所内の思わず目を覆ってしまいたくなるような写真が数頁にわたって収録されているが、唄を歌うという行為がはたして存在できるのかと思わざるを得ないくらい、ひどい光景である。
虐げられ、裏切られ、家畜以下の扱いをされ、呼吸をすることすら辛いなかで、彼らは、解放される日まで歌いつづけた。
<それでも私たちは人生にイエスと言おう。
  なぜなら、その日はいつか来るから。
  そして私たちは、
  自由になる。>

 たとえどんなに悲惨な状況に陥ろうとも、よしんば死がすぐそこに迫ってこようとも、人間は人生にイエスと言うことができる。
 この本を読めば、この本と『夜と霧』を読めば、それが少しも不思議なことではないということがわかってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/22 06:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/14 08:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/08 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/21 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/17 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/23 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/09 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/19 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/12 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/06 06:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/17 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/04 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/30 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る