サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

犯人のいない殺人の夜(光文社文庫)
犯人のいない殺人の夜(光文社文庫) 犯人のいない殺人の夜(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 137件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.1
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/336p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-71826-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)

596(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

小さな故意の物語 5-56
闇の中の二人 57-110
踊り子 111-144

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮店

 今や名実共にNo....

ジュンク堂書店三宮店さん

 今や名実共にNo.1ミステリー作家である東野圭吾さんの短編集。
本書には加賀恭一郎や湯川学のような絶対的なヒーローは登場しない。
しかし、本書に収められている7編はどれを取っても東野ワールドと言える本格ミステリー。
50ページ前後の物語はいずれも驚きの真相や結末を迎えており、各物語は一気に読めてしまう。
 私個人のお勧め作品は「踊り子」。華麗なトリックなどがあるわけでは無いが、真相を知った時のやるせなさは本書の中でも一番。
 善意や好意が全て相手の為になるとは限らないということを思わず考えてしまう。

文庫・新書担当 山中 信哉

みんなのレビュー137件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

ぞくっとします。

2016/01/23 19:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

オムニバスで書かれているので、読みやすいです。映像化されているので、観てから読んでも、読んでから見ても楽しいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

山椒は小粒でピリッと辛い

2004/07/10 16:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東野圭吾「犯人のいない殺人の夜」。(1)小さな故意の物語(2)闇の中の二人(3)踊り子(4)エンドレス・ナイト(5)白い凶器(6)さよならコーチ(7)犯人のいない殺人の夜、以上7篇が収録されています。この短編集は表題になっている「犯人のいない殺人の夜」に言い尽くせそうな、それをテーマに括った短編集とも言えそうです。事件が起きれば必ずいる加害者ですが、そう簡単に犯人にはならないぞと意識的にまた無意識に、一ひねりも二ひねりも加えた「山椒は小粒でピリリと辛い」、そんな作品が収められています。ブラックじゃ苦いし、ミルクを入れてドロッとさせるのも嫌だし、じゃあアメリカンでと飲んでみたら、あっさりしているもののコクがあって意外と美味しいじゃない…そんな感じでしょうか。こう言うのも大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初期の東野短編に対する認識を改めさせられた短編集。

2011/08/18 14:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾は得意ではない。

そんなこと、自分が一番良く分かっているのに
また手に取ってしまった。

しかもデビュー後すぐの初期作品。
しかも特に、「あまりお上手ではない」と思っている短編集。

軽い暇つぶしに読むにはちょうどいいか、と
手を伸ばしてみたのだけれど…。

いい意味で裏切られました。
でもって、初期の東野作品に対する認識も改めました。


もちろん、相変わらずどの作品もさくさく読めて
すぐに内容を忘れてしまう自信があるものばかりなのだけれど、
一話一話の後味があまりよろしくなく、
その「よろしくなさ」がとても好みだった。

他にも想定外(東野圭吾を舐めていたので)の叙述トリックに
思わずやられたっ!!!!と思ったのもあった。

タイトルに隠された遊び心もいい。



好きだわ、この作品。
(すぐに内容を忘れちゃうのは否めないけれど)




『犯人のいない殺人の夜』収録作品
・小さな故意の物語←オーソドックス。わかりやすい。
・闇の中の二人←うーん、やるせないかも。
・踊り子←悲しい。
・エンドレス・ナイト←好き。
・白い凶器←狂気。
・さよならコーチ←ある意味オーソドックス。
・犯人のいない殺人の夜←すぐに読み返しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悲しいです

2008/05/18 22:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾の特徴の一つと言える“人間関係が生む悲しい結末”ストーリー。
面白いのだけれど、決して明るくはありません。
「犯人のいない殺人の夜」では、どんでん返しが楽しめます。
ミステリーらしいミステリーな短編集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/04 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/15 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/05 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/10 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/07 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/09 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/08 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/17 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/15 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/20 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/07 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る