サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 占星師アフサンの遠見鏡

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

占星師アフサンの遠見鏡(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.3
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/392p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011053-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

占星師アフサンの遠見鏡 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 ロバート・J・ソウヤー (著),内田 昌之 (訳)

占星師アフサンの遠見鏡 (ハヤカワ文庫 SF)

778(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

世界のかたちを解き明かす

2002/02/06 06:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 世襲制の国王のもとで中世ヨーロッパ風の社会を築いた恐竜型の種属、キンタグリオ族。アフサン少年はあこがれの宮廷星占師の弟子になったものの、天空に見られる現象に対する宗教色の濃い非科学的な解釈に、なにか割り切れぬものを感じていた。やがてアフサンは、通過儀礼である巡礼の旅に出発する。そして、最新の発明品である遠見鏡を使って天体の星や月を観測し、「正しい世界のかたち」を解き明かして行く。しかし彼は、同時に彼らの世界に迫る、大きな破滅の予兆をも発見したのだった……。

 SFではけっこうよくある、宗教の蒙昧を打破し、科学の勝利を描く、別世界のガリレオ・ガリレイものとでも云うべき作品です。お馴染みのテーマではありますが、彼らの住む惑星/恒星系や、肉食であるキンタグリオ族の異様な習性や、それに基づく慣習や社会システムなど、世界の作り込みがとてもよくできていて、一気に読ませる面白さです。

 現実の革新者たちの苦難などを考えるに、主人公が頭良すぎ、人々もの分かり良すぎ、ご都合主義過剰という気もしないではないですが、それも、余計なものがないジュブナイル的な簡潔さで、かえってストレートで潔かったりします。このテーマのSFのスタンダードと云って良いのではないでしょうか。

 この作品は、3部作の第1部なのです。続きの翻訳が出ませんね。どうしたのでしょうと首をひねりつつ、〈科学の勝利〉SFの決定版としてオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

恐竜族の少年が世界に挑む

2006/03/23 20:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シノスケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中世ヨーロッパを彷彿とさせる社会を築きあげた恐竜型の種族キンタグリオ。まだ歳若いキンタグリオのアフサンは、偉大な占星術師に仕えていたが、神を絶対的なものとして考え、伝統に縛られた環境に閉口していた。だが、あらたな観察や科学的な思考を取り入れるべきだという思いは日々つのるばかり。そんなある日、遠くの物が近くに見える発明品“遠見鏡”の存在を知る。一人前のキンタグリオとなるために神の顔を見る巡礼へと赴くアフサンだが、遠見鏡を使って自分の住んでいる大地と世界の秘密を知ることに……
典型的といえば典型的な、支配層の宗教を科学と観察によって打破し、現実を正しく認識しようと奮闘するSF。しかし、キンタグリオの世界と社会を丁寧に描写し、アフサンの心情を読者に追いかけさせるリーダビリティはいつものソウヤー。読みやすいSFを書くのはやっぱりうまい。適度なユーモアとスペクタクルが折り重なり、ストレートなジュブナイルとして読めるので宗教VS科学の平行線な議論に陥らずスカッとした読後感を与えてくれるのも良い。
残念なのは3部作の1巻しか邦訳されていないこと。あらたな苦境に立たされたキンタグリオ世界の行く末も気になるところなので、ぜひとも続きを。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/24 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/11 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/26 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む