サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いじわるブッチー
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1994.5
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:29cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-19-860103-8
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

いじわるブッチー

著者 バーバラ・ボットナー (ぶん),ペギー・ラスマン (え),ひがし はるみ (やく)

ブッチーはいじわるだから、いっしょに遊びたくないの。でも、ママは「いろんな人と友達にならなきゃだめよ」っていうの。そこで、あたしは、新しい作戦をたてたの。イジメっ子とイジ...

もっと見る

いじわるブッチー

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ブッチーはいじわるだから、いっしょに遊びたくないの。でも、ママは「いろんな人と友達にならなきゃだめよ」っていうの。そこで、あたしは、新しい作戦をたてたの。イジメっ子とイジメられっ子どちらも負けてはいられない。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.5

評価内訳

がんばれ「あたし」!

2000/11/14 13:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大人はずぐ、子どもたちに、
「いろいろな人とお友だちにならなきゃだめよ。」と言います。
でも、大人でも どうしても好きになれない人がいる様に子どもだって同じ。
「あたし」は、ブッチーのことが大嫌い。でも、お母さん同士はとても仲良し。
だから、お母さんと一緒に ブッチーまでくっついて遊びにきます。

 ブッチーは超わがまま、そして意地悪で乱暴者。
親同士が仲がいいので、子どもも…とつい思ってしまいます。
子どもと親は別の人格、そこを分かってあげないといけないのですね。
ブッチーサウルスは、「あたし」をさんざん苛め
 # 髪をひっぱったり、手を引っ張ったりしているよー。怖いなぁ。
でも、お母さんの前では、よい子。嫌な子です。

 今夜は、ブッチーが泊まりに来ます。「あたし」にとっては最悪の日。
救急車で運ばれるのではないか…「あたし」の頭の中を悪夢が過ぎります。
でも、いつまでも、苛められてばかりではつまらない。
「あたし」は、ある作戦を考えます。恐竜の敵は、やっぱりこれですね(^^)

 苛めっ子と苛められっ子がどうすれば仲良くなるか…それは難しい問題だと思います。
仲良くなる前に、苛められなくなる方が先決でしょう。
ベッキーを撃退した「あたし」、少し成長したように思えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

意地悪だけど、憎めないブッチー

2002/03/22 21:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぐりぐら - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ブッチーはとっても意地悪な女の子。ピンクのリボンつきの黒い帽子、ピンクと白の縦じまフリフリのワンピース、極めつけはピンクのウェスタンブーツ。もうこの装いだけで、なんだかいじめっ子の雰囲気をかもし出していますよね。ママ同士が仲良しなおかげで、トカゲをペットにしている“あたし”は、ブッチーの相手をしなくてはならない、それが苦痛のタネ。身近なところでも,よく聞く話ですよね。
 いじめられっ子がどうやって、逆襲するのか…。ママにも相談するけど、親は口出しをせず、自分で解決方法を見つけます。とってもユニークなやり方で。

 親が見ていないところで、ブッチーはいつも“いーっ”と威嚇する。その憎たらしい表情をを子供達に真似させると、驚くほどそっくりにできますよ。我が家にも、ブッチーと呼ばれている子供がいるので、偶然手に取った本ですが、その子にさせてみるともう、うりふたつで大笑い。
 ペギー・ラスマンの絵は、いいところをとらえてます。みなさんも、ぜひお試しあれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後まで意地悪

2016/07/07 18:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブッチーはなかなかずる賢いようで、
意地悪なんですが、大人に見られた時の対応も心得ているようです。
こういう意地悪なキャラクターがいる場合、
最後には「ゴメンね」と言って打ち解ける、
みたいな展開が多いのですが、そうはなりません。
ブッチーを追っ払っておしまいという感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/16 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/12 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/21 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/19 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/14 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む