サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 猫との暮らし ポイント5倍キャンペーン(~7/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 新潮社の通販
  6. 新潮文庫の通販
  7. 深夜特急 5 トルコ・ギリシャ・地中海の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

深夜特急 5 トルコ・ギリシャ・地中海(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 145件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.6
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-123509-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

深夜特急 5 トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)

著者 沢木 耕太郎 (著)

深夜特急 5 トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)

529(税込)

深夜特急5―トルコ・ギリシャ・地中海―

475 (税込)

深夜特急5―トルコ・ギリシャ・地中海―

ポイント :4pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー145件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

「飛光飛光 勧爾一杯酒――飛光よ、飛光よ、汝に一杯の酒をすすめん 李賀」

2011/07/03 18:23

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:玉造猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本を読むとは、ときに不思議な体験だ。いまさらわたしが書評を書くなどおこがましい『深夜特急』。でもやはり書きたい。
 著者は二十六歳のとき一年かけて、そのときしかできない旅をし、十年後に『深夜特急』を二巻書き、その六年後に三巻目を書いた。さらに十六年たってその旅とその三巻の本に関する本『深夜特急ノート』を書いた。わたしはどの本も出版後すぐ読んだ。
 最近「初の短編小説集!」と帯に書いた著者の新刊『あなたがいる場所』を読んだあと、思いだして『深夜特急ノート』を本棚から出してきた。当然のなりゆきと言おうか、そのまま引き続き『深夜特急』を初めから終わりまで読むことになった。前は図書館のハードカバーで三冊借りたのだったが、今度は文庫で六冊買って読んだ。
 前は読み過ごしていたところに目がとまった。付箋を貼り、行に線を引き、読み終わってからまたその頁に戻った。
  
 飛光飛光 勧爾一杯酒

 文庫で5「トルコ・ギリシャ・地中海」篇、第十五章「絹と酒」。書簡体で書かれた章の中で、二十六歳の「僕」がギリシャのパトラスという町から船に乗り、イタリアのブリンディジに渡ろうとしている。青い地中海、空も陸さえも青い。「僕」は旅で出会った若者たちのことを思いだし、「彼らがその道の途中で見たいものがあるとすれば、仏塔でもモスクでもなく、恐らくそれは自分自身であるはず」だと思う。そして「取り返しのつかない刻がすぎてしまったのではないかという痛切な思いが胸をかすめ」、「僕を空虚にし不安にさせている喪失感の実態が、初めて見えてきたような気が」する。甲板で酒を飲んでいた「僕」は「泡立つ海に黄金色の液体を注ぎ込んだ」。
 ここで李賀の詩が出てくる。「飛光よ、飛光よ、汝に一杯の酒をすすめん。その時、僕もまた、過ぎ去っていく刻へ一杯の酒をすすめようとしていたのかもしれません」 
 
 五冊目まで読んでくる間、頭から抜け落ちていたが、李賀は実は一冊目、第一章でちゃんと登場していたのだった。Tシャツ三枚靴下三足といった持ち物のなかに本は三冊、西南アジアの歴史の本と星座の概説書と、読める本といえば中国詩人選集の李賀の巻だけ、として出てくる。
 李賀という詩人について、わたしは、昔『深夜特急』を読んだときはもちろん今回再読したときも、名前さえ知らなかった。それで読み落としていたのだ。
 ここへ来て初めて一行だけ李賀の詩に触れ、とりあえずネットで検索してこの詩を全部読んだ。詩集を読むのは改めてのことにしても、李賀がどういう詩人か、だいたいのところを知った。
 その目で読み直すと、『深夜特急ノート』には、持っていく本になぜ李賀を選んだかについての言及があった。 二十七歳で夭折に近い死に方をした、「長安に男児あり 二十にして心すでに朽ちたり」という詩がポール・ニザン「ぼくは二十歳だった。それがひとの一生でいちばん美しい年齢だなどとだれにも言わせまい」と共鳴しあって記憶に残った、と言っている。

 わたしは唸った。著者は最初に李賀の名前だけをさりげなく出しておき、終章近くで詩人の神髄に触れる一行を置く、しかしこれもさりげなく。
 しかも最初と最後が書かれた間には六年もの時間がたっていたのだ。  

 若いとき読んだ『深夜特急』はひたすらおもしろく、わたしはこんな風にしてひとり旅をしたいと思ったものだ、もちろんできはしなかったけれど。今老齢になっても、香港のところを読めば、もしかしたら香港だったら行けるかもしれないと思い、パリのところを読めば、それなりの旅行ならパリだって不可能ではないかも知れない、と性懲りもなく夢想している。
 だがそういうことと別のところで、年を取って再び読んだこの本は、わたしのお腹の深いところに響いた。

 飛光よ、飛光よ、汝に一杯の酒をすすめん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本巻の終わり近くに珠玉の場面がありました

2016/11/19 16:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大阪の北国ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

旅はイランの首都テヘランへ。ローカルバスの旅で観光地化されていない、現地の人々や外国人貧乏旅行者との車中でのやりとりも面白い。
ノアの方舟の聖地アララト山を眺めながら国境を越えトルコへ。アンカラで日本からの使者をつとめたドラマや、イスタンブールで雑踏にまみれながらする町歩きなど読んでいて楽しい。
ただ著者も書いているが、旅に慣れてきたこと、またアジアからヨーロッパに近づくにつれ、いわゆる近代化された地域が日本と変わらなくなっていくことに、旅のはじめ頃の圧倒感がなくなってきている様子も読み取れる。
本巻の最後を飾るギリシア、パトラスでのエピソードには、読者としても心が洗われる思いがした。それは、道ですれ違った現地の青年から見ず知らずの家の誕生会に招待され、おじいさんから孫たちまでの食事会で、著者が退屈そうにしている子供のために始めた日本の紙ヒコーキ遊びに全員が興じ、そのまま言葉も通じない、その家に泊めてもらう場面。全部でたった5ページ分の記述だが、全編の珠玉とも言える箇所である。その最後の6行を引用させて貰う。
『その夜、私たちは何ひとつまともな会話はできなかったが、少しも退屈しなかった。顔を見合わせニコニコしているだけで充分だった。
用意されたベッドで横になった私は、電気を消した部屋の中でなかなか寝つかれなかった。それはベッドのスプリングや枕などのせいではなく、この一夜が旅の神様が与えてくれた最後の贈り物なのかもしれないな、という感傷的な思いがどうしても消えようとしなかったからだ。』
いい話に感動した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深夜特急5

2002/06/22 01:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AKIZAWA - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレしてしまっては、作者とこれからの読者に失礼だと思いますので、慎重に書きます。

深夜特急5では、トルコからギリシャ、地中海に渡る旅について語られています。
トルコで出会った旅行者からは、「禅」とは何か?と聞かれ、「ビーイング・オン・ザ・ロード」という言葉が浮かんできます。
また、作者は旅を顧みるうちに思い至ることがあり、いままで軽視していた「旅は人生に似ている」という言葉を実感することになりました。そして、表れた物事の裏にあるもうひとつの側面の存在を、経験を通してかみしめていくことになります。
作者は、旅が終焉に近づくにつれ、土地や自分以上に旅そのものが変化しているということを感じていました。
最後に、「一歩踏み外せばすべてが崩れてしまう」という危うさを孕む、一年を超えるひとり旅について思いを馳せながら、旅路は完結編へとつづきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/14 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/01 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/08 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/19 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/08 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/29 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/28 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/05 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/25 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/27 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/23 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る