サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:1994/07/01
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:22cm/125p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-03-528210-3

紙の本

黒ねこサンゴロウ 1 旅のはじまり

著者 竹下 文子 (作),鈴木 まもる (絵)

【路傍の石幼少年文学賞(第17回)】【赤い鳥さし絵賞(第9回)】ひとり旅の好きな男の子、ケンはなぞの宝をさがすサンゴロウという名の黒い猫に出会った。サンゴロウといっしょに...

もっと見る

黒ねこサンゴロウ 1 旅のはじまり

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

黒ねこサンゴロウの冒険 10巻セット

  • 税込価格:11,000100pt
  • 発送可能日:購入できません

黒ねこサンゴロウの冒険 10巻セット

  • 税込価格:11,000100pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【路傍の石幼少年文学賞(第17回)】【赤い鳥さし絵賞(第9回)】ひとり旅の好きな男の子、ケンはなぞの宝をさがすサンゴロウという名の黒い猫に出会った。サンゴロウといっしょに、失われたうみねこ族の宝を見つけることになったケン。宝はほんとうにあるのだろうか。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹下 文子

略歴
〈竹下文子〉1957年福岡県生まれ。東京学芸大学卒業。著書に「星とトランペット」「わたしおてつだいねこ」「みけねこレストラン」「ラッキーのひ・み・つ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

絶妙に偶然に重なり合う、少年の最初の冒険と黒ねこサンゴロウの長い旅のはじまり

2010/02/20 15:17

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒ねこサンゴロウシリーズは、計10冊。

全体的な流れを見ると前編5冊、後編5冊といった位置づけで、
前編5冊は「黒ねこサンゴロウ」、
後編5冊は「黒ねこサンゴロウ旅のつづき」というシリーズ名である。

後編5冊は、前編の第1巻でサンゴロウとケンが会ってから5年後という設定になっており、
前編の第1巻ではじまった旅を真の意味で完結させるのは後編の第5巻という関係である。

第1巻、第2巻が、1994年7月、第3巻、第4巻が、1994年10月、
第5巻が1994年12月といったように、ほぼ間隔を置かずに出されている。

旅のつづきは、第1巻、第2巻が1996年3月、
第3巻、第4巻、第5巻が、1996年4月と、
これも間髪置かずに出されている。

構想は前からあったのかもしれないが、
書かれるとき、出されるときは勢いよく飛び出してきたのだなと感じた。

本シリーズは、平均して140ページ前後で、字も大きめで、
小学校の中学年以降のレベルの漢字にはふりがながふられている。

集中力のある子なら、夢中になってしまえばすぐに10冊読み通せそうである。

難易度で言えば、モモやはてしない物語やダヤンシリーズよりも読みやすいだろう。

登場人物たちが住む世界の地図も複雑ではない。

言葉自体は読みやすく、すっと入ってくるのだが、
ただ冒険が楽しかっただけでは終わらない深みを持ったシリーズで、
大人の読書にも耐えうるだろう。

児童書や絵本を大人になってから読むことにまったく抵抗がない人なら、
ぜひ大人になってからでも良いので出会ってみてほしいシリーズである。

子どものころに読んだ人にはぜひ再読してほしいというタイプの作品群である。

本書の登場人物欄に書かれているのは、たったふたりである。

ひとり旅の好きな男の子・ケンとなぞの宝をさがす黒ねこ・サンゴロウ。

春休み、ケンは、あたらしい大きなホテルをつくる仕事で、
海べの町に<長期出張中>のおとうさんに会いに行く旅に出る。

おかあさんは、ケンのひとり旅をかなり心配しているが、
ケンは、ひとり旅は、はじめてじゃなく、
「ひとり旅の名人」といわれるぐらいだと自負している。

「はじめて、ひとり旅をしたのは、よちよちあるきの一さいのとき」だと
エピソードがゴロゴロ出てくるのだ。

ただ、特急がはじめてで、三時間ものる、長い旅もはじめてだから、
すこしは緊張している。

「ケンくん、切符はあるわよね。
何号車の、何番なの。ぜったいに、切符をなくさないでよ。」

ここはおそらく子どものときに読んでいたらさっと読み飛ばすところだろう。

が、母親と息子ってこんな感じだよねぇと妙に微笑ましく感じる。

大人の読書って、いちいち一つの情景に
いくつもの現実の記憶や想像の記憶が重なってしまったりする。

そんな自分にちょっと苦笑。

ケンが乗る特急は、マリン3号。

5号車、禁煙席の12A。

ケンが乗ってすぐには、隣の12Bには誰も来なかった。

駅を、いくつかとおりすぎて、そのつぎの駅で、特急はとまった。

そして・・・。

  「しつれい、ここ、あいてるかい。」
   頭の上で、すこししゃがれた声がした。
  「はい、あいています。」
   返事をしながら、ぼくは、ふりむいた。
  そして、おどろいた。
  だって、座席の横にたっていたのは、ねこだったんだから。
   いっぴき、っていうのかな。ひとり、っていうのかな。
  とにかく、ねこだった。すらっとやせた黒いねこだ。
  口のまわりに、長いひげがぴんぴんとはえていて、
  ぼうしから耳の先がでていた。

ケンとサンゴロウはこうして出会った。

ケンは、サンゴロウがねこで驚くが、サンゴロウをあっさりと受け入れ、
このあと普通に会話が成立していくのである。

「あいてはねこだけど、ちゃんとしたおとなのねこだから、
ぼくも、いちおうていねいにこたえたんだ」
という具合に、サンゴロウを大人としてみなし、話をしていくのだ。

サンゴロウと会話をしながら、サンゴロウの年齢を類推しようと試みたりもしている。

  「だいぶむかし」なんていうんだから、
  このねこは、だいぶ年をとっているのかもしれない。
  でも、元気そうだから、若いのかもしれない。
  ぼくは、ねことつきあったことがないから、よくわからない。

不思議なことが起こっても、普通に受け入れていくセンスの持ち主。

そういうところに、不思議なことは起こるのだと思う。

カタオカ・ケンとフルヤ・サンゴロウは、
名付けた人が時代劇が好きだったという意外な共通点で
意気投合(?)し、それぞれの旅の理由を語り出す。

彼らは、語り合い、べんとうの中身を交換したりして、「旅の道連れ」となっていくのだ。

ケンは「ひとり旅」のことを告げると、サンゴロウは、自分の旅を「宝さがし」と語る。

そして、宝地図が自分の手元にある理由を語り出すのだ。

「いっしょに、くるかい。つれてってやってもいいぜ。」

ケンは、うみねこ族の宝をさがす旅の道連れとなったのだった。

ケンにとっては、親の計画とは違った、
自分とサンゴロウの立てた「作戦」で、
自分の判断で、サンゴロウについていくことを決めた、
自立の旅への一歩と見ることもできるだろう。

途中、ケンにとっては険しい道のりがあり、
そこはサンゴロウひとりなら簡単に進めるようなところだったかもしれない。

それを一緒に歩いていったことにも意味があったのだ。

これは、親子の関係とは違う、兄貴分と少年の大切な旅だったのだ。

少年にはそういった同性の大人のモデルが親以外に必要で、
その役割をサンゴロウは果たしたのだ。

そして、サンゴロウにとってもケンがついてきたことは大きな意味を持つ。

サンゴロウがケンを導いて引っ張るだけではなく、
ケンがサンゴロウに与えたものを大いにあったのだ。

この宝さがしを通して、ケンが成長した証でもある。

ケンの果たした役割は、この宝さがしに留まらず、
あとあと影響を与えることもあった。

彼らの別れ際は、お互いの果たした役割の重要さに比して、
あっさりしている。

このあっさりさが、全シリーズを通して、
黒ねこサンゴロウのキャラクターを貫いている。

「サンゴロウの個性」と
「様々な人生・猫生を抱えている相手の登場人物たちの個性」が
互いに良い具合に引き立たせあうのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつか海へ。

2002/06/10 21:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本箱屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学生の「カタオカ・ケン」が、そのねこに会ったのは、
父親の出張先「ハナミサキ」へ行く途中の特急の中だった。
たってあるく黒いねこ「サンゴロウ」は古い地図を示して、
宝さがしに行くのだという。

「旅の始まり」は人間の少年「カタオカ・ケン」の
一人称で語られる。「ケン」が「サンゴロウ」と出会い
宝探しに同行する、ふたり旅の話だ。
特急の中で検札がくると
「サンゴロウ」は「ケン」とはちがう、
うすむらさきの切符を車掌に見せ、
車掌はその切符にハサミを入れる。
そんな不思議があたりまえのように起きて、
旅はもう始まっていることを告げられる…。

旅には人を変える力がある。
ただついて行くだけだった「ケン」は
見つけた宝を開けるのをためらう「サンゴロウ」に叫ぶ。
「だめだったらまたさがせばいい」。あけられないなんて
いくじなしだ、なかみがけむりだって、
あけないよりはずっといい。

「ケン」にとって「サンゴロウ」との出会いは宝だったが
「サンゴロウ」にとってもそれは同じだ。
旅の終わりに「サンゴロウ」はいう。
おまえを連れてきてよかった、と。

最後にもらった宝のわけまえは旅のはじまりと同じ名だ。
宝がいつかできあがった未来に、「ケン」のつけた名前で
「それ」は海へいく。
太陽のエネルギーと風の力をあつめて
どこまでも走っていくのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドキドキした気持ち

2002/04/27 18:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:郁江 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ケンと黒ねこのサンゴロウは宝を探して旅にでます。てがかりはボロボロになった古い地図だけ、宝を無事に見付けることができるのでしょうか?
 このシリーズは1〜5まであり、この物語は旅の始まりです。宝探しって、憧れですよね。宝云々より、その過程にドラマがあります。小さい頃 友達とビー玉を土に埋めて 宝探しゲームなんて やりませんでしたか? あのドキドキした気持ちが本を読んでいると 懐かしく思い出します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/29 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/16 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/11 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/11 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/25 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/17 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/14 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/05 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/03 11:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/30 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/08 13:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/23 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。