サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~12/7

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:1994/07/01
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:22cm/141p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-03-528220-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

黒ねこサンゴロウ 2 キララの海へ

著者 竹下 文子 (作),鈴木 まもる (絵)

【路傍の石幼少年文学賞(第17回)】【赤い鳥さし絵賞(第9回)】おれの名前はサンゴロウ。うみねこ族だけの住む島〈うみねこ島〉の船乗りだ。うみねこ島に、おそろしい病がはやり...

もっと見る

黒ねこサンゴロウ 2 キララの海へ

税込 1,320 12pt

キララの海へ

税込 1,188 10pt

キララの海へ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 46.8MB
Android EPUB 46.8MB
Win EPUB 46.8MB
Mac EPUB 46.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

黒ねこサンゴロウの冒険 10巻セット

  • 税込価格:11,000100pt
  • 発送可能日:購入できません

黒ねこサンゴロウの冒険 10巻セット

  • 税込価格:11,000100pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【路傍の石幼少年文学賞(第17回)】【赤い鳥さし絵賞(第9回)】おれの名前はサンゴロウ。うみねこ族だけの住む島〈うみねこ島〉の船乗りだ。うみねこ島に、おそろしい病がはやり、おれは命より大切な船〈マリン号〉に乗って、薬の原料のガラス貝をキララの海へ取りに行くことになった。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹下 文子

略歴
〈竹下文子〉1957年福岡県生まれ。東京学芸大学卒業。おもな作品に、「星とトランペット」「わたしおてつだいねこ」「みけねこレストラン」などがある。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

<声の波>と<貝の耳>

2010/02/20 18:08

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の登場人物は、
うみねこ島の船乗り・サンゴロウ、
ウミガメ号の見習い水夫・イカマル、
うみねこ島の医者・ナギヒコ、
サンゴロウを助ける少女・ミリ。

『旅のはじまり』で、
うみねこ族の宝をさがしていたサンゴロウは、その頃の記憶を失って、
うみねこ島の船乗りとして、マリン号の船長として生きている。

サンゴを運んで、サンゴ屋に売って、身銭を稼いでいる。

サンゴロウは、3年前に、この島にながれついだのだという。

『旅のはじまり』から読んでいる読者は、
サンゴロウが覚えていない過去を少しだけ知っており、
また、『旅のはじまり』から
この『キララ海へ』の間に何があったのか想像はできる。

そして、この『キララの海へ』で起こる出来事の意味も、
続けて読んだ読者はサンゴロウ以上に理解できることになる。

だが、サンゴロウの過去は、それだけではなさそうだ。

これがシリーズ全体をを貫く謎になる。

サンゴロウのマリン号は、せいぜい3人しか乗れない小さな船で、
サンゴロウは助手をやとうことはめったになく、たいていひとりで出かける。
「足にぴったりあう長ぐつみたいに、おれにぴったりあっている」のだ。

うみねこ島で暮らすうみねこ族たちは、サンゴロウの過去を知らない。

どこか謎の多いねこだと思っている。

サンゴロウは、友人で、医者のナギヒコから、
キララの海に行かないかと持ちかけられる。

キララの海は、ごつごつした岩だらけの小島が多く、
島のあいだには、つよくうずをまく流れがあり、
うっかりすると、うずにまきこまれ、
船ごと岩にたたきつけられる場所ということで、
船乗りたちは誰も近寄らない。

そんな場所に、なぜナギヒコは、行ってくれと頼むのか。

南の浜にネムリ病が出たが、薬は今50人分しかない。

その薬はガラス貝から作るのだが、それが取れるのがキララの海なのだ。

薬が50人分しかないことは、公表したくないというナギヒコ。

信用問題にかかわり院長をクビになってしまうから。

なんとも「人間的」である。

ナギヒコは、うみねこ島の社会で生きるねこなのだ。

一方のサンゴロウは、無頼に生きている。

ひとり旅をしていると、
どうしても、ひとりごとをいうことが多くなると思いながら、
船や海に関することをひとりつぶやいている。

もちろん、船にも話しかける。

これが名言だらけである。

  船に心がある、なんていうと、おかしいとおもうかな。

  でも、うみねこ船には、たしかに、心みたいなものがある。

  船乗りといっしょになって、よろこんだり、はしゃいだり、
  すねたり、ふきげんになったりするんだ。

サンゴロウは、ナギヒコの願いを聞くことになる。

  キララの海へいくのは、ナギヒコにたのまれたからじゃない。

  ネムリ病にかかった子どものためでもない。

  船にのる仕事なら、まあ、なんだっていいんだ。

サンゴロウには、海や空の声が聞こえる。

  海の声っていうのは、そう、なんて説明したらいいかな。

  波の音、風の音、それだけじゃない、もっとふかいもの。

  海のふかいふかい底から、
  おれたちにむかって、よびかけてくるものだ。

  それは、物語だったり、歌だったり、
  なにかのことばのくりかえしだったりする。

  長く、はっきりしていることもあるし、
  とぎれたり、ごちゃごちゃになったり、
  とちゅうでふいと消えてしまったりすることもある。

  きくたびに、海の声はちがう。

  やさしいときもあるし、おこっているときもある。

  もちろん、おれにも、意味はぜんぶはわからない。

  というより、まあ、ほとんどわからないな。

  でも、おれは、それをきくのがすきなんだ。

サンゴロウに聞こえているのは、海を通して聞こえる命の音なのかもしれない。

サンゴロウは、ひとりの孤独と幸せを味わい尽くす存在なのである。

ひとりでキララの海に挑んだサンゴロウがそこで見たものとは?

そして、緊急通信の<声の波>を受け取った<貝の耳>をもつ存在。

<声の波>は、なにも道具をつかわない。

心の中で、つよくおもうことで、ことばを波にかえ、
遠くまでとどかせる。

その<声の波>を受け取ることができるのが<貝の耳>である。

送り手と受け手の気が合わなくてはダメなのだ。

これはテレパシーのようなものとサンゴロウは例えているが、
もしかすると、日頃のコミュニケーションでも、
何かを伝えるための誰かというのは存在するのかもしれないと思わされた。

人はその人だからこそ、
その情報の送り手となれた、受け手となれたということがある。

常にその情報を送り続ける、受け続ける場合もあるだろうし、
ピンポイントでそのときのためのメッセンジャーになることだってある。

その瞬間にしかつながれないことだってある。

<声の波>と<貝の耳>は、
そんなコミュニケーションの不思議を象徴しているようにも思えた。

その能力ゆえに、その瞬間という偶然がもたらした力によって、
つながったサンゴロウとミリ。

  金色の潮がみちてくる。波の音しかきこえない。

  砂の上についた足あとが、ふしぎなもようをえがいて、
  ひかっている。

  信じていれば、ねがいはかなう、か? ほんとうに?

『旅のはじまり』で、ケンとはあっさりと別れたサンゴロウだったが、
ミリとの関係は、サンゴロウらしい中にも少し余韻があり、
それがまたサンゴロウの格好良さを引き立てるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

旅の途中。

2002/06/13 18:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本箱屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこか風変わりな黒いねこ「サンゴロウ」。
うみねこ島に流れついた時には、記憶をなくし、
自分が何者かもわからなかった。

誰もが舌を巻くほどの船乗りである彼は、
助けてくれた医者であり友人でもある「ナギヒコ」の依頼を受けて、
眠り病の薬になるガラス貝を求め、
恐ろしいキララの海へと向うことになる。

一作目とは違い「サンゴロウ」の一人称で物語は語られるが、
どことなくそっけないその語り口に、
ぽっかりと開いた自身の空白の重さが感じられて、少しせつない。
彼の航海は自分探しの旅でもある。

やみねこに襲われ、難破したあとの彼を助けた、
人間の少女「ミリ」との会話で
「信じていればなりたいものになれるか」という話になるが、
「信じていればなれる」とは彼は言わない。
「船乗りになりたかった」から。
「他のものになりたくなかった」から。そう彼は言う。
「鳥」になりたいと「ミリ」は言う。それはまた、
欠けたところのない「サンゴロウ」の姿でもある。
「ずうっと遠くまで、とんでいくの。こうやって」

帰りついたうみねこ島で「サンゴロウ」は、
買い求めたサンゴの鳥を手のひらで温め、空へと放つ。
灯台のひかりが夜の海にしるべを指し示すように、「サンゴロウが」示す、
それは「ミリ」のもう一つの姿だ。
だがしるべがあっても自身が飛ばなければ、海を越えることは出来ない。
他人に出来るのは飛び方を見せることだけ。飛ぶのは自分だ。
「他のものになりたくなかった」のが「サンゴロウ」の飛び方であるように、
「ミリ」にも自分の飛び方がある。旅の途中の、今は、まだわからないとしても。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/29 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/04 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/30 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/16 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/16 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/30 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/21 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/30 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/12 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/10 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/18 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。