サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 孤独を楽しむ人のために ~9/23

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.7
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/572p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-327509-X

紙の本

一瞬の夏

著者 沢木 耕太郎 (著)

【新田次郎文学賞(第1回)】元東洋ミドル級チャンピオンが4年ぶりに再起する…1度は挫折した悲運のボクサーのカムバックに夢を託し、人生を賭ける男たち。第1回新田次郎賞受賞作...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【新田次郎文学賞(第1回)】元東洋ミドル級チャンピオンが4年ぶりに再起する…1度は挫折した悲運のボクサーのカムバックに夢を託し、人生を賭ける男たち。第1回新田次郎賞受賞作の新装版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

沢木 耕太郎

略歴
〈沢木耕太郎〉1947年東京都生まれ。横浜国立大学卒業。ノンフィクション作家。「テロルの決算」で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。ほかに「バーボン・ストリート」「敗れざる者たち」「人の砂漠」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

黒い男

2006/05/04 06:42

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nanako17girls - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は沢木作品の最高傑作である。「スタイルの冒険」を常に模索している沢木のある種の到達点である。おそらく、どんな小説、ノンフィクション作品の中でも、最も優れているだろう(ぼくの知ってる範囲では)。
 「スポーツライター」を自称する沢木の求めていたのは、ものすごく贅沢なものだ。それは「自分もその当事者になる」ということだ。ふつうのライターはそうではない。何か起こった事象に対して、常に受身である。しかし、本書は違う。「自分の見たものしか書かない」はたして、これがノンフィクションといえるのだろうか?いや、これこそがノンフィクションではなかろうか!スポーツというものはとても魅力的なものだ。Wカップをみてもわかるとおり、あんなに「熱狂」するものはない。その「熱狂の記録」である。「私小説的」ともいえる。つまり「物語」を作ることだ。しかし、ノンフィクションにおいて、それはタブーだ。その行為はあまりに「恣意的」になってしまうからだ。「細部にこそテーマは宿る」この言葉は本書のためにあるような気がする。「夢を追いかける、熱い男の物語」そんな言葉が頭をよぎる。まさに「一瞬の夏」である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一瞬の光

2002/06/28 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hanako - この投稿者のレビュー一覧を見る

事実をありのままに書くだけではなく、著者の眼を通じて見た世界を、描く。著者の眼というフィルターを通った世界は、客観性を失ってはいないが、著者の心象風景が色濃く映し出されている。
ノンフィクションでもフィクションでもない、独特のスタイルを持った著者の、最も“らしい”作品であると思う。
なぜなら、本作品では、著者は見る側に徹しておらず、当事者であるからだ。つまり体験記とも呼べる訳であるが、「体験」という言葉はこの作品に相応しくない。ある一人のボクサーに入れ込み、試合の交渉まですることになった著者は、裏切られ、悩みながらも、そのボクサーを“見る”ことをやめることができない。ボクシング、そしてある一人のボクサーの、一瞬の光に魅せられた男たちの、あつい夏の物語である。
現在、スポーツライターとしても活躍している著者の、原点とも言える作品であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/25 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/19 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/04 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/26 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/16 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/10 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。