サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

悦楽園(ふしぎ文学館)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.9
  • 出版社: 出版芸術社
  • レーベル: ふしぎ文学館
  • サイズ:19cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88293-086-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

悦楽園 (ふしぎ文学館)

著者 皆川 博子 (著)

41歳の女性が61歳の母親を殺そうとした。平凡な母娘の過去に一体なにがあったのか。「疫病船」など全10篇を収録。狂気に憑かれた人々が犯す犯罪を異様な迫力で描いた恐怖犯罪小...

もっと見る

悦楽園 (ふしぎ文学館)

1,572(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

悦楽園

1,296 (税込)

悦楽園

ポイント :12pt / 紙の本より276おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ふしぎ文学館 48巻セット

  • 税込価格:77,053713pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

41歳の女性が61歳の母親を殺そうとした。平凡な母娘の過去に一体なにがあったのか。「疫病船」など全10篇を収録。狂気に憑かれた人々が犯す犯罪を異様な迫力で描いた恐怖犯罪小説傑作集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

まどろみの檻 5-16
疫病船 17-40
水底の祭り 41-70

著者紹介

皆川 博子

略歴
〈皆川博子〉1930年京城生まれ。東京女子大学英文科中退。72年「海と十字架」でデビュー。「壁−旅芝居殺人事件」で日本推理作家協会賞、「恋紅」で直木賞を受賞。近著に「妖桜記」「滝夜叉」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

衝撃の一冊

2005/09/26 22:04

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu-I - この投稿者のレビュー一覧を見る

初期の作品を集めた作品集。30年ほど前の作品が収録されているが、今読んでも強烈。初出時の読者の驚愕は如何ほどだったのかと、いらぬ心配をしてしまいそう。
冷ややかな悪意を、悪夢のような狂気を、鬼気迫るほどの迫力で書く。
ヒトというものの怖ろしさと悲しみを、凄まじい力で抉り出す。
そんな作品集である。
あたしは「疫病船」と「蜜の犬」にとりわけ凄まじいものを感じた。
「疫病船」ほどヒトというものを残酷に書ききった作品はなかなかない。
サイコスリラーやサイコサスペンスが流行ろうと、「蜜の犬」まで達してしまった作品は少ないだろう。
「獣舎のスキャット」などは後半の印象が強いかと思うが、個人的には前半の秘密めいた悪意がスリリングで非常に心地よかったりも。
中途半端な偽善など、目の鱗と一緒に引っぺがされてしまいそうな衝撃の書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

新年そうそうエグかった!

2017/01/05 01:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

年越し1冊目。狂気と猟奇に満ちた短編集。人間ってここまで心をあらわにして、快楽、悦楽のために突進できるのかと不思議に思う。全てが「むきだし」すぎて、ギラギラと照り返り硝子のように脆くなっている。そんな中、『疫病船』は良かった。コレラ船に成り果ててしまった引き揚げ船に父親が乗船している。夢にまで見た父親との再会、でもコレラ患者をみすみす陸にあげることは世間的に許されない。愛と憎しみの間にゆらぎながら父親へ投石する。その記憶がある母娘を狂わせる。『獣舎のスキャット』は自業自得の結句だけれど、恐ろしくエグい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/09/19 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/06 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/21 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/17 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/23 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/21 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る