サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 東京下町殺人暮色

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東京下町殺人暮色(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 87件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.10
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-71944-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

東京下町殺人暮色 (光文社文庫)

著者 宮部 みゆき (著)

〔「東京殺人暮色」(1990年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

東京下町殺人暮色 (光文社文庫)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー87件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

初期の作品ながら原型はすでにあり。

2000/11/16 19:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あつぼん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 下町に住む少年と刑事の父。次々と見つかるバラバラ死体。近所に住む老画家についてまことしやかな噂が流れる。ちょっとした好奇心から親子とも別の方向から事件に関わっていく…という出だし。
 普通だけれどちょっと人より頭の回転が早くて、ちょっと悩みも持ちながらも、なんとか折り合いをつけて暮らしているという、著者の好んで描く少年「探偵」像が、初期の作品から使われていることがわかる。相棒となる少年(気はやさしくて力持ち?系)のパターンも今後繰り返し使われることになる組み合わせ。
 また、著者の昨今の作品に強く感じられる社会問題への意識は本作ではそれほど現れていない。
 もちろん、読者を引っ張り込むストーリー展開の前には、そういう細かい指摘は蛇足でしかない。いわゆる推理小説とは違って徹底した悪役を求めない話を味わうと、実はそのほうがもっと怖いということに読後しばらくたってから気づく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

観察眼の鋭さにドキリ。

2002/03/06 15:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 宮部みゆきさんお得意の、普通さが魅力の少年が主人公のミステリーです。安定した文章力と、作中の人物たちの優しさが良い。あっと驚かされるような結末が用意されている訳ではありませんが、青春小説のようなすっきりした読後感が良いです。
 中で一番印象に残ったのは、何かと絡んでくるクラスメイトを見て主人公が心の中で呟いた言葉。ルックスも良くて成績も良くて、家も裕福で、はたから見れば何でも持っている彼のような人間が満足感を得るには、もう足し算ではだめなのだ。なぜなら、彼と同じように何でも持っている人間は沢山いるから。満足感を得るには、誰かから何かを奪わないといけない…。
 実際、こんな風に引き算でなければ満足できない子供が沢山いるのではないか、そう思って宮部さんの観察眼の鋭さにドキリとしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

殺される理由がねぇ。ちょっと気持ち悪い。

2002/05/17 18:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

うーん、なんかバラバラ死体が出てくるし腐敗してるとかいうから、ちょっと気持ち悪い。それに後味もあまり良くないんだな。
肝心の登場人物の中には誰も悪い人はいないって感じで、それが少し救いだけど、被害者が殺される理由とか殺される様子なんかはすごくイヤな感じ。
なんだかぞっとする。それは本当にありそうな犯罪だからなんだけど。その意味ではリアリティがあるとも言えるのだろうけど。
ま、何だかんだ言って最後まで一気に読んだ。その意味ではミステリーとして優秀なんでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/10 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/30 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/30 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/16 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/10 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/20 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/08 12:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/24 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/11 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/18 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/15 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/26 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む