サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラビット病(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 123件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.11
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-103614-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ラビット病 (新潮文庫)

著者 山田 詠美 (著)

あのふわふわと柔らかいうさぎのように、いつもくっついているゆりとロバート。なんだか、そのうち、ひとつになってしまいそう。ふたりの胸は、息もつけないくらい恋しい気持ちでいっ...

もっと見る

ラビット病 (新潮文庫)

497(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

ジュンク堂書店名古屋店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あのふわふわと柔らかいうさぎのように、いつもくっついているゆりとロバート。なんだか、そのうち、ひとつになってしまいそう。ふたりの胸は、息もつけないくらい恋しい気持ちでいっぱい。キュートなわがまま娘と涙腺のゆるい純情青年の恋は、愛のせつなさにオロオロ、ドタバタし、周囲を圧倒しながらも、ほんわかムードなのだ。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー123件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

これぞバカップル?!だったら私はバカップルになりたい。

2003/07/20 01:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:織姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

体当たりの病、二人だけの恋。
ただひたすらお互いに「恋愛し合う」二人。
そこには痛いくらいの寂しさも切なさも含むから「ラビット病」
でも底抜けに明るい。

人の好きになり方というか
どんな風に恋をして、それをどんな風に表せばいいのか、
一瞬迷ってしまったり、忘れかけてたりした時に本書を読むとすごくわかり易い。
恋ってこうやれば良かったんだ!みたいな。

相手しか見えない、必死の恋をしたい方にオススメ。
そして、現在そんな恋をしてる自分が大好きだ!という人にもオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ままごと遊び

2002/03/03 07:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MITU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ウサギのようにふわふわとあたたかいものに包まれて生活する、ゆりちゃんとロバちゃん。二人の生活にはそりゃぁ人並みの苦労もあるけれど、それはそれで良しとする相互関係。山田詠美のセックス描写は、快楽というものを描きながらも、クールでどこか美しい。そこにあるムードと、状況を限りなく楽しく、一生懸命に過ごす二人の日々の物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/22 20:07

投稿元:ブクログ

 のほほん幸せハイテンション恋愛小説。カポーって2人っきりのとき絶対バカップルだよね!? すっげー恥ずかしい「2人だけにしか通じない用語」とか使っちゃったりしてるよね? 「こいつぅー」(おでこコツン)とかヨユーだよね? だから、まあ、ある意味共感されやすい普通の話なんだと思う。「『ラビット病』、うちのカップルにそっくりなんですぅー」とかほざくバカ女は死ぬといいと思う。

2004/11/13 17:52

投稿元:ブクログ

かわいいおはなしでした☆ゆりちゃんとロバちゃんはラブラブすぎ!ふたりとも愛し合っててすごいいいなあって思います。ゆりちゃんがかわいい

2005/12/27 02:37

投稿元:ブクログ

ゆりちゃんとロバちゃんはとっても不思議なカップルだけれど、恋心の基本のキの字をついてくる具合が、キュンとしてガンガン読めてしまった。「抱きしめれば、抱きしめるほど馴染んでいくこの体・・・」というくだりは、本当に共感した。もしもこの世に本当に運命の相手がいるのだとしたら、きっとこういう感覚を味わって、二人一つになっていくのかもしれない。そんな相手に出会えるのは、自分の日頃の行いにかかっているのかなぁ、なんて。なんて。

2005/02/13 02:43

投稿元:ブクログ

この本は超ツボでしたねー。ビバ・バカップル!!何も深いことを考えないでスイスイニヤニヤ読んでいました。天涯孤独で破天荒な金持ちユリちゃんと、純粋でトロくてキュートなロバート。2人とも自分以外の存在は石ころ以下にしか思ってないので、思い悩んでもそこにいたる過程・行動・理解する方法が意味不明。でもそれでいい。それがいい。まさに双子。「ラビット病」「みみみ警報機」「双子届」あたりが好き。

2005/11/17 03:25

投稿元:ブクログ

またか。。と思わせるストーリー。もうこの作者の訴えたいことは分かったから!って感じ。とか言いつつも全作品読んでしまいそうな勢いの自分が怖いです。

2004/11/08 14:15

投稿元:ブクログ

友達の勧めで読んでみたんだけど。いやぁ、幸せ?
 もう幸せって言うか、甘いって言うか、感動?なける、とかの感動じゃぁなくって、なんかあったかい、のどの奥らへんで「くぅぅっ」って言っちゃうような幸せな感動。

2005/04/13 15:00

投稿元:ブクログ

なんつぅラブラブなお話しなんだ、と思いました。でも普通の恋愛とはやっぱ違う。詠美節が効いてる。詠美さん独特の我が道を突っ走る女性であることは確かなのに、さらに可愛らしさといじらしさと切なさをエッセンスにひっくるめてわたあめ!のような一冊。脳みそを幸せで腐らせたいならぜひ☆

2004/12/26 15:18

投稿元:ブクログ

(のりが23歳の誕生日にくれた。
貰ったのだから、読んで感想を伝えなければならない
と思いながら読んでいたのに・・・
まともな感想なんて言えやしなかった。)

リアルな恋愛。こういうことをしていたし、こういうことをしたい。男とは。
それで、読んだ後にあまりに彼らが幸せすぎて絶望する。
理想がチラチラ見えると、とうてい無理だから悲しくなる。

2010/03/13 13:20

投稿元:ブクログ

どこのページを開いてもバカップルしかいません!もう、「このバカップルが!」ってつっこむのにも疲れてきたよ!
日本人ツンデレ女子のゆりちゃんと、どこまでもやさしい黒人男子のロバちゃんのカップルが、ケンカして仲直りして、ケンカしてまた仲直りして…みたいな全編そんなかんじ。
最初は若干イラッとしたり呆れたりしちゃいましたが、途中から慣れて、純粋に「仲良くていいね~ほほえましいね~」という気分になりました!
ていうか、半自伝ってまじでか…!

2007/01/28 02:20

投稿元:ブクログ

ワガママで男勝りな「ゆり」が、心優しい黒人ロバート通称「ロバちゃん」と出会った事がきっかけで愛を知っていくという物語。

かなりバカップルっぷりがすごい。人前でも平気でベタベタ。でも嫌味じゃなくて、とても可愛らしい。
まさしく寄り添う2羽の、うさぎのごとく。
「ロバちゃん」「ゆりちゃん」って呼び合うのさえ、微笑ましい。
愛というものに戸惑いながらも、ロバちゃんの優しさに溶かされていくゆり。

笑えて、なおかつ心がほんのり暖かくなる本。

2005/04/25 15:14

投稿元:ブクログ

意味が分からん。ただのラブラブボケカップル物語。幸せを絵に描いたらこうなりますよ〜って言いたげな作品です。少し読みにくいし、途中でどうでも良くなってしまいます。

2005/04/30 17:38

投稿元:ブクログ

タイトルのかわいさに惹かれて購入。
すらすらと読みながら、ゆりちゃんとロバちゃんが羨ましくなった。
仲良しな2人の魅力がつまった一冊。とにかくキュートです。

2005/05/04 20:07

投稿元:ブクログ

ロバートとゆりの恋愛話。異色な二人だけとピッタリはまる―というのがうらやましい感じの話です。恋愛にまっすぐって本当うらやましい