サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

浴室(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.11
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-760254-8
  • 国内送料無料
文庫

浴室 (集英社文庫)

432(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

軽くて読みやすい作品

2001/02/16 19:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:55555 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 軽くて読みやすい作品。この作品はトゥーサン(フランス、1957−)のデビュー作。ミニマリズム(最小要素で効果を狙う現代芸術の一傾向)とか、ポストモダンと評される作風。筋は主人公が只ぼんやりと浴室にいるというもの。時々外に出るがまた浴室に戻ってしまう主人公。何か起こるというわけではないがゆったりとしていて面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

想像力豊かな「ぼく」の不可思議な物語。

2003/06/12 11:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 舞台はパリ。「ぼく」は浴室で時を過ごしている。恋人に誘われても、親にさとされてもここから出ることはない。そんな「ぼく」だが、こもりっきりというワケでもなく自分の気まぐれで浴室を出て、いきなりヴェネチアへ旅をしてみたりもする。
 淡々と日常描写が続き、とくに超自然現象が起こるでもないのに妙に現実から遊離した感じを受ける。なにしろこの「ぼく」ときたら、さとしに来た親に「ぼくにとって気晴らしほど恐ろしいものはないんだよ」などと言ってのけるのだ。そして、理由もなく浴室にこもってみたり、旅行先からなぜだかわからないが帰宅したがらなかったり、帰宅するよう説得する恋人にえらいモノを投げつけたりなどと、実にコドモっぽい行動をとるのだ。
 「ぼく」の言動から思うのは、人の行動にむきになって理由を求めたりしても仕方ない、ということだ。「ぼく」はいったい、何から逃げたいのだろうか?
 主人公のモラトリアムの象徴が浴室なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/03 01:38

投稿元:ブクログ

浴室に篭る男の話。
だけど私的にはもっと篭っててほしかったと思う。
まあ、そんな希望はほっといて、なかなかおもしろいというか・・・好きな小説でした。

2004/10/29 23:03

投稿元:ブクログ

これでフランス文学に嵌りました。是非。
トゥーサンの父は映画監督。
彼も今は映画監督やってるけど、その登竜門として、小説を選んだらしい。

2005/08/01 02:45

投稿元:ブクログ

浴室で本をよく読む。安易な発想ですが、これも浴室で読んだ。この男の人が私は好きかどうか。なんか、とっても私の理想をついているのだけど、好きじゃない。不思議ね。クールに物事を考えられたら困る。私が冷静さを欠いていたら、同様に欠いてほしい。ダーツで頭さされたらね、好きでいれるかな。

2005/10/24 16:36

投稿元:ブクログ

起承転結がまったくない不思議小説。面白いのか面白くないのかと聞かれても解らない、と答える他ない感じ。

2005/10/24 23:14

投稿元:ブクログ

たぶんこの主人公と私は同じ空気を吸って生きてるなあって気がします。独り言みたいに訥々と語られる内容は至極淡白なのに引き込まれてるのはなぜだろう。

2006/01/21 14:53

投稿元:ブクログ

トゥーサンの作品の中でもとくに好きなのがこの『浴室』です。 
浴室で暮らし始めた(!)主人公 
冒頭から引き込まれるお洒落な小説です。

2006/08/06 14:35

投稿元:ブクログ

風呂ニートの話。トゥーサンってこーゆーのかあ。視聴覚系の文化が好きな人のほうがこういうの好きそう。視聴覚系というか映画って言えばいいか。俺、この作品は好きじゃない。

2006/03/27 10:25

投稿元:ブクログ

浴室で本を読むあたしとしては、もうちょっと引き篭もっといて欲しかった気がする。最終的にまた繰り返す物語。

2007/08/30 01:00

投稿元:ブクログ

ひょうひょうとした空気の裏にあるどうしようもない身動きの取れなさに引き込まれた18の頃。16歳のときの初海外・パリの都会っぽさ(衝撃)を無性に思い出した。青春の書。

2008/05/26 15:57

投稿元:ブクログ

フランス文学っつーのは揃いも揃ってアンニュイですな。サガン然り、ランボー然り。

音楽も代表がシャンソンだってんだから、なんかもう
「雰囲気だけ伝わったらええねん」
とか
「誰も私の憂鬱なんて理解してくれないんだわ。してもらわなくていいわ」
みたいな自己中さ。

まあ、私にゃシャンソンは「シャバダー ボヘミアーン ソワー」みたいな、よく分からん小声にしか聞こえないんですから豚に真珠もいいとこです。
オーレ。

08.05.25

2006/11/26 11:17

投稿元:ブクログ

断章の集合とでもいうようなスタイルが好き。フィクションなのに、まるで作家の日記を覗き見しているようにリアルな感じがして、それでいて軽快。
100ページほどのぺらい本だったので、あっという間に読みました。
物語のラスト、どこかで見たような断章が・・・と思ったらまた振り出しに戻っている。冒頭に引用されていたピタゴラスの三平方の定理の意味が、そこで初めて分かった。他者の入り込む隙があるのかないのか分からないほど、完結した世界。
淡々としている割に心情描写もそこそこあって、堅くなくて、ユーモアもある。読みやすい作品。映画化もされているそうで・・・。
フランス文学の作家さんには、自分の作品を自らメガホンを取って映画化する方々がちょくちょくいるような気がします。

2007/03/26 16:07

投稿元:ブクログ

浴室で過ごそう。って決めた男の物語。今で言えばニートとか引きこもりか。だらだらっと、淡々と。さらりとした文体で、最後まですいすい読めてしまいます。なんてこともないお話なのに、読後考えさせられる作品です。

2011/07/09 19:58

投稿元:ブクログ

[2011.07.09]
“従って、どんなに緩慢な動きと見える時でも、絶えず物体を不動の状態、すなわち死へと導くものである、ということを心に思い描くことが可能となるのだ。オーレ。”

外に出るのはめんどくさいけど、家でパソコンやるのもなんかたのしくないしやる気でないーていうときにだらだらしながら読むのが合っている。

閉じこもっていても時は過ぎていくことを嘆く。
引きこもり気質のひとは好きだとおもいます。