サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヴァンパイア・レスタト 上(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.11
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/505p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-01612-X
文庫

紙の本

ヴァンパイア・レスタト 上 (扶桑社ミステリー)

著者 アン・ライス (著),柿沼 瑛子 (訳)

ヴァンパイア・レスタト 上 (扶桑社ミステリー)

713(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ライスの人気シリーズ、ヴァンパイア・クロニクルの2作目。レスタトが主人公のこの作品、1作目とはまったく、イメージが違っています。

2002/05/22 23:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

レスタトってば、前回、ルイに、さんざんに言われ、あげくに
クローディアにあんな目に合わされていたのとは大違い。
今回は、大活躍です。
もちろん、この作品は、レスタトが、ルイの『夜明けのヴァンパイア』に
対抗して、真実を書いたものなのですから、当然といえば、当然ですが(笑)

そして、思ったのは、レスタトって、まるで、やんちゃ坊主のようなところが
あるということ。
通常、ヴァンパイアは、人前で演奏して、人気ロック・スターになったりしません(笑)
なんたる自信、なんたる自己顕示欲!
もっとすごいのは、それが、全然いやみでなく、むしろ、彼の魅力の1つに
見えること。

それにしても、レスタトは、なんて、素晴らしい、まさに血沸き肉踊る冒険を
繰り返してきていることか。
それは、彼が「闇の賜物」を受ける前からのこと。
狼との闘いは、なんて…
ここで、彼のその後が、大きく方向付けされたのでしょうね。
そして、よき理解者である母ガブリエルの存在。
その存在の大きさは、やがて、ヴァンパイアとなった彼に、
彼に禁忌を犯させるほど。

やがて出会った大切な友人ニコラ。
お互いの立場の違いを越えた大切な友情。
そこに割って入ってくる闇の存在。
「彼」さえいなければ、レスタトは?

手に入れた新しい力を使って、様々な活躍をするレスタト。
これほどに見事にそれに順応するというのは、彼の中に、やはり、
そういった「闇の存在」を受け入れる下地があったということなのでしょうか。
レスタトによって、その後ヴァンパイアとなるルイとは、大違いです。

けれども、その、ヴァンパイアとしてさえもユニークなその存在は、
他のヴァンパイア集団との対決を余儀なくさせます。
そして、そのリーダー、アルマンの師であるマリウスとの邂逅。
<護られるべき者>の存在。

レスタトの活躍や、その哲学は、ものすごく痛快。
気持ちよく読み進むことができます。
かつて『夜明けのヴァンパイア』での、クローディアの罠から、どのようにして
逃れ得たのか、ここで明かにされ、その実力のほどをうかがわせます。
ヴァンパイアとしての強さ。
それは、ルイが持ち得なかった強さ
(ルイはルイで、別種の強さを持ってはいるようですが)。
ヴァンパイアたる自分をまるごと、そういう存在だと認め、
その新たな生を謳歌する強さ。
その生命力は、人を惹きつけずにはおきません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ありうる

2001/12/23 16:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カノン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夜明けのバンパイアの続編だが、レスタトがいきなり現代でロックスターになっている。現代でいたらやりそうな感じはしていたがやっぱりしていたか。レスタトの過去とかバンパイアになったいきさつとかいろいろ書いてあって面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーん…。

2002/07/25 23:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作「夜明けのヴァンパイア」の重厚で濃密な世界とはうって変わって、今回は現代を舞台に、レスタトがロック・スターになって活躍していました…。性格からして打ってつけでもあるし、それはそれで面白いのですが…あまりの変わりように、ギャグのつもりで読んだらいいのか、どうにも受け入れ難くて駄目でした。残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/22 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/25 15:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/17 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/09 04:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/08 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/06 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/25 07:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/25 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/06 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/08 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

扶桑社ミステリー ランキング

扶桑社ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。