サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. ノンフィクションの通販
  5. 偕成社の通販
  6. サンタの友だちバージニア 「サンタはいるの?」と新聞社へ投書した少女の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サンタの友だちバージニア 「サンタはいるの?」と新聞社へ投書した少女
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1994.12
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:19cm/125p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-03-421100-8

紙の本

サンタの友だちバージニア 「サンタはいるの?」と新聞社へ投書した少女

著者 村上 ゆみ子 (著),東 逸子 (絵)

「サンタっているの」と百年ほど前、新聞社に投書した少女バージニアに、ニューヨークのサン新聞社は社説で答えた。その名文は色々な形で読みつがれた。少女バージニアのその後の人生...

もっと見る

サンタの友だちバージニア 「サンタはいるの?」と新聞社へ投書した少女

税込 1,296 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「サンタっているの」と百年ほど前、新聞社に投書した少女バージニアに、ニューヨークのサン新聞社は社説で答えた。その名文は色々な形で読みつがれた。少女バージニアのその後の人生をたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

村上 ゆみ子

略歴
〈村上ゆみ子〉1951年東京生まれ。多摩美術大学卒業。在米出版社の年刊誌編集、アメリカ・リポートの寄稿を行っている。著書に「百年の夢」「イエロー・フェイス」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

サンタが来たら……。

2003/12/25 13:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:碧岡烏兎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『サンタクロースっているんでしょうか』(Francis Church、中村妙子訳、偕成社、1986)はよく読まれているようだけれど、新聞社に質問を送ったバージニアのその後を追ったこの本はそれほど読まれてはいないらしい。
 二冊は、同じ出版社から同じような装丁で出されている。合わせて読んでみると面白い。ちょうどクリスマス・イブよりクリスマスが、それよりもクリスマスのあとが大切であるように、一通の投書と社説より、彼女がそれを支えにどんな人生を送ったか、というほうが、実は大切なことを含んでいるように思う。
 本書は、ローラ・バージニア・オハロンの生涯を、彼女の孫が、その子どもたちに語るという形をとりながら、米国史のさまざまな面をプリズムのように映し出していく。移民、女性史、ニューヨーク、南北戦争、教育制度、障害者、結婚と離婚、新聞社の盛衰、そして宗教。
 「サンタはいるの?」という投書をした以外、バージニアの人生はむしろ平凡といってもいいくらい。それでも一人の女性の人生をたどると、米国社会のさまざまな面がみえてくる。本書は、歴史を学ぶそうした手がかりを、さりげなく、それでいて仔細をもらさず、本文に織り込んでいる。本人に承諾を得て構成した、「語り」という文体も功を奏している。投書と社説も、日英両語で全文掲載されている点もありがたい。
 平凡にみえるけれど、バージニアの人生には一筋の光が貫いている。それは「サンタクロースはいる」という信念。バージニアへの返事のなかで、子どもがいなかったフランシス・チャーチは「愛や寛容や献身が存在するように、サンタクロースは存在する」と、優しく語りかけていた。
 サンタクロースが存在することは疑いない。むしろ、疑わしいのは、チャーチが自明のものとしたものの存在のほうではないか。それでも、サンタクロースが存在するように、愛と寛容と献身がこの世に存在することを、一人の女性の伝記は教えてくれる。
 サンタクロースが来たあとに読む本。

烏兎の庭

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/26 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/12 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/06 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/03 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/11 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/27 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/04 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/21 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

伝記・自伝 ランキング

伝記・自伝のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。