サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

It 1(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1994/12/01
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/484p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-714807-2
文庫

紙の本

It 1 (文春文庫)

著者 スティーヴン・キング (著),小尾 芙佐 (訳)

It 1 (文春文庫)

1,026(税込)

IT(1)

950 (税込)

IT(1)

ポイント :8pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.2MB 無制限
Android EPUB 6.2MB 無制限
Win EPUB 6.2MB 無制限
Mac EPUB 6.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

It 4巻セット

  • 税込価格:4,10438pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー44件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ハラハラドキドキの連続です。スティーブン・キング氏の傑作です!

2016/11/04 06:47

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、スティーブン・キング氏の贈る傑作です。一本の電話が、六人それぞれの平穏を破ります。長い間記憶の底に眠っていたものを揺り起こします。27年前、ある場所で、あることが起こりました。そして、ひとつの約束がなされました。いま、その時がきたのです。「さあ、帰るんだ、故郷の町へ」。誰もそれを止めることはできません。たとえそれが、晴天から暗闇へ渡ることになろうとも。ハラハラドキドキの連続です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あらゆる読書の楽しみ

2001/03/18 18:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がくし - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文庫4巻にして2000ページ近くあります。量はもちろん、質ともに、キングの傑作・代表作です。

 スタンド・バイ・ミー等でキングお得意の、少年時代のノスタルジックな世界に、友情・ユーモア・恐怖・超越的な相手との対決と、これまでのあらゆる要素が総決算的に詰め込まれます。そこにはあらゆる読書の楽しみがあるのです。読書中はひどく消耗しますが、それでもこの世界から離れることができません。時間・体力をとっておかないと大変です。

 最後、おそらく充実した疲労感のなかで、エピローグを読むと、主人公のとっても情けない、カッコ悪い姿と、きれいな心には笑顔で涙するんじゃないですか。 いや、わたしは男ですから泣いたかどうか、ここでいうのは…(汗

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり良い

2018/05/04 21:42

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこる - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生の頃一度読んでいるが、図書館の本のため飛ばし飛ばしで読んでいたのだろう内容が曖昧な部分も多かった。今回読み返してみると、あの頃は意味のわからなかった部分もすんなり分かる。やはり年数重ねて知識も多少なりとも増えてたのかーーと自分のこともふりかえりつつ、今回はItのなかの子どもたちとおなじ時間を共有したかのような読書体験だった。

それにしても心理描写と情景描写の細かさよ!!今は描写があればある程ストーリーにのめりこむけど学生のときは辛くて仕方なかったことを思い出した(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

集大成

2001/08/29 19:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:王様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 キング自ら集大成と自負する、質量ともに充実した超大作。とにかく出てくる怪物の数だけでもパンパではない。過去と現在が交錯する複雑な構成といい、キングにしか書けない傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

集大成的な名作!

2001/09/28 07:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

 キングの中期集大成的な作品。読了の第一の感想は『長かった(笑)』。今計算してみたら全4巻で1930ページ。いや〜、がんばりました(笑)。あまりの長さに挫折する人もいるかもしれませんが、ぜひぜひラストまで読んで欲しい作品です。全体像がつかめる2巻の前半まではかなり悪戦苦闘しましたが、そこからが本番です。IT以前のキングの作品の登場人物や事件が登場したりして、サービス度も満点。
 登場するモンスター「IT」は究極の怪物で、想像すると真剣に恐いです。ストーリー自体は「スタンドバイミー」に「シャイニング」を振りかけた感じかな? ものすごくホラーだけど、とても心暖まります。キングは子供時代の卒業的な作品を書かせると本当に上手いです! 
 個人的な好みとしては、ラストの1章はない方が良かった気もしますが…。それと前半の冗長さがちょっと辛かったです。ストーリー的には★5つものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/02 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/20 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/14 05:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/25 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/28 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/18 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/02 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/11 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/01 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/18 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る