サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

モッキンポット師の後始末(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1974/06/26
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-131258-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)

著者 井上 ひさし (著)

食うために突飛なアイディアをひねり出しては珍バイトを始めるが、必ず一騒動起すカトリック学生寮の“不良”学生3人組。いつもその尻ぬぐいをさせられ、苦りきる指導神父モッキンポ...

もっと見る

モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)

税込 576 5pt

モッキンポット師の後始末

税込 576 5pt

モッキンポット師の後始末

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.0MB 無制限
Android EPUB 4.0MB 無制限
Win EPUB 4.0MB 無制限
Mac EPUB 4.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

食うために突飛なアイディアをひねり出しては珍バイトを始めるが、必ず一騒動起すカトリック学生寮の“不良”学生3人組。いつもその尻ぬぐいをさせられ、苦りきる指導神父モッキンポット師──ドジで間抜けな人間に愛着する著者が、お人好し神父と悪ヂエ学生の行状を軽快に描く笑いとユーモア溢れる快作。【商品解説】

目次

  • 一 モッキンポット師の後始末
  • 二 聖パウロ学生寮の没落
  • 三 聖ピーター銀行の破産
  • 四 逢初一号館の奇蹟
  • 五 モッキンポット師の三度笠
  • あとがきにかえて──

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ドタバタコメディーの傑作

2010/01/10 01:59

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yjisan - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東北のカトリック系孤児院の援助で高校を卒業した小松青年は、今まで世話になった神父の紹介状のみを懐に入れて上京、S大学文学部仏文科主任教授のモッキンポット師と会う。異様な風体で関西弁を話すフランス人神父に驚きつつも、S大学文学部仏文科への入学と聖パウロ学生寮への入寮を許可される。以後、モッキンポット師は指導神父として、小松青年を物心両面で支援することになる。

 食欲と性欲は人一倍あれど赤貧洗うが如しの小松は、食費と遊興費を稼ぐために、オンボロ寮の悪友である土田・日野と組んで、アルバイトに勤しんだり事業を立ち上げたりする。しかし生来の欲深さが災いして、ついつい悪知恵を働かせ、カトリック学生とは思えない悪行不品行に走る。やがて悪事は露見し、モッキンポット師は謝罪や弁償などの尻ぬぐいをさせられるのであった・・・(この辺り、『こち亀』の両津勘吉の金儲けを想起していただけると、良く分かると思う) 

 【不良学生トリオの健全な(?)仕事→悪事へと流れる→露見→モッキンポット師の後始末】という展開が繰り返される、マンネリズムの極致とも言える作品だが、貧乏生活(これがまた笑える)から脱出すべく、動物的本能に突き動かされた彼等が次から次へと考え出す(違法なものを含む)金儲けのアイディアと、やりすぎて失敗する様には抱腹絶倒するしかない。


 本書巻末の解説に詳しいが、小松ら3人とモッキンポット師が奇妙な共犯関係にあるところが興味深い。不信心の極みと言うべき3人の青年に常に苦杯をなめさせられ、彼等を叱責するモッキンポット師は、根っこのところで3人を信じている。神父という立場から逸脱してまで、3人を救っている。3人も神父を騙し神父に甘えつつも、神父を尊敬し信頼している。それがゆえに神父に告解もするし、『アベマリア』の罰も蕭々と受け入れるのである。この師弟関係は感動的ですらある。

 作者の井上ひさしはカトリック修道会ラ・サール会の孤児院「光が丘天使園」の出身で、献身的に働く修道士に感動して洗礼を受けている。また上智大学外国語学部フランス語学科在学中は、浅草のストリップ劇場フランス座を中心に台本を書いていた。そうした経験が本作には投影されており、それが荒唐無稽に見えるドタバタ劇にリアリティを与えているのだろう。超オススメの作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

井上ひさし全著作レビュー 4

2010/07/24 17:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲葉 芳明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『モッキンポット師の後始末』『聖パウロ学生寮の没落』『聖ピーター銀行の破産』『逢初一号館の奇蹟』『モッキンポット師の三度笠』の5編を収録。初出はいずれも「小説現代」(1971年~1972年)。
 井上ひさしは仙台第一高等学校卒業後、当時寄宿していた孤児院の神父の推薦で上智大学文学部に進学(入学時はドイツ語学科、のちにフランス語学科に転科)したものの、学業そっちのけで浅草のストリップ劇場フランス座で台本を書き始めた。当時のフランス座は渥美清を筆頭に谷幹一、関敬六といった錚々たるコメディアンが活躍しており、この時の体験を小説化したのがこの連作短編である。
 まあどこまでが事実でどこまでが創作なのかは作者のみぞ知るだが、主人公小松を始めとする聖パウロ寮の学生達と、彼らにいつも「おだてられ、欺かれ、たばかられ、金品をたかられ、嘆いてばかりいる」モッキンポット神父との交流、というか虚々実々丁々発止の駆け引きは正に抱腹絶倒である。井上ひさしが描く笑いは、時にはシニカルだったり、時には社会批判が強かったりすることもあるけれど、本作はそういう風刺や批判の毒の要素は極めて弱く、限りなく間抜けでお人よしの「モッキンポット師行状記」を無邪気に楽しめばいい。
 作者が実際に世話になった孤児院の神父たちは、自分がぼろぼろの着古しの衣類で我慢しても子供達には少しでもいいものを着せてあげようとした献身的人達ばかりで、作者は「キリスト教」を信じるというより、「キリストの教えを信じて自分たちに尽くしてくれた神父」を信じていたそうである。その無償の善意を思いっ切り誇張し、小松たちがとるハチャメチャな行動との落差(コントラスト)が生み出す可笑しさを、破天荒で奔放な笑劇として仕立てたのがこの連作短編と言えよう。
 小難しい理屈や分析をせずストレートに心の底から笑って楽しむもよし、モッキンポット師に究極の「至上の愛と慈悲」を見出すもまたよし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/31 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/14 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/28 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/26 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/15 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/29 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/25 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/13 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/07 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/09 17:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/22 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します講談社文庫 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。