サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. わかりやすいマニュアルを作る文章・用字用語ハンドブック 改訂新装版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わかりやすいマニュアルを作る文章・用字用語ハンドブック 改訂新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般 研究者
  • 発行年月:1995.1
  • 出版社: 日経BP出版センター
  • サイズ:21cm/281p
  • 利用対象:一般 研究者
  • ISBN:4-8227-2030-6
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

わかりやすいマニュアルを作る文章・用字用語ハンドブック 改訂新装版

著者 テクニカルコミュニケーション研究会 (編)

初心者にも経験を積んだ人にもわかりやすく、親切なマニュアルはどうすれば作れるか。マニュアルの文章の基礎、用字・用語、単位などを具体的に紹介。そのまま使えるテクニック集。改...

もっと見る

わかりやすいマニュアルを作る文章・用字用語ハンドブック 改訂新装版

2,621(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

初心者にも経験を積んだ人にもわかりやすく、親切なマニュアルはどうすれば作れるか。マニュアルの文章の基礎、用字・用語、単位などを具体的に紹介。そのまま使えるテクニック集。改訂新装版。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

文書作成、用語統一の良きガイドライン

2000/07/12 15:37

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇野みれ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本業はマニュアル制作ではなく、コンピュータ関係の英日翻訳だが、マニュアル関係の翻訳も多いため、参考になる。特に単独ではなくグループで翻訳をてがけるときは、使用漢字、送り仮名、表記法など、グループ間の用字用語の統一が大きな課題となる。詳細な辞書、用字用語ガイダンスを提供するクライアントもあるが、そうした指針がない場合の用語統一の目安となる。
 以前、新聞記者をしていたので、知っている内容も多かったが、マスコミが作った新聞用の独自の体系とは違う視点のアプローチも多く、参考になる。
 「なぜ、そうするのか」という解説が必ず載っているので(納得するかどうかは別として)説得力がある。なぜ、「のみ」ではなく「だけ」にするのかとか、「による」ではなく「によって」なのかの説明は興味深かったし説得力があった。
 新聞社の校閲がいつもこだわって、ついに校正支援システムにまで組み込んでしまった「たり・たり」ルール(並列で「たり」を使う場合、「〜したり、〜したり」と「たり」を並列表記し一方を省略しない)は、マニュアルなどの場合、煩雑になるのでこだわらないのかと思っていたら、しっかり載っていた。 参考文献にも厚く5ページを割いている。
 この本と、「朝日新聞の用語の手引き」があれば、日本語表記に関する最低限のガイドラインができる。常に読者の立場に立ち、読み誤りのない一意性を持たせる、というポリシーは、マニュアル・ライティング、翻訳のみならず、一般の文書作成にも役立つと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/21 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本語 ランキング

日本語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む