サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

結核の文化史 近代日本における病のイメージ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1995.2
  • 出版社: 名古屋大学出版会
  • サイズ:20cm/398,31p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8158-0246-7
  • 国内送料無料

紙の本

結核の文化史 近代日本における病のイメージ

著者 福田 真人 (著)

【毎日出版文化賞(第49回)】明治維新以降、犠牲者一千万以上という苛酷な現実の一方で、甘美なイメージを喚起した独特な病の文化的位相を解明する。女工哀史、「不如帰」からサナ...

もっと見る

結核の文化史 近代日本における病のイメージ

税込 4,860 45pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【毎日出版文化賞(第49回)】明治維新以降、犠牲者一千万以上という苛酷な現実の一方で、甘美なイメージを喚起した独特な病の文化的位相を解明する。女工哀史、「不如帰」からサナトリウムの終焉まで論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本に現われた巨大な「結核」文化とそのなごり

2001/12/28 22:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三中信宏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 同じ著者による新刊『結核という文化:病の比較文化史』からさかのぼって,本書にたどり着いた.学術書ではあるが,その内容は一般の読者をも惹きつける.

 本書は,結核という国民病の「ロマン化」というテーマを中心に,疾病の文化史が生々しく描き出す.著者は,詳細にわたる註や参照文献を通して,結核という伝染病が,明治以降の現在にいたるまでの日本にもたらしたさまざまな意味での「爪あと」をいたるところに見出す.一方では製糸工場の女工たち,他方では文学者や芸術家たちが次々に結核に罹って斃れていった.明治初期以降1世紀にわたる結核死亡者数の推移(pp.50,348)を見ると,最盛期にはほぼ500人に1人が結核で命を落としたことになる.たいへんな数である.

 第1部では,日本の産業史を振り返り,労働者の結核罹病の高まりと雇用者側の対応や社会的施策が述べられる.第2部では,多くの文学者・文学作品を例にとって,結核がどのようにして「ロマン化」されていったのかを概観する.第3部は第2部の延長線上で,結核療養所であるサナトリウムを舞台とする文学が結核治療法の進展とともにどのような経緯をたどったかが跡づけられる.いずれの部分も,具体的な資料を見せられるので,その分量にもかかわらず読み進むことができる.

 本書は日本に限定された「結核文化」と「結核ロマン化」の議論であるが,日本よりもさらに激甚な結核蔓延を経験したイギリス(19世紀はじめにはほぼ100人に1人が結核で死亡した)でのパラレルな文化現象との対応づけがなされている.姉妹書である『結核という文化』と併読することにより,その並行性はさらに明確になるだろう.

 「少年の頃あこがれた夢二の絵の女は,現実にない情調だと思っていたのに,夢二の家には生きていた」(川端康成,p.377,註88)——本書を読んで,竹久夢二の描くなよなよした女性のイメージのもつ意味がはじめてわかったような気がする.

【目次】
序章 結核とその文化史的意義について 1

第1部 結核をめぐる社会と個人
第1章 殖産興業と女工哀史 26
1. 伝染病と社会状況 26
2. 女工と肺病 30
3. 肺病と社会的対策のはじまり 46
第2章 鴎外・コッホ・肺病 57
1. コッホと結核菌の発見 57
2. 医学者鴎外とコッホ 66
3. 「結核治療薬」ツベルクリン 71
4. 鴎外の肺病恐怖と師コッホの来日 79
5. 肺病と鴎外文学 82

第2部 結核のロマン化と非ロマン化
第3章 肺病のロマン化——『不如帰』とその系譜 100
1. ロマン化のはじめ 100
2. 『不如帰』の誕生 119
3. 『不如帰』の背景と影響 127
4. ロマン化の過程(その1) 140
5. ロマン化の過程(その2) 152
6. ロマン化の過程(その3) 169
第4章 子規と肺病患者たち 177
1. 喀血と,漱石との出会い 177
2. 病状の悪化 185
3. 肺病と死の認識 193
4. 『墨汁一滴』『仰臥漫録』と肺病患者の群像 204
5. 『病牀六尺』と肺病患者の心理 216

第3部 結核と医学
第5章 肺病・サナトリウム・転地療養 226
1. 病人の行くべき所 226
2. 転地療養とサナトリウム 237
3. サナトリウム発祥の地——鎌倉と須磨 248
4. 南湖院と獨歩 261
5. 平地および高原療養所 274
6. サナトリウムの限界と終焉 281
第6章 医学書・療養書と結核予防運動 285
1. 西洋医学の診断・治療 285
2. レントゲン線と通俗療法 301
3. 結核予防と結核撲滅運動 325
4. 農村結核から全国的蔓延へ 340
5. 免疫と死亡率の減少と 347

終 章 遠のいた死と残されたイメージ 353

註 363
あとがき 395
図表一覧 [30-31]
参考文献 [16-29]
事項索引 [10-15]
人名索引 [6-9]
英文要旨 [1-5]

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/19 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

病気の知識 ランキング

病気の知識のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。