サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自我と無意識
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般 大学生・院生
  • 発行年月:1995.2
  • 出版社: 第三文明社
  • サイズ:18cm/223p
  • 利用対象:一般 大学生・院生
  • ISBN:4-476-01220-5
新書

紙の本

自我と無意識 (レグルス文庫)

著者 C.G.ユング (著),松代 洋一 (訳),渡辺 学 (訳)

ユングが多年にわたる経験から得た所見をできるだけ平易に解説した本。ペルソナ、アニマ、アニムス、自己といったユング心理学の基礎概念について、丹念に説明してある。1984年刊...

もっと見る

自我と無意識 (レグルス文庫)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ユングが多年にわたる経験から得た所見をできるだけ平易に解説した本。ペルソナ、アニマ、アニムス、自己といったユング心理学の基礎概念について、丹念に説明してある。1984年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ユング自身の著書でユング心理学の基本的部分を知ることができる本

2002/07/30 16:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:影山 師史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は数あるユングの著作の中でもユング心理学の全体像が捉えられる様な基礎概念に多々言及していることから、ユング心理学の大体を知りたいという人にとってとても便利な本である。内容は意識に対する無意識の作用においては、ペルソナの概念を用いてそれらを説明し、個性化においてはアニマとアニムスそれにマナ人格の概念を用いてそれを説明している。私自身は、この中のアニマとアニムスの関係とここより錬金術的な作業と関連性が非常に面白いのではないかと思った。
 何はともあれ、種々の物事に適用可能なユング心理学の基礎概念をこの本を読むことによって念頭に置いておけば、思想とかそういったものにアプローチしていく時に非常に便利に使えると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

入門書を読んでから?

2013/12/25 01:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あずきとぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

心理学の大家、ユング自身の手になる著書。
ユングが、彼の築き上げた「分析心理学(ユング心理学)」の根幹をなす「自我」と「無意識」について書いた概説書である。
率直に言って、自分には難しかった。
二部構成になっているのだが、第一部はその半分くらいしか理解することが出来ず、第二部になってようやく大まかな内容が見えてきた次第である。
もっとも、そもそもが目に見えない「心の中」、そしてさらに「無意識」の領域について述べようというのだから、自分のような凡人にはピンと来ないのも致し方ないか。
さらに、本書は概論書であるので、論の根拠となる臨床例の詳細な例示が少ない。
その辺りは、(ユングの)別の著書で、ということらしい。
その為、前半は内容の理解が難しく、後半は「アニマ・アニムス」といった少し具体的・具象的な概念を取り上げるので、取り付きやすいとは言える。
しかし、ユング自身の論述の仕方自体にも独特のものがあり、一筋縄ではいかない。
ユング心理学の予備知識なしに読み進めるのは、なかなか難儀であろう。
ただ、改めて「訳者まえがき」を読むと、本書の内容がほぼ章別に解説してあり、これを足掛かりに内容を把握すると良いと思う。
いずれにしても、ユング心理学についてその基礎を学んだ人や、入門書を読んだ人が、ユング自身の著作に当たりたいと思った時に、最初に手に取るというような性格の書であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/25 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/21 10:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/15 06:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/14 08:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/10 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。