サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

とっときのとっかえっこ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1995.3
  • 出版社: 童話館
  • サイズ:24cm/28p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-924938-34-3
絵本

紙の本

とっときのとっかえっこ

著者 サリー・ウィットマン (ぶん),カレン・ガンダーシーマー (え),谷川 俊太郎 (やく)

バーソロミューはネリーのお隣のおじいちゃん。赤ちゃんのネリーを毎日カートで散歩に連れ出し、歩き始めると必要な時だけ手を貸してくれた。ネリーが小学生のある日、バーソロミュー...

もっと見る

とっときのとっかえっこ

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バーソロミューはネリーのお隣のおじいちゃん。赤ちゃんのネリーを毎日カートで散歩に連れ出し、歩き始めると必要な時だけ手を貸してくれた。ネリーが小学生のある日、バーソロミューが転んで入院。今度はネリーが車いすを…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

サリー・ウィットマン

略歴
〈ガンダーシーマー〉1936年マサチューセッツ州ボストン生まれ。サラ・ロレンス・カレッジ卒業。イラストレーター、作家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店京都店

バーソロミューおじい...

ジュンク堂書店京都店さん

バーソロミューおじいさんは、お隣のネリーを赤ちゃんの時からカートに乗せて「とっときの」お散歩に連れて行ってくれました。
赤ん坊のネリーは、お散歩を通して色んな事を体験し、学び、世界のちょっとしたコツや幸せを教えてもらっていたのでしょう。
やがてネリーは歩けるようになりますが、バーソロミューおじいさんはだんだん足腰が弱くなり、とうとう車椅子の生活になります。
その時、ネリーが起こした「とっときのとっかえっこ」がとっても素敵!
おじいさん、おばあさんと一緒に遊べる時間がいっぱいあるのは、幸せなことですよね。
ジュンク堂 京都店 星山

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

タイトルが 「 粋 ! 」 な本です

2008/12/20 01:22

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くらら - この投稿者のレビュー一覧を見る

少し大きく(小学校中学年くらいかな!?)なってから読んであげると、自分の小さい頃の事を回想しつつ、自分を可愛がってくれたおじいちゃん・おばあちゃん達の事と重ね合わせて、絵本の世界に入り込んで聞けるお話しです。

小さい頃、自分はどんな風におじいちゃん・おばあちゃん達に可愛がってもらったのか。自分が大きくなっていくとう事は、同時におじいちゃん・おばあちゃん達も歳をとっていうという事。大きくなると色んな事が出来るようになる。でも、歳をとると、それとは逆に衰え、今まで出来ていた事なのに出来なくなっていく事が増えてしまう。
大きくなった自分は、衰えたおじいちゃん・おばあちゃん達に手を差し伸べ、今までとは逆に、「してもらっていた事」を「してあげる」立場になったんだと教えてくれる。
それを「とりかえっこ」と表現する訳者はスゴイ!!
全て自然の流れ。当たり前の事なのに、本を読み進むうちにそれを思い出させてくれ、改めて周りの人を大事にしたいと思わせてくれる本。
最後は、暖かい気持ちになって読み終われるお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛情と思いやりの連鎖。子供たちの心に育つといいな。

2005/08/22 15:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菊の花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いくら読んでもちっとも追いつかない。
素敵な本はどんどん世の中に生まれていく。
きっと一生かかっても、読みたい本全てを読破することは叶わないのかも。
それならば、一冊でも多くの私の出会うべき本に出会っていきたい。
出会える限り。
それが、ささやかで大切な私の夢。
たまたま出会ったこの本も、私の出会うべき本の一冊だったのだろう。
邦題の付け方が素敵。
少女ネリーとお隣りのおじいさんバーソロミューの心温まるお話。
おじいさんはネリーが赤ちゃんの頃にベビーカーを押してお散歩。
年月は過ぎ、今度はネリーがおじいさんの車椅子を押してお散歩。
素敵な”とっかえっこ”に、思わず笑みがこぼれる。
子供の成長と老人の老いという時の流れが自然に描かれている。
この二人の間にあるものの自然さが羨ましくなるほどに素敵。
それも本来なら他人同士の二人だからこそ、ますます素敵に思える。
同じ行為でも、
もしおじいさんが、いい人気取りで手を貸してやっていたら・・・
もしネリーが、義務を感じて手を貸してやっていたら・・・
二人の間にあるものも変わっていただろうと思う。
押し付けではない愛情ならば、
与えられた方にも、自然に相手を思いやる心が湧いてくるもの。
愛情と思いやりの連鎖。
こういうことがなんでもない当たり前の世の中になってほしい。
子供たちにそういう優しさの種を託していきたい。
この本を読んだ子供たちが、
「えっ、これが当たり前じゃない時があったの?」
と驚くような現実が訪れることを願わずにはいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深い

2018/10/27 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

とてもとても深くて、優しくて、考えさせられる絵本です。
自分がされたことを、今度は誰かのためにしてあげる。とても自然な、とっておきのとっかえっこ。
ステキなお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おじいさんと女の子の友情

2003/06/24 15:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitch - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生の小論文を添削していますが、ボランティアに関する記述の中で非常に多くの学生たちが書いていることがあります。 

「バス停でバスの時間がわからないお年寄りに バスの時間を教えてあげた」「電車の中で、お年寄りに席をゆずってあげた」
「道がわからないで困っているお年寄りに、道を教えてあげた」

いずれも、自分が体験したことのあるボランティア活動として 挙げている内容です。 私としては、こういった行いは「小さな親切」であって、むしろ健康な人としての「マナー」にあたる領域だと理解しているのですが、今の高校生たちにとっては何か「特別なこと」のように受け止めているのでしょう。
日常生活の中で、お年寄りと接することが少なくなってしまった今の時代、
こういった現象はある意味致し方ないことなのかもしれません。
この絵本の中の バーソロミューおじいさんは、お隣のネリーが赤ちゃんの時から ベビーカーを押して散歩に出かけます。 バーソロミューさんは、一人暮らしのいわゆる独居老人のようです。 
日本では会社を定年退職した男性が、ウォーキングシューズを履いて、健康のために散歩をする姿がよく見られますが、年をとったバーソロミューさんは、お隣の赤ちゃんをつれて散歩に出るのが日課です。 

赤ちゃんのお散歩をおじいさんにしてもらえるネリーのお母さんは、毎日散歩のあいだ自分だけの時間を持つことができます。 乳幼児を育てている親にとって、こんなに助かることはありません。 そして同時に、大事な赤ちゃんを任せてもらえるバーソロミューさんは、それだけの信頼を得ていなければこのようなことは実現しなかったはずです。

外に向かって心が開かれていなければ、ただの孤独な老人となるところですが、バーソロミューさんはそうではありませんでした。 ネリーと一緒に過ごすことを望み、多くの時間を共有することを選びました。
ネリーが成長するにつれ、バーソロミューさんはどんどん年をとっていきます。足が悪くて杖を手放せなくなっても、車いすで病院から戻ってきても、変わらずネリーにとってバーソロミューさんは大好きな友人です。 
そして、今度はネリーが今までしてもらってきたことを、バーソロミューさんにもしてあげるのです。 ネリーにとって決して特別なことではなく、バーソロミューさんも自然にそれを受けいれます。 
「ボランティア」をしてあげたり、してもらったり、といった考えはきっとこのふたりには無縁なのでしょう。 バーソロミューさんのように年をとっても、ネリーのような子どもと年齢を超えた友達でいられるというのはすばらしいこと。
彼のように心を開いて誰かを好きでいれば、きっと一人きりの老人になっても淋しくはないはずです。 

そして若者もいつも自分の仲間内とだけでなく、お年寄りと会話を交わすことが日常の一部になれば、老人に手を貸すことが特別なボランティアだと考えることは少なくなるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/18 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/06 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/23 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/21 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/31 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/11 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/17 07:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介しますあかちゃん絵本 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。