サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

好評につき期間延長!2019年版カレンダー ポイントキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人間
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1995.4
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:31cm/51p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8340-1278-6

紙の本

人間 (かがくのほん)

著者 加古 里子 (ぶん え)

人間を地球に現れた生物の一つとして、生物の歴史の流れの中で、人間の発生を描く。そして、人間の成長と、身体各部の機能を簡潔に示し、人間のつくってきた社会と活動について説明。...

もっと見る

人間 (かがくのほん)

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間を地球に現れた生物の一つとして、生物の歴史の流れの中で、人間の発生を描く。そして、人間の成長と、身体各部の機能を簡潔に示し、人間のつくってきた社会と活動について説明。「人間」を真正面にとらえた絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ただ、こどもたちのために

2018/06/10 05:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本作家かこさとし(加古里子)さんは亡くなる直前の今年(2018年)3月から4月にかけておよそ一ヶ月間、NHKの取材を受けていました。
 その姿が「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、先日放映されました。
 タイトルが「ただ、こどもたちのために かこさとし 最後の記録」。
 まさに「こどもたちのために」終生、絵本を描き続けた人かこさんの姿がカメラにおさめられた貴重な記録映像でした。

 番組の最後に使われたのが、1995年に刊行されたかこさんの科学絵本シリーズの一冊であるこの本でした。(この絵本の執筆では加古里子という漢字表記を使っています)
 この絵本はかこさんの人気シリーズである「だるまちゃん」や「からすのパンやさん」とは一味も二味も違います。
 どちらかといえば、デビュー作である『だむのおじさんたち』(1959年)に近いものです。
 タイトル『人間』とあるとおり、宇宙の誕生から地球の成り立ち、その小さな星に生き物が生まれ、やがて私たち「人間」が誕生する、壮大な世界観がまず描かれます。
 その次には子供がどのように誕生して成長するのか、ここでは性教育のような描かれ方をしています。
 この単元でかこさんはかつて子どもが自分が母親のどこから生まれたかわからないという疑問に答える形で、ていねいに綴られています。
 こういうあたりが、「こどもたちのために」描いたかこさんらしい一面です。
 そして、人間の身体の成り立ち、人間の歴史とつながっていきます。

 かこさんはこの絵本を制作するにあたって10年以上の歳月を有しました。
 それだけ強い思いが結実した絵本だといえます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/30 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/24 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/16 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/04 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

からだ・健康・性教育 ランキング

からだ・健康・性教育のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。