サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1995.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/618p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-185989-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ふたたび赤い悪夢 (講談社文庫)

著者 法月 綸太郎 (著)

ふたたび赤い悪夢 (講談社文庫)

税込 943 8pt
30%OFF

【期間限定価格】ふたたび赤い悪夢

05/15まで通常943

税込 660 6pt

【期間限定価格】ふたたび赤い悪夢

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.2MB
Android EPUB 6.2MB
Win EPUB 6.2MB
Mac EPUB 6.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (12件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

法月探偵ファン必読

2001/02/14 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松内ききょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 やはりこの作品はある程度著者のその他の作品を読んでからでないと、読めないでしょう。それも『冒険』や『新冒険』ではなく、『頼子のために』は必読ですが『雪密室』や『誰彼』も読んでいるとより味わい深いはずです。すべてを読んでいる方には、もちろんおすすめす。法月探偵ファンとして、これだけ読み飛ばすという手はないでしょう。私は全部読んでいます。もちろん最後までとことんおつきあいします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悩める名探偵=作者

2002/04/14 08:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「密閉教室」「雪密室」「誰彼」「頼子のために」と、賛否両論ありながらも良質なミステリを書きつづけてきた法月綸太郎が、ミステリについて深〜く悩み始めた最初のころの作品。アイドル業界で起きた謎の殺人事件に巻き込まれた法月親子が、試行錯誤しながら少しずつ真相に近づいていくという話なのだが、とにかく作者が苦悩して書いている姿が目に浮かぶようで、素直に読めない。この作者は優れた批評家でもあるわけなんだけど、この作品では、その批評家の顔が前面に出ているようで、ミステリとしては面白いとは言い難い。どう考えても必要のない(読者にとって)ところがいくつかある。主人公の名前が作者の名前と同じだからってこともあるんだけど、後半は、作中の「法月綸太郎」が、作者に同一化して見えた。ラストなんて作者自身のために書かれている。もちろん作者は知っててやってるんだろうけど……

 それにしてもこの「文庫版あとがき」を読むと、作者がこの時期かなりの深みにはまっていたことがよくわかる。かなりアブない文章になっている。「雪密室」「頼子のために」みたいな、読者が純粋に楽しめるような作品は、もう読めないんだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新本格って何だろう?

2002/03/08 04:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菅野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 法月綸太郎シリーズを新本格というのはどういうことなんだろう。他の新本格はどうか知らないけど、「これが本格?」と思ってしまう。ああ、ここで勘違いして欲しくないのは、今言っているのは、本格か否かってことで、作品の良否じゃないからね。で、この「ふたたび赤い悪夢」も面白いんだけど、本格の定義がどういうものなのかわからんけど、つまり、これを新本格とかって言ってしまうと「どこのカテゴリーにも入らないものを新本格ということにならないのかなぁ」と思ったりしちゃったりするんですけど、どうでしょう。いいんだけどね。新本格っていうものの成り立ちをよく知らないのだけど、島田荘司によって見出された京大ミステリ研究会に関わった新人作家群ということなんでしょうか。というか、そーいう分類はどーでもよかったりするからね。我孫子武丸と法月綸太郎は読むけど、有栖川有栖は読まないしね。
 言いたいのは、本当に、単なるレッテルの問題だけ。これが新本格と呼ばれなくても面白いんだから。って、やっぱり売る方の都合かな(笑)。売る方の都合があるのは分かるんだけど、そういうのが透けて見えちゃうのは興ざめだよね。
 なんてことは、「ふたたび赤い悪夢」で書かれていたアイドルのマネージメントに関わることでも同じか。
 とにかく面白かったよ。推理よりも、心理描写がよかった。そーいうこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/09 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/18 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/28 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/19 08:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/09 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/23 02:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/31 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/02 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/06 04:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/08 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/27 01:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/10 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。