サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 歴史
  5. 文芸春秋
  6. 日本のいちばん長い日 運命の八月十五日 決定版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本のいちばん長い日 運命の八月十五日 決定版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1995.6
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/322p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-350360-9
  • 国内送料無料

紙の本

日本のいちばん長い日 運命の八月十五日 決定版

著者 半藤 一利 (著)

「聖断」に従い平和への努力を続ける人々と、徹底抗戦を主張して蹶起せんとした青年将校たち。昭和二十年八月十五日正午に至る一昼夜に繰り広げられた二十四時間の人間ドラマを埋もれ...

もっと見る

日本のいちばん長い日 運命の八月十五日 決定版

1,697(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「聖断」に従い平和への努力を続ける人々と、徹底抗戦を主張して蹶起せんとした青年将校たち。昭和二十年八月十五日正午に至る一昼夜に繰り広げられた二十四時間の人間ドラマを埋もれていた資料をもとに再現。不朽の名作。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

小学生に「コクタイのゴジ」は難しかった

2003/06/05 14:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井高志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1965年に文藝春秋の編集者たちのグループ「戦史研究会」によってまとめられたノンフィクションで、かつて73年、角川文庫から編者大宅壮一名義で刊行されていた(自分が所持して読み返しているのはこちらの版)。現在は「研究会」の半藤一利氏(角川文庫版のあとがきも半藤氏が書いている)名義で「決定版」が出ている。

 1945年8月15日の敗戦を巡って、日本の中枢部を担った人々、これを動かそうと画策した人々の緊迫した動きを、24時間にわたって追った読み物。

 このノンフィクションよりも、40代男子にとっては、66年に東宝で映画化された作品がたびたびテレビ放映されたのを観た時の印象が強く、それも決まって夏場の放映なので、お茶の間でモノクロの映像を茶化すわけにもいかず、家中で重苦しく眺め続けた思い出がある。

 映画の方が明らかに優れていた点がいくつかあり、原作は題材の性質と作者達の姿勢のため、あまりにもきまじめで読む者にほとんどゆとりというものを与えないが、映画では俳優の持ち味がそれを救っていることがそのひとつ。迫水書記官長(加東大介)と鈴木貫太郎首相(笠智衆)が登場するシーンには、娯楽作品(というと叱られそうだが)として必要な味わいがあった。

 阿南陸相(三船敏郎)が閣議の後にやってきて、首相に、「南方から送られてきたものだが、自分はたしなまないので」と、葉巻を贈る。陸相が去って、首相は、「阿南君は、いとまごいに、来て、くれたんだね」。大学時代、よく居酒屋で、この物まねをして遊んだ私たちって不謹慎でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/17 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/28 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む