サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ザ・ギバー 記憶を伝える者

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ザ・ギバー 記憶を伝える者
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:1995.9
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-06-261652-1
  • 国内送料無料

紙の本

ザ・ギバー 記憶を伝える者 (ユースセレクション)

著者 ロイス・ローリー (作),掛川 恭子 (訳)

【ニューベリー賞(1994年)】人間が探し求めていた、平和で整然とした究極の理想社会。それとひきかえに失ってしまったすべての記憶。ユートピアは本当に存在しうるのか。現代社...

もっと見る

ザ・ギバー 記憶を伝える者 (ユースセレクション)

1,468(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ニューベリー賞(1994年)】人間が探し求めていた、平和で整然とした究極の理想社会。それとひきかえに失ってしまったすべての記憶。ユートピアは本当に存在しうるのか。現代社会に問いかける、衝撃の近未来小説。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

痛みも悲しみも死もない理想的な世界で、ただ一人、それを感じることを義務付けられた少年の物語

2001/01/20 02:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ざぼん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 要するに「管理社会物」だ。テーマにも設定にも特に目新しい点はないのだが、読ませます。

 12歳の〈職業任命〉の儀式で〈記憶を受けつぐ者〉に選ばれたジョーナス。コミュニティでただ一人、一子相伝のこの職業を先代から引き継ぐべくトレーニングに入った彼を待ち受けていたのは、人々が捨て去っていった悲しみや苦しみ、痛みと恐怖だった。

 コミュニティーでは邪魔な丘を削り、すべての地面が平らにならされており、「丘」という概念そのものが存在しない。気候も全て制御されている。ありとあらゆる苦痛はなくなり、悲しみも死も感じることはない。それは理想的な社会だ。しかしそこには、本当の愛情も慈しみも存在しなかった。

 読者はジョーナスと共に次第にコミュニティー異様さに気づき、戦慄することになる。これが結構センス・オブ・ワンダーだった。内容に新味はないが、とにかく上手い。

 ジョーナスは記憶とともにそれらの感情を取り戻すが、次第に孤独感を募らせていく。ジョーナスは周囲の人間に限りない愛情を抱いているにもかかわらず、他の人々とその思いを共有することはできないといのだ。

 ついにある真実を知る(あれはちょっとしたホラー並に怖いシーン)に至り、ジョーナスは先代と共にあることを計画する。悲しみに満ち満ちた二人の決断、そして痛みに満ちた結末—。

 他にも文字媒体ならではの仕掛けがなされていて、ちょっとそこは驚くとともに、語りの巧妙さに感動した。とても美しい。

 良い本だ。読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

管理された社会で生きる少年の物語

2002/03/02 18:42

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かけだし読書レビュアー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 管理された社会で生きる少年の物語。はじめはありがちな設定だなぁ、と思っていたが、中盤あたりから引き込まれた。家族が家族を演じているような不気味さ、そして記憶を伝える者、といった謎の役割。記憶というのは人類の歴史のようなものだ。楽しいものもあれば苦しいものもある。その中で斬新だったのは「色」の記憶。驚くことにこの管理社会に住む住民達は「色」というものさえ分からない。冷え冷えとした都市でそれぞれ与えられた役割を生きる人間達。果たしてそれは真のユートピアなのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/14 20:31

投稿元:ブクログ

近未来小説でしょうか・・・あなたの職業は記憶を受け継ぐことです・・・といわれた少年の物語。記憶を受け継ぐとは?とても表紙がインパクトがあり,子どもたちが手にとってくれるかどうかそこが心配だが,ぜひヤングアダルトたちに読んでほしい本の一冊。私たちに携わる五感の大切さが身にしみてくる・・・
映画化決定♪2014年夏公開予定♪これは観に行きたい。

2008/05/17 23:12

投稿元:ブクログ

 私が小学生か中学生の頃に、読書感想文の課題図書になっていた本。あれから10年ぐらい経って、ようやく読みました。こんないい本を課題図書に選ぶなんて、いやー、読書感想文コンクールもなかなか捨てたもんじゃないですねぇ。
 理想的な未来社会。でも、それは人間が個性を捨てた世界。読み進めていくうちに、色彩を捨て、自由を捨て、愛を捨てた末に手に入れた安寧の中で、それがどういうことかも知らず、たいして心を動かすこともなく生活していることが分かる。
 そんな、人間の尊厳というものを喪失した世界に、私たちの世界もすこしずつ傾いていってはいないだろうか。

原題:The Giver

2012/01/17 10:19

投稿元:ブクログ

分類としてはヤングアダルトになるらしいが、大人の鑑賞にも十分堪えうる作品だった。
ごく普通の生活を送る主人公、ジョーナス。優しくて理解のある両親、少し生意気だけど可愛い妹、仲のいい友人。規則で守られた「コミュニティ」はとても平和で、住人の誰もが幸せだと感じていた。
冒頭で語られる「コミュニティ」は、少し風変りだが、私達の暮らす世界とさほど変わらない、むしろその延長上にあるように映る。しかし彼らが「当たり前のこと」として話す規則や、聞きなれない決まり文句等に違和感を覚え、少しずつ気味悪くなっていった。
ジョーナスの目に周囲の事物が「一瞬いつもと違って見えた」最初の瞬間。それがどういう意味なのかが分かった時には、あっと声を上げそうになった。「管理された世界」でこういう設定を思いつくのは、やはりアメリカの作家だなという気はする。
あと、作中の社会ですら、差別意識がゼロになってはいないあたりがリアルだった。人間はやっぱり誰かと比べずには生きていけない部分があるんだろうなあ。

人生は取捨選択の連続だ。何かを選ぶということは、そのままそれ以外の選択肢を捨てることになる。そのことで痛みを伴うことも多々ある。
だが、自分で選んでいくからこそ、人生はいとおしいものになるのだろうと思った。

2006/04/22 18:36

投稿元:ブクログ

10年以上前に書かれた、児童書・近未来ファンタジーの部類に入るらしいが、大人が読んでも十分楽しめる(内容的に「楽しめる」と言う表現は微妙だが・・・)本である。少年の成長、その中で「本当の幸せって何だろう?」思春期に私たちがふと思うこと、感じること、それを主人公が代弁してくれてるようなそんな1冊。そして現実は皮肉で切ないとも感じさせられる、1冊。

2006/12/14 08:19

投稿元:ブクログ

未来都市に生きる少年の話。はじめは未来都市らしい生活風景が描かれていると思って何気なく読んでいたが次第に違和感を感じ、それが恐怖に変わって行く。少年が住んでいるところは、画一化された世界、感傷や色彩のない世界だった。

2006/08/01 10:33

投稿元:ブクログ

少年の過ごす未来の世界は完璧すぎる社会。ギバーに任命された彼はその理想社会の真実を知っていく…
 読み進めていくと「なんか変だぞ」と読む側に疑問を抱かせる書き方をしていておもしろい。 いろいろ考えさせてくれるファンタジーです。

2007/01/06 16:22

投稿元:ブクログ

問題作・・というのかな。徐々に引き込まれていっちゃいます。最後がなんだかよくわかんないまま終っちゃったとこもわざとって感じで読者をいい意味で振り回してくれました。面白かった。

2008/03/25 17:36

投稿元:ブクログ

今でも思い出す児童文学と言えば、これ。
小学校の図書館で出会いました。装丁とタイトルが印象的だったのを覚えています。

生まれてから死ぬまで全てがコミュニティーごとに管理されている(それが普通である)社会。その中で「人類の記憶」を継承する役割を負うことになった少年のお話です。
飢餓や戦争を忘れた代わりに、祖父母との暮らしや暖炉の温もりも忘れてしまった人々は果たして幸せなのか。
とても深いテーマですが、物語としても非常に展開が面白く読みふけってしまいます。

2007/06/13 21:45

投稿元:ブクログ

 現代に対する痛烈な批判である。がしかし、それを見事に、そう、あの時間泥棒の名作モモのように、巧みに、ある批判をあるものへと喩えたりしており、飽きがない。
 その上、読んでもらえば、解ってもらえるだろうが、本の特性を踏まえたテクニックも併用されている。
 ラストも妙味を出していて非常によろしい。死ぬまでに読んでおくべき本であろう。

2009/04/14 21:47

投稿元:ブクログ

読みながらおどろきがとまらない。自分はこの世界に生まれて幸せだなと思えてくる本。

とってもいいおはなし。

2008/10/29 17:12

投稿元:ブクログ

こういう現実世界に奇妙な違和感の漂うよう世界が良かった。
確か中3のとき読んだはずなので、色々自分の日常でも考えさせられる出来事が多かったんだと思う。

2008/12/01 23:13

投稿元:ブクログ

タネ明かしになってしまうので詳しいことは言えませんが、読んで欲しい本です。
風刺作品ですが非常に良いです。

2009/01/16 13:34

投稿元:ブクログ

小学生の頃読んで感動した児童文学。

児童文学ジャンルだが、大人でも十分。

私の好きな小説は大体賢者が出てくるけどこれもしかり。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む