サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

翔泳社祭2019 全品ポイント10倍 ~4/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

遠き神々の炎 上(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1995.11
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/460p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-70501-4
文庫

紙の本

遠き神々の炎 上 (創元SF文庫)

著者 ヴァーナー・ヴィンジ (著),中原 尚哉 (訳)

【ヒューゴー賞】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

遠き神々の炎 上 (創元SF文庫)

税込 1,188 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

神々の戦い、そして驚異のネットニュースSF

2001/03/31 03:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 破天荒な銀河を舞台に、神々の戦いが幕を開けます。

 銀河の片隅、太古から封印されていたアーカイヴが人類の考古学者たちによって開かれ、恐るべき邪悪意識が目覚めます。邪悪意識は諸文明を結ぶ情報ネットワークを通じて数々の文明を吸収同化。かくして銀河ネットワーク社会は阿鼻叫喚の巷と化します。

 一方、邪悪意識 —疫病体— と共に封印されていた「対抗策」を携えて脱出した船は、とある原始惑星に不時着。その星の犬型分散知性体の派閥抗争に巻き込まれてしまいます。

 そして「対抗策」の存在を知ったネットワーク世界から、一隻の宇宙船が発進します。しかし疫病体もまた、「対抗策」を潰すために艦隊を派遣、かくして追うものと追われるもの、激しい競争が繰り広げられます。はたして銀河の運命や如何に!!

 とはいえ、この「対抗策」の内容たるや……

 これを読んだのは、ちょうど『ホット・ゾーン』や映画『アウトブレイク』が話題となっていた頃でした。そのため、この対抗策のあんまりなことに唖然としたことを憶えています。

 読み終えて感慨を深くすることは、ここに描かれているのは、まさに神々の戦いだということ。邪悪な神が覚醒し、他の神が(神を越えるものが?)それを除去すべく手を打った。自分たちのために。それだけのこと。人類やそのほかの血と肉を持つ諸種属のごとき低レベル知性体は、神々にとっては、どうでもいい単なる使い捨ての駒でしかないというこの寒さよ。宇宙の大きさというものを実感する一瞬です。

 作者のヴァーナー・ヴィンジは、分散システムを専門とする計算機科学者であり、それゆえこの作品に描かれる情報システムや分散知性(集合知性というよりは分散知性だ)のリアリティには特筆すべきものがあります。

 情報ネットワークを侵蝕する疫病体にしても、分散しているけど実は一点に弱点がある、などというようなありがちな設定にしてお茶を濁したりせず、実際にああいうものができてしまった時にそうなるであろうというシビアな状況を作り出し、銀河社会を前代未聞の災厄に直面させています。

 そしてもうひとつ、この作品には恐るべき内輪受けが仕組まれています。それは実在するメッセージ交換システムにしてコミュニティでもあるネットニュースが名前も中身もまるっきりそのまんま登場すること。スケールこそ銀河規模に拡大されていますが、飛び交うメッセージの数々は、実在するネットニュースでまさに飛び交っているものと同じようなもの。危機の発生を叫ぶもの、過剰に反応するもの、嘲り笑うもの、飛び交う罵倒、頭のおかしい投稿者。古くからのネットニュースの利用者であるわたしは、この設定には床の上をころげまわって大喜びしてしまいました。

 一方で、ネットニュース(そして分散システム)を知らない読者の目には、この本はどのように映るのか、興味があったりします。計算機やネットワークに通暁した人とそうでない人では、全く異なった読み方をし、全く違った感想を持つ本なのではないでしょうか。

 わたしがもっとも好きなSFのひとつです。特にネットニュースの利用者は必読!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

編集部コメント

2003/02/22 21:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東京創元社編集部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『SFマガジン』ベストSF1996 第5位!

銀河の片隅に封印されていた“邪悪な情報意識体”を、人間の発掘隊が解き放ってしまい、意識体は、通信ネットワークで構築された銀河を恐るべき勢いで浸食しはじめる。そして、これに対抗するためのワクチンを載せた宇宙船が遭難した先は、なんと、複数個体が集まって一個の知性体となる、犬型生命体が支配する地球の中世のような惑星だった! 『最果ての銀河船団』と同じ未来史を構成する超大型宇宙SF。ヒューゴー賞受賞作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/12 06:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/01 08:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/01 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/23 06:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/09 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/12 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。