サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 絵本の通販
  5. 偕成社の通販
  6. モーモーまきばのおきゃくさまの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1969
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:26cm/30p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-03-201050-1
絵本

紙の本

モーモーまきばのおきゃくさま

著者 マリー=ホール=エッツ (ぶん え),やまのうち きよこ (やく)

モーモーまきばのおきゃくさま

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

友達って…

2005/02/22 12:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

牛がおいしい牧草を誰かにごちそうしたい、と思い、かけすに頼んでたくさんの「お友達」に来てもらうが、ご馳走の時間になると、牧草が嫌いな「お友達」は帰ってしまう。牛は悲しがるが、牧草の好きな友達と幸せに食事する。自分の好きなものを他人も好きとは限らない、ということでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しっとりとした良い話なんだけどね。子どもには刺激が少ないのかな。

2005/01/10 19:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yumikoit - この投稿者のレビュー一覧を見る

モーモー牧場に住んでいる牛さんは、牧場のおいしい草を他のヒトにも食べさせてあげたいわ、とつぶやく。それを聞きつけたカケスが、「じゃあお客様を呼ぶといいわ。私が呼んできてあげる!」と飛び立つ。
でも意地悪カケスが呼んできたのは、馬、ヤギ、豚、子羊の他、なんと犬や猫やガチョウ、雄鶏、雌鳥、ネズミまで!

ご馳走の時間になって牛が草を勧めると、案の定お客様は次々と帰ってしまう。カケスがそれをみて「ほ〜らね。やっぱりみんなすぐに帰っちゃうでしょ」と笑う。
でも、馬やヤギ、子羊さんたちは気持ちよくズ〜〜〜っと、モーモーまきばのおきゃくさまになって、お友達にご馳走できた牛さんは本当に幸せでした…

価値観の違いとか、そういう難しいことは子猫どもには判らないだろうけど、私は割りと好きな作品。
ただ、買ったのはずいぶん前なのに、途中まで読んで長男はそれ以降一度も読み返そうとしない。
どうやらパッとしなかったようだ。

次男はおとなしく聞いていたけど、どうかな。気に入ってくれたかしら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/30 08:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/28 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/15 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/04 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/20 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/15 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/02 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/02 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/17 09:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/17 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/09 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。