サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 岩波書店の通販
  6. 岩波文庫の通販
  7. きけわだつみのこえ 日本戦没学生の手記 新版の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

きけわだつみのこえ 日本戦没学生の手記 新版(岩波文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1982/07/01
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/521,2p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-331571-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

きけわだつみのこえ 日本戦没学生の手記 新版 (岩波文庫)

著者 日本戦没学生記念会 (編)

きけわだつみのこえ 日本戦没学生の手記 新版 (岩波文庫)

1,091(税込)

新版 きけ わだつみのこえ-日本戦没学生の手記

1,015 (税込)

新版 きけ わだつみのこえ-日本戦没学生の手記

ポイント :9pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 8.4MB 無制限
Android XMDF 8.4MB 無制限
Win XMDF 8.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

死者は黙して語る…

2000/07/12 23:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:学生(21) - この投稿者のレビュー一覧を見る

誤解を恐れずに述べるとすれば…
この書ほどある特定の読後感を期待される本もないのではないか

 すなわち,時代や各個々人の悲劇を超えた「不戦・反戦・平和」という金科玉条のごときテーマであって,このような思想を後世の戦争を体験しない若年層に対して喧伝する使命を負わされていると見てよいであろう。すくなくとも,編者の方々はそう明言しておられるし,そのような意図を持って戦後このような形で編纂された事は間違いない。

それが良いか悪いかはともかく,結果として衆目に公表される事を意図せずに作成された多くの私信が,幅広く公表されるにいたったのである。それらは一つとして私の胸を打たないものはなかった,しかし,故人はセンチメンタルな哀れみの眼でもって,あまつさえヒロイックに自らの人生を綴られる事をどこまで自身で望んでいたのだろうか。手記の中には,後世の日本人に対する遺志のような形で記述されているものも多いが,全般的に個人のプライバシーへの配慮が十分になされたとは言い難い(また、戦後この書がたどった軌跡は複雑を極めた)。

 冒頭のジャン・タルジューの詩がはからずも象徴しているように,死者は黙して語り, 生者は語りて黙す。彼我の違いはあまりに大きい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

彼らは国を愛していた。そしてそれよりも家族を、恋人を愛していた。戦争の理不尽さに涙してください。

2002/06/24 09:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:若月はるな - この投稿者のレビュー一覧を見る

 戦後最大のロングセラーといわれる戦没学生の遺稿集。95年には、緒方直人らによって映画化もされている。評者は、この映画を観ている途中で、涙をこらえるのをやめた。
 「だれがこんな戦争を始めたのか」「この戦争、まちがっている」。戦時中の学徒兵たちの心の悲鳴が、涙でにじむスクリーンに流れ続けた。
 大学での夢も学究も、志半ばで召集され、戦う理由すら納得できないまま戦地に送られる。確実な死の不安の中にいながら、彼らの手記には国の行く末を驚くほど冷静に見つめる理性と、残してきた恋人や家族への愛情と感謝の思いが混在している。「俺の子どもは軍人にはしない」「私もまだ母チャンに甘えたかった」と、大人の始めた戦争に追いつめられていく二十代の若者たちの悲痛な叫び。
 「死なねばならない」彼らがこの世に残せるものは、手紙しかなかったのか。
 「ぼくたちに青春はなかった」と彼らは叫ぶ。では私は? 彼らの命を代償として得た平和の中で、青春の無駄づかいをしなかっただろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本人必読の書

2015/09/05 14:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本には、対中15年戦争から第二次世界大戦において亡くなられ、また戦後に戦犯として処刑された方をも含む74名の戦没学生の手記、日記、手紙などを収録したものである。戦後70年を迎えた今、日本人として読んでおくべき貴重な本であると思う。ここには、若くして命を落とした方たちの悲痛な思いや肉親への愛情、志半ばで諦めなければならなかった学究への無念の思いなどが綴られている。ここには高等教育を受けた若者の手記だけが集められている。他にも一般の兵士の手記もあるのだろうが、寡聞により知らない。できればそういうものも読んでみたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

他人の日記読むのは趣味じゃないけど

2015/08/31 22:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

謂わずと知れた日本戦没学生の手記です。書いた本人もまさか自分の手記がこんなに長く見ず知らずの人たちに読み継がれるとは思わなかっただろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/01 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/28 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/27 11:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/21 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/24 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/27 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/24 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/27 09:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/06 05:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/22 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/17 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む