サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鉄鼠の檻(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 134件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/826p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-181883-5
新書

紙の本

鉄鼠の檻 (講談社ノベルス 百鬼夜行シリーズ)

著者 京極 夏彦 (著)

頼豪の霊鼠と化と、世に知る所…。現代に現れた、防ぐ術もないという鉄鼠の本当の姿とは。登場以来、小説の凄みを見せつけてきた著者によるシリーズ第4作。【「TRC MARC」の...

もっと見る

鉄鼠の檻 (講談社ノベルス 百鬼夜行シリーズ)

税込 1,694 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

頼豪の霊鼠と化と、世に知る所…。現代に現れた、防ぐ術もないという鉄鼠の本当の姿とは。登場以来、小説の凄みを見せつけてきた著者によるシリーズ第4作。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー134件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

文庫は確実に読みづらいので(笑)新書がおすすめです。

2001/11/29 12:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さじまつきこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 京極4冊目。重い(物理的に…)。電車で読んでいて指を骨折したとか、座っている人の頭に落としてケガさせたとか、いろんな話題を生んだ本です。文庫はどうなるの?と思っていたら、ちゃんと1冊で、1359ページで、おまけの解説まで長い。読めるか!という代物なので(物理的に…)こちらの講談社ノベルズ版をおすすめします。読んでお気に召せば、きっと文庫版も読みたくなることでしょう。やるねえ京極先生、いろんな意味で。
 お話は、女子がキャーと言って読むにはちょっと地味めな内容です。でも箱根の冬、閉ざされた山寺の耳が凍るような静けさなど、舞台づくりは他の京極シリーズに負けていません。むしろ勝ってる。正月休みなどに読むと、ムード満点。休みはきっとつぶれるけど、おすすめします。コアなファンが多いんですよ、鉄鼠はね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お坊様の世界は複雑怪奇

2006/12/28 06:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

分厚さが約2倍にUPしていて衝撃でした。ただでさえ分厚いのに…
内容はひたすら仏教。最初から最後まで、禅やら最澄やら空海やら、私にはとんと馴染みでない話題に終始し、8割読むのが大変でした。
残りの2割で漸くお坊様の人間性や謎解きが登場し、ホッと一息。
んー、ストーリーとしては今までより普通なのですが、おどろおどろしさはある意味上を行っています。
今までで最も複雑な作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かくも妖しき雲水たち

2001/07/10 10:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 仏教好きなので冒頭の一行から期待して読んだのですが、それほどには楽しめなかった作品。

 説明ばかりが多いのはいつものこととして、実はお坊さんたちが○○だったというのはあまりにも…という感じ。いや、もしやと期待してたんでそのお約束な展開はなかなかおもしろかったんですが。
 禅問答や十牛図など、仏教の知識が多少ある人にとってはちょっと徹底が足りないような気もするし、かといって初心者にやさしいかといえばそうでもない。これなら殊能将之の『黒い仏』の方が破天荒でエンターテイメントとしては上出来かなということでこの評価に。

 関口は相変わらずで心底あきれますが、榎木津が京極堂のために一肌脱ぐところはちょっとかっこいい。しかし私は鳥口の「うへぇ」口調に爆笑してばかりだったためミステリーを読んだという気分はかなり薄いです。どうも京極夏彦はユーモア小説を書いた方が良いような気がするんですけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

坊さん

2002/06/18 18:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヲト - この投稿者のレビュー一覧を見る

仏教系の話。
坊さん出てくる出てくる…。

男色とかもあったり
他の坊さんに嫉妬したり
坊さんもいろいろ大変なんだなと思った。

仏教の専門的なこととかが沢山書いてあり
あんまり理解できないことも多々あったが
探偵・榎木津さんの登場シーンは
いつものことだけれど
スピード感があって良い。

彼の登場シーンには物凄く反応してしまう。
我儘でハイテンション、だけど説得力があり
周りのものが惹きつけられてしまう。

しかも元海軍て!
戦争中どんな上司だったのでしょう。

そんな彼や京極堂の活躍を
冷静に見ている関口(鬱の傾向にある)の語り。

仲間との掛け合いが絶妙だ。

振袖の少女・鈴がかなりミステリアス。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/06 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/04 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/05 02:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/17 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/10 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/19 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/21 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/13 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/24 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/30 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/16 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介しますノベルス ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。