サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夜の蟬(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 144件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.2
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/280p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-41302-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

夜の蟬 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)

著者 北村 薫 (著)

【日本推理作家協会賞(第44回)】【「TRC MARC」の商品解説】

夜の蟬 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)

626(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー144件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

円紫さんと私シリーズ第2作。色の魔法に魅了される。

2016/05/20 22:55

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

女子大生の私。国文科に通っている。学校の先輩に落語家の円紫さんがいる。
ある時,教授の引き合わせでインタビューをすることになった。
その時,私がなにげなく話した不思議な謎を円紫さん鮮やかに解いて
しまい,探偵と私の交流が始まる。

円紫さんと私シリーズは,「空飛ぶ馬」「夜の蝉」「秋の花」
「六の宮の姫君」「朝霧」の五作からなる。
読む順番が大事なシリーズなので,ご留意頂きたい。

デビュー後の第一作は,肩の力が入り過ぎて失敗しているパターンが
多いが,北村薫さんは大成功を収めた作家さんだと思う。
このシリーズは,五作とも個性がきちんと書き分けられていて,
どれが一番かは意見が大いに分かれている。私も大いに迷う。
せっかく書評を書くのなら,初めて北村薫さんに触れた「夜の蝉」を
紹介しようと思い,読み直してみた。

三本の連作短編だ。「朧夜の底」「六月の花嫁」「夜の蝉」。
推理部分を物語の推進力にしながら,三篇とも主人公の心がふんだんに
織り込まれている。
主人公の周りで,少しずつ時間が流れていることが,手に取るように分かる。

「夜の蝉」の作品全体を通し,主人公の女性への成長をテーマにしている
ように感じる。著者は国語教師だったから,日常的に女子高生と接していた。
その経験が随所に生かされているのかもしれない。
大学生という設定も良い。
幼さのちょっと残る主人公が,大人すぎておらず心の成長が分かりやすい。

表題作でもある三本目の「夜の蝉」が,その意味で最も印象的だ。
物語の謎は解決したのに,続く物語の紙数の多さ。
こちらが本題ではなかろうか,という気持ちになる。
普通の推理小説は,犯人逮捕で幕切れのはずだ。

主人公が姉に気付かせてもらう,人の目に映る自分。
目の醒めるような色彩感覚とともに,強烈な覚醒感が描かれている。
姉がぶっきらぼうに渡すオレンジ色のタンクトップが眩しくて仕方がない。
姉との対比が軸のため,女性への成長というテーマが思い浮かんだが,
それは大人への成長というテーマにも直結している。

「成長」というテーマは,シリーズの最後まで続く。
人生の多感な時期は,それだけで壮大なドラマということをあらためて
気付かされる。
推理小説に分類されるが,再読しても魅力は色あせない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この人の文章が好きで、少し怖い

2002/07/31 23:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HRKN - この投稿者のレビュー一覧を見る

北村氏の円紫師匠登場のシリーズ、完成度という面から言えば本作が随一ではないかと思う。あまりにも深い。ミステリに、謎の提示とその解決の驚きのみを求めるのであれば、本作が与えてくれるものは少ないかも知れない。だが、人間を愛する者、文章を愛する者にとっては本当に響き響く内容だ。謎が解かれねばならない理由、解かれることで起こる感情、それが現実感を持って迫ってくる。決して嘘臭くなく、現実離れせずに。これほどに温度を持った文章を書ける北村氏が、少し怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

姉妹って。

2015/08/29 16:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

円紫さんと私シリーズでは、一番好きな作品です。姉妹とか兄弟って、身近ではあるけれど、だからこそ難しい関係でもあり。そういうところがすごくよく表現されています。もちろん、ミステリーとしてもよくできています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

成長物語

2002/04/19 13:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

「空飛ぶ馬」につづく「円紫さんと私」シリーズ第2作。謎解きとしては前作のほうが上。なので、本書は「私」の成長物語として読むべきだろう。北村薫の味わい深い文章も読みどころのひとつ。

「朧夜の底」では、「私」の友人の正ちゃんがアルバイトをしている書店で、本の向きが逆さになるという小さな事件(というかイタズラ)が起きる。一体何のためにそんなことを?
この謎を円紫さんが解いたとき、犯人(?)の心理が浮き彫りにされる。

「六月の花嫁」そして表題作「夜の蝉」でも、メインとなる謎は人間の心理である。それはどちらかというと「悪意」ともいうべきもので、人間のダークな部分、つまり誰もが持っているであろう暗い残酷な一面が、謎として提出される。

本書が「私」の成長物語であるということはつまり、「私」が人間の悪意に触れ、それを克服することにより、少しずつ大人になっていくということ。円紫さんは、その大人の代表であり「私」を導く案内人でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内面の悪意の怖さ

2001/10/09 13:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずね - この投稿者のレビュー一覧を見る

円紫さんシリーズ第2作目です。今回も日常の身近にある謎を解き明かしていきます。前作に比べて「私」の 私小説という感じを受けました。『六月の花嫁』は読後感も爽やかでとても楽しんで読むことができました。けれど『朧夜の底』と『夜の蝉』は人の心の裏というか心の黒い部分を見たようでぞくりと少し怖い感じがしました。 1作目もそうでしたが、何度も読み返して味わいたいそんな作品だなとおもいました。

<収録作品> 「朧夜の底」・「六月の花嫁」・「夜の蝉」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「そう、その異常さが怖いのです。」

2000/12/31 17:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松内ききょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第44回日本推理作家協会賞受賞。衝撃の第一作『空飛ぶ馬』以来、性別すらわからない覆面作家だった著者が、そのベールを脱ぐきっかけになった、円紫さんと<私>シリーズ第二作。
 何気ない日常の断片を、さらりと金魚でも掬うかのように取り上げ、軽快な謎解き物語が始まる。人の情の温かさに溢れていた『空飛ぶ馬』と設定を同じくしているが、本作では<私>の友人や姉という、より身近な人々を軸に、<私>の心の緊張が痛いほどに伝わる場面も。
 温かい人達の温かい視線のなかで、人間の悪意の惨さを見せつけられるという点で、人間描写の巧みさはシリーズ中秀逸。大げさな言葉も、大がかりな状況設定も使わず、誰にでも潜んでいるはずの内面の悪魔が描かれる。文章が芸術だということを改めて感じさせられた作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『姉』の持つなまめかしさ

2002/07/13 18:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あさの - この投稿者のレビュー一覧を見る

円紫さんと女子大生の『私』シリーズ二作目。
シリーズ中、この『夜の蝉』には奇妙な色気がある。それは色気、というよりもなまめかしさ。
ホームズというよりは車椅子探偵に近い円紫さんが、不思議なくらいに『性』と隔離されているのに比べ、ここに出てくる少女──江美ちゃんや正ちゃん──とわたし、の関係がきわどく感じるのは何故だろう。そして極めつけが『姉』である。主人公と姉の関係は、恋愛関係に近い。それは幼い時にぶつけられた激しいまでの姉の感情を、どちらかというとオクテな『私』は受け止めることができず、それ以来二人の間にある、愛する者と愛される者との疎通のない思いが、かもしだす『きわどさ』だ。
『兄弟』というのは元々、一つのものを奪い合う関係として始まりを迎える。それは親の愛から始まり、やがては存在する場所や権利にまで及ぶ。『私』はつねに『姉』から侵略者として扱われた記憶から抜けられない。本の世界にのめり込むのも、姉の美貌への羨望や気後れ、とともに、『姉』と同じ世界を見ることができない、家の中の一番身近なところに『触れられない』ものがある、という緊張感からの逃避ではなかったか。それを実にさりげなく、今までのシリーズに散りばめながら、その緊張感はこの『夜の蝉』に結論を見せる。
実は姉はずっと昔に、その緊縛から放たれていたことが、最後に披露される。その瞬間に、主人公の心は、やっと怖い夢から覚めるように解放される。
夜の静寂を破る蝉の羽音。その恐怖。
主人公の眸の先の『姉』はいつも奇妙になまめかしい。それはまだクーラーで殺されていない夏の夜の空気に似ている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/20 21:26

投稿元:ブクログ

主人公の「私」と、その周りにいる正ちゃん、江美ちゃん、姉にそれぞれスポットライトを当てた三篇が収録されています。

中でも印象に残ったのは「六月の花嫁」です。白のクイーンが消えるところから始まる謎がとても繊細に描写されていて、読み終わった後にすがすがしい気持ちになりました。

また、どの篇にも言えることですが、早く先が読みたい気持ちと読み終えるのが惜しいという気持ちを同時に抱かせてくれるところがこの短編集の素敵なところだと思います。

2005/05/28 20:20

投稿元:ブクログ

北村氏の、色彩、ファッション、食べ物、そして何より女性(というより女の子)の見方・感覚。「男性」だなんてとても信じられない。ジャンルはミステリだけれど、トリックなんて気にせず何度でも読める。主人公「私」はそうありたい、でもそうなれない、美しい理想なので、読んでいてちょっぴりイタイ。

2004/09/29 16:51

投稿元:ブクログ

円紫師匠と私シリーズ第2弾
第四十四回日本推理作家協会賞受賞作品だそうです。そのことで北村さんが「男」であるということが分かったそうです。
僕は知ってから読み始めましたが、確かに、ここまで女性の機微が書けるものなのかと思ってしまいますね。

2006/01/28 17:34

投稿元:ブクログ

「私」と円紫師匠の名コンビシリーズ第二弾。言い忘れましたが、このシリーズは本格推理物です。なんてったって創元推理文庫ですから。殺人?起きない起きない。だってふつうの女子大生の日常なのだから。でも読むと「本格推理」そのものなんだなぁ。第44回日本推理作家協会賞受賞。

2005/08/11 14:18

投稿元:ブクログ

大学生の主人公の「私」と、姉がいる「私」と、友達と一緒に遊んでいる時の「私」の中に、ふとおとずれる不思議なできごとを、うまく彼女の中に受け入れられるようにしている作品。個人的には「六月の花嫁」が好き。友人が「私」に向かって謝るシーンは絶妙。

2004/11/27 18:52

投稿元:ブクログ

「わたしと円紫さん」シリーズ第2弾。立て続けに読んでしまった。

今回も 朧夜の底・六月の花嫁・夜の蝉 という3編のオムニバス。

表題作 夜の蝉 では 突込みどころのないほど完璧に美しい5歳年上の姉との間に幼い頃からずっと引かれていた一線が崩された。
語り手の「わたし」も大人の女に少しだけ近づきつつある風情が清潔な色っぽさを感じさせたりもする。あくまでも清潔に。
主役であり語り手でありながら作品中に名前すら出てこない「わたし」に 私は大いに愛しさを覚える。若さゆえの硬さ 純粋さ ちょっとしたひねくれ方などが なんとも可愛らしいのだ。

2017/02/06 22:49

投稿元:ブクログ

少しずつ「わたし」の成長を共に見ていけるような感覚が楽しい。今回も後味の悪い話もにこっと笑いたくなるような話もあり、そしてわたしと姉の関係も少し複雑だったりと。次作もすぐ読んでしまいそう。

2005/02/20 13:36

投稿元:ブクログ

「私」と円紫シリーズの第二弾で、これがデビュー作の2作目かな。覆面作家で女子大生かもって思われた作家が、この作品で日本推理作家協会賞を受賞して、立派な男性であることが分かったということです。
人にはいろんな人がいて、好きな人、嫌いな人なんて単純に分類だけでは出来ないことが多いです。一緒にいれば気を使う人、堅苦しく感じちゃう人、などなど。
このシリーズの登場人物である「私」は、少し特徴があって、好みが分かれるかもしれないけど、私自身は見ていて(小説の中で活躍する「私」を)すごく心地よい感じを持っています。その考え方やモノの見方、それが次第に成長する時間の流れ・・・
この作品が、日本推理作家協会賞を受賞したからといって、「推理」中心かといったら、そこに期待すると期待は裏切られます。もちろん、推理モノが推理ゲームであったり、トリックであるというのは、それは謎としての面白さはあるでしょうが、このシリーズは、むしろ「人」なんでしょう。人が持つ不思議な謎を、推理するのではなく楽しむ作品でしょう。
収録作品
「朧夜の底」
「六月の花嫁」
「夜の蝉」
★★★★☆

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む