サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. アジソン・ウェスレイ・パブリッシャーズ・ジャパン
  4. 人月の神話 狼人間を撃つ銀の弾はない 増訂版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人月の神話 狼人間を撃つ銀の弾はない 増訂版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

人月の神話 狼人間を撃つ銀の弾はない 増訂版 (Professional computing series)

著者 フレデリック・P・ブルックス,Jr. (著),滝沢 徹 (ほか訳)

IBM360システム及びOS/360の開発リーダーであった著者が語る開発過程における様々な問題と議論は、今なお色あせない。「ソフトウェア開発の神話」の改題。【「TRC M...

もっと見る

人月の神話 狼人間を撃つ銀の弾はない 増訂版 (Professional computing series)

3,132(税込)

ポイント :29pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

IBM360システム及びOS/360の開発リーダーであった著者が語る開発過程における様々な問題と議論は、今なお色あせない。「ソフトウェア開発の神話」の改題。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.7

評価内訳

ソフトウェア開発プロジェクトに関する古典的名著の復刊・増補版です

2002/07/27 18:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

古典的名著として非常に有名な本です。 原版の発行は1975年だが、その後20年を経て1995年に20周年記念増訂版として再刊されています。

最後に新しく1つ章が追加され、著者自身が20年の間に何が変わって何が変わっていないのか、20年前の議論で何が正しくて何が誤っていたのかを振り返っています。

設計全体の統一性の重要性をはじめ、今もなお重要で行き続けている内容で、あまり最近では語られていないため、新鮮味すら感じる部分もあります。ソフトウェア開発とは、また、開発プロジェクトとはどういうものなのか、その根本にあるものを考える上で役立つのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

狼男を撃つ銀の弾丸は無い──『人月の神話』復刊現実的な人間を含んだ,ソフトウェア開発論の出発点

2001/08/16 16:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:水城徹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『人月の神話』について,本来なら説明はもう要らない筈である。

何故なら,この本は,元はと言えば四半世紀前に出たものだからだ。 “狼男を撃つ銀の弾丸は無い”という有名なセリフも,著者が論じてから,もう二十五年が経った。

しかし,現実には,『納期がヤバいという時期になってマネージャーが増員したけど,来たのは新人で,教育の手間がプロジェクトを更にデンジャーに』とか,『コンサルタントに騙された上司が導入した新開発ツールのせいで現場発狂』というのは、未だに良くある話である。

そういうデスマーチ感溢れる状況に覚えがあるなら,『人月の神話』を読んでおいたほうがいい。

また,流行りのエクストリームプログラミングに浮かれる向きも必読だ。『日経雑誌に載っていたから』と周囲に信仰じみた害毒を撒き散らす前に,本書を読むべきである。全ての問題を解決する魔法,『狼男を撃つ銀の弾丸』は無いのだから。

会社での仕事のような,組織的なソフトウェア開発には,人間関係やドキュメントなどの政治的,官僚的な側面が必ず忍び寄ってくる。実のところそれは,とても大きな部分だ。そして,避ければ避けるほど,貴方は最悪な環境,システムを掴まされることになるだろう。

プログラマーはグループ,チーム,メンバの役割や技量,コミュニケーションのような政治的な部分に,自覚して注意を払うべきなのだ。ドキュメントの質とバージョンに考慮を払うべきなのだ。特に,プロジェクトをまとめる立場になったら,しっかりと考えて欲しい。

本書は,その出発点として最適である。なぜなら,本書こそ,現実的な人間を含んだ,ソフトウェア開発論の出発点だったのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/30 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/22 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/27 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/24 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/11 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/29 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/28 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/20 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/03 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/02 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/11 08:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/22 09:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/01 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る