サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社選書メチエ
  • サイズ:19cm/242p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-258073-X

紙の本

暗号 ポストモダンの情報セキュリティ (講談社選書メチエ)

著者 辻井 重男 (著)

【大川出版賞(第5回)】社会の変革とともに変わる暗号。「秘匿」と「認証」を担う電子空間の革命が起こした現代の暗号は、鍵・アルゴリズムを公開してもなぜ解読されないのか。魅力...

もっと見る

暗号 ポストモダンの情報セキュリティ (講談社選書メチエ)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【大川出版賞(第5回)】社会の変革とともに変わる暗号。「秘匿」と「認証」を担う電子空間の革命が起こした現代の暗号は、鍵・アルゴリズムを公開してもなぜ解読されないのか。魅力的な暗号の世界へ誘う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

辻井 重男

略歴
〈辻井重男〉1933年生まれ。東京工業大学卒業。工学博士。東京工業大学教授を経て、現在、中央大学理工学部教授。専門は情報通信システム、暗号理論など。著書に「暗号と情報セキュリティ」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「公開鍵暗号」を知らずに現代社会を生きることはできない

2001/02/17 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 著者によれば、古来、暗号は「秘匿」を目的としてきたが、現代の暗号はさらに「認証」(署名、相手確認、情報が改竄されていないことの証明等)の機能をもつ。そのために発想されたのが「公開鍵暗号」という奇想天外ともいえる概念で、これは人類が二千年以上にわたって使用してきた古典的・近代的な暗号システム(共通鍵暗号)の概念を覆えす画期的なものであった。

《一人のユーザーが、公開鍵と秘密鍵の二種類を用意し、公開鍵はすべてのユーザーに公開して、どのユーザーにも、その公開鍵で、自分宛の暗号文を作成してもらうのである。届いた暗号文を平文に戻す(復号する)には自分だけが秘密保管する暗号鍵を使う。》

 ここで、ある公開鍵で作成した暗号文はこれと対になる秘密鍵でのみ復号化でき、またある秘密鍵で作成した暗号文はこれと対になる公開鍵でのみ復号化できるのであって、これが公開鍵暗号の「秘匿」機能の仕組である。いま一つの「認証」機能の方は、たとえば次のような手順で果たされる。

 AがBに署名付の親展メールを送信する方法。Aはまず自分の秘密鍵を使って平文を暗号化し、さらにBの公開鍵を使って暗号化する。この二重に暗号化されたメールを受け取ったBは、まず自分の秘密鍵を使って復号化し、さらにAの公開鍵を使って復号化し、平文を復元=解読する。

 この暗号システムには、意識と無意識、表現と解読、自己と他者の錯綜した関係を解明する(利用可能なものとする)文法のようなものが潜んでいる。ただし、ここでいう「文法」は、ある一組の公開鍵と秘密鍵を作製するアルゴリズムとはまったく異なるものである。

 ──現代社会で生きていくうえで、それが実際面であれ観念世界であれ、暗号のこと、とりわけ「公開鍵暗号」への深い洞察が欠かせない。私はそう思う。本書はその有益な入門書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。