サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 自閉症とアスペルガー症候群

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自閉症とアスペルガー症候群
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.5
  • 出版社: 東京書籍
  • サイズ:20cm/461p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-487-76159-X
  • 国内送料無料

紙の本

自閉症とアスペルガー症候群

著者 ウタ・フリス (編著),富田 真紀 (訳)

自閉症と同様の欠陥をもちながら、知的に非常に高く、特異な技能をもつアスペルガー症候群。この領域の主要な専門家が、診断基準に検討を加え、臨床経験を踏まえたケース研究をまじえ...

もっと見る

自閉症とアスペルガー症候群

4,428(税込)

ポイント :41pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自閉症と同様の欠陥をもちながら、知的に非常に高く、特異な技能をもつアスペルガー症候群。この領域の主要な専門家が、診断基準に検討を加え、臨床経験を踏まえたケース研究をまじえながら、見解を述べる。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アスペルガー症候群をより深く理解するための格好な概論書です。

2007/05/15 15:34

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:緑龍館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アスペルガー症候群の位置づけに関しては、自閉症とは別途のカテゴリーのものとして見たり、あるいは自閉症の一種であるとはしても高機能自閉症の一種としてみるか、それとは別の実体として捉えるか、など研究者の間ではいろいろ異論があるようですが、本書はアスペルガー症候群を自閉症スペクトルの一形態として捉えている研究者たちによる論文集です。
 全7章で各々別々の研究者が執筆する構成となっていますが、それぞれの章がアスペルガー症候群の簡略な概要、カナーの古典的自閉症との比較、家族研究による遺伝性の考察、成人期の症例、アスペルガー症候群であるかの判断基準となるテストの実例や社会生活を営むための対処法、アスペルガー症候群の成人による自伝作品の分析を通したコミュニケーション障害の分析など、主要なテーマに関して論じているため、アスペルガー症候群に関して興味のあるひとがこれをより深く理解するための格好な概論書となっています。編著者であるウタ・フリスをはじめ、ローナ・ウィングやクリストファー・ギンズバーグ、ディグビー・タンタム、マーガレット・デューイなど各章の著者は、第一線の研究者だそうですが、特に『アスペルガー症候群』発見の端緒となったハンス・アスペルガー自身による原論文(1944年)の貴重な全訳が第二章として紹介されています。既に60年以上前、第二次世界大戦中に書かれたこの論文は、門外漢の私にとっても非常に興味深いものでした。専門の研究者による論文集ではありますが、アスペルガー症候群に関する基本的な初歩知識さえあれば、素人にとっても読み通すのが難しい本ではありません。各章ともに色々な具体症例が紹介されているのも、それを助けてくれます。各々の研究者により個々の部分で見解の相違があるのは当然のことですが、そのため読み進めながら若干の注意を傾ける必要があります。従って本書はひとつの立場からの通論や個々の見解を比較紹介した概論ではありませんが、却ってこの症候群の実態把握や研究が直面している処々の問題をヴィヴィッドに感じさせてくれます。
 第7章では、現代において最も社会的に成功したアスペルガー症候群のひとりとして知られているテンプル・グランディンの自伝を題材として、コミュニケーション障害の分析が試みられていますが、これは非常に興味深く読みました。この章で簡単に紹介されているスペルベルとウィルソンによるコミュニケーションの『関わりあい理論』(関係性理論)に関しては、近いうちに他の本でもっと調べてみようと思っています。
 映画『レインマン』の影響もあってか、日本ではアスペルガー症候群やサヴァン症に関する好意的な興味が一般的であったような気もしますが、最近ではなぜかアスペルガーと社会的犯罪との係わりがマスコミなどでクローズアップされることが多いようです。これは非常に歪められた報道の一例であり、注意しなければいけません。アスペルガー症候群と犯罪性は全く何の関係も無く、アスペルガーの人たちは一般的に通常人以上に非常に順法精神に富んでいる(というよりも何が何でも決められた規則を守る傾向がある)ということは、研究者の意見が一致するところです。
→緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/06 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

子どもの病気 ランキング

子どもの病気のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む