サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 東福門院和子の涙

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東福門院和子の涙(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/529p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-263322-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

東福門院和子の涙 (講談社文庫)

著者 宮尾 登美子 (著)

東福門院和子の涙 (講談社文庫)

843(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

東福門院和子の涙

702(税込)

東福門院和子の涙

ポイント :6pt / 紙の本より141おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

史上初の武家出身の国母

2002/07/30 15:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふーみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

徳川2代将軍の娘和子が朝廷に嫁ぎ「稀なる福運の姫君」と称えられた生涯を描いた歴史小説です。

自らの苦悩は決して語らない女性であったということを前提にしているので、和子に生涯側近く侍った「ゆき」という女性が語り部として登場しています。和子がこの世に登場するまでの背景もしっかり描かれているので話に入りやすく、本当に「ゆき」の話を小さな庵で聞いているような感覚を覚えます。

今の時代にも民間から皇室に嫁ぐことは大変な苦労をするだろうという感覚がありますが、その当時の朝廷の反感は(とくに女官ら)もっと大きいものであり、武家のお姫様が大歓迎で迎えられたわけではないことは容易に分かります。

その中で幾人かの皇子、皇女を生み国母と呼ばれ女性の栄華を極めたと言われながらも果たして幸せだったかどうか・・・夫たるべき天皇の御子をほかの女性からお生まれるのを幾人も眺めるしかないことに和子も涙を流したに違いないであろう。

大きな歴史的役割を果たしながらも、女性の悲しさが身にしみる小説でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/08 23:45

投稿元:ブクログ

史上初、武家から朝廷に入内した徳川家の和子姫の物語。和子姫はお市の方の孫にあたる。生涯姫に仕えた侍女の回顧して語る口調になっていて、ちょっと読みにくく感じたが、読み始めると面白くてどんどん入っていけた。姫は才能豊かで美しいにもかかわらず、帝付きの女房達には、女御扱いされず、侮られているところなど、むかっ腹が立つ。でも、徳川家の圧力も相当なものだったようなので、無理も無いかも・・。皇族側から見た話も読んでみたい。

2008/09/15 22:18

投稿元:ブクログ


片や武家から天皇の皇后になり、自らが生んだ娘が
女帝となった和子さま。

もう一人は、民間から皇太子妃となられた雅子さま。

この二人のまさこさまを見ていると、娘にしか恵まれず、

別世界ともいえる皇室の世界で苦悩されている点が

共通していると思うのはわたしだけでしょうか?

2011/11/15 14:30

投稿元:ブクログ

大河ドラマのお江さんの末娘の和子さんの物語。大河ドラマ「江」には最終回に登場しましたね。女帝 明正天皇のお母さん。途中読むの挫折したけどなんとか読みきる。系譜図は前にもってきてほしかったな。

2009/09/19 11:28

投稿元:ブクログ

徳川幕府で唯一朝廷に嫁いだ和子。
その人生をえがいたものであるが、
感想。。。女って悲しいなあ、というのが一番。

篤姫でもそうだったけど、貴族と武士、というのは相容れないのかな、
と思った。

2011/06/11 02:30

投稿元:ブクログ

日本史が大の苦手で、歴史小説を完読できたためしがないにもかかわらず、この本は頁をめくる手が止まらない勢いで読みすすむことができた。その意味で記念すべき☆5つ。

今まさに大河で上野樹里ちゃんが演じているお江の娘であり、徳川家から皇室に嫁いだ和子(まさこ)の生涯を、侍女であるゆきの語りとして描かれている。江戸と京都、武家と皇族という全く異なる文化の中で、時代に翻弄されながらも凛と生き抜く和子のすがすがしさ、そしてもちろんついてくるのは大奥系女性のドロドロ人間関係。先述したように、歴史が全く苦手でこの時代に関する知識が皆無に等しかったのだけれど、ゆきという個人の目から見た私小説の形をとっているとはいえ、当時の文化や風習、女性の生きざまなどがリアルに伝わってきてとっても興味深い、おもしろい。この時代の人たちは、歳幼くして自らのさだめを負い、責任感を持ってそれを果たそうとするのだなぁと感心してしまう。なかなかわからない言葉も時折あり、検索しながらも一気読みしてしまいました。歴史は苦手、歴史小説はちょっとね・・・という方にもぜひ手に取っていただきたい一冊。

2012/06/28 12:04

投稿元:ブクログ

本題に入る前がかなり長い。挫折しそうになったけど、なんとか読了!!

本題は、和子様の人知れず流した涙がいかに多く、后ゆえの苦労や苦悩がどれだけ多かったのか。
華やかでラッキーなお姫様というのは表面の表面に過ぎないことなどが、語り口調で書かれていた。
どれだけ史実なのかはわからないけれど、和子様が感じた悲しさや苦しさはこの本で書かれた以上にあっただろうということは想像に難くない。

昔の女性の一生は、どんな立場の人であれ、切なく風で舞う木の葉のようなものだと思った。

2009/09/06 21:44

投稿元:ブクログ

武家の生まれながら禁裏に嫁いで行く女性の話

血筋を守るために他の女性の腹を借りなければならないことを
認めなければならない

表向きには涙を流すことを自分に許していない女性が
どのように 涙を流していたのか・・・

あまりに切なく悲しいお話でした

2011/01/12 03:12

投稿元:ブクログ

苦しかった

歴史小説って こうなのかなぁ

男と女って何?

...子が生める女に生まれたことを 幸せに思えばいいのかなぁ...
うん
そうだ‼そうしよう!

でも 私 もう そんな歳じゃないなぁ...

ならば、どう生かすか...うぅ〜む...

2012/12/13 13:13

投稿元:ブクログ

正直期待外れ。天璋院篤姫が面白すぎたのかも。終始ですます調の語り文はやはり冗長だし余計な主観が入りすぎて読みづらい。好きな歴史物なのに最後まで物語に入っていけなかった。

2011/08/22 09:29

投稿元:ブクログ

漸く読み終わりました。
歴史物は得意では無いかもと再認識しながらで、かなり時間を使ってしまいました。
しかし、もしかしたら歴史物と言う事を差し引いても、この本の書かれ方自体に起因するかもしれません。
和子の生涯を侍女が語る形式なのですが、これが侍女なだけに簡潔ではなく、行きつ戻りつします。
取り敢えず、読了と言う事で。。。

2010/09/27 23:38

投稿元:ブクログ

忙しかったのもあったけれど、数ページ読むとバタンと寝てしまう日々が続き、なんだかんだ1週間もかかってしまった。が、あまり書かれた事のない歴史的人物の話に非常に興味そそられたし、たまたま図書館からの本も来ないために腰を据えてじっくり読む事も出来た。

2010/11/19 21:58

投稿元:ブクログ

和子姫のお側付きの女性の語り、という形式をとって
書かれた作品。
なので 和子姫の心情は 「ゆき」という女性が察したものと
なっているが それが 思いのほか ラストまで読んでいて
もどかしく思えた。
しかも お輿入れのあたりまでのストーリーが冗漫で
宮家へ入ったあとの和子姫の人生が 割と軽く流されている感じで
物足りなさも覚えた。
コレ・・大河ドラマになったら 脚本家は苦労するんだろぅな。(笑)

2011/01/21 15:50

投稿元:ブクログ

東福門院は徳川家光の末妹で、天皇家に嫁し、中宮になった人だ。天皇には回りにお世話する女性が沢山いて、男子が他の女性からも産まれるのだが、将軍家が次の天皇の親戚にならないと意味が無いので、こっそり殺される。恐ろしい話だ。東福門院は6人子供を産むが2人だけが男子だが成長するまで亡くなったので、女性が天皇になる。
平成天皇のお孫さんも皇太子には愛子様しかいないので、次の天皇が誰になるか、秋篠宮様の長男がなるか、これから話題になると思う。

2011/10/15 20:04

投稿元:ブクログ

再読。
やっぱり・・・同じ宮尾登美子作品でも
天璋院篤姫のほうが好き。
もう少し話に厚みがあるとよかったな~
説明文みたいに感じてしまったので
今一つ感情移入できなかった
初読みの時と感想変わらず・・・