サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

インド建築案内
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.9
  • 出版社: TOTO出版
  • サイズ:26cm/573p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88706-141-2
  • 国内送料無料

紙の本

インド建築案内

著者 神谷 武夫 (著・写真)

古代から現代に至るまで、華麗なインド建築を訪ねる旅。インドを北から南へ歩き、612の建築をカラー写真で紹介。都市地図、交通・宿泊情報も加えたガイドブック。【「TRC MA...

もっと見る

インド建築案内

2,935(税込)

ポイント :27pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代から現代に至るまで、華麗なインド建築を訪ねる旅。インドを北から南へ歩き、612の建築をカラー写真で紹介。都市地図、交通・宿泊情報も加えたガイドブック。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/08/23 14:27

投稿元:ブクログ

資料としてかなり最高です!
フルカラー写真で、解説も分かりやすいです。
見てるだけで楽しいし、インド行きたくなってきました。

2005/09/04 17:37

投稿元:ブクログ

”インド建築案内”という本を知っていますか?
インドの278の都市・村における612の寺院の事細かい説明と
それに付属した華美にならない案内写真集です。

この本のすごいところは
普通の写真集ではないというところ。
インドの詳しいガイドブックになってることろ。
写真がぜんぜん華美じゃないというところ。
この3つです。
インドを北・東・西・中・南の地域として大きく区分して
またその区分中を州で分類 あのでっかいインドにある寺院を こうも細かく歩いて調べる事って
不可能だとおもってました。
それをこの本の神谷さんは やっちゃってます。
それだけじゃないんです
建物名 建設年代 設計者名 建築様式と
完璧な分類と街や道の解説と地図もちゃんとついてます。
本の最後に索引までつけちゃって辞書並みです。 完璧です。

一般でしられてる街や寺院はもちろん
全然しられてない寺院まで網羅されてます。
実際にインドにいるみたいに感じます
写真が華美じゃないってのは 狙った写真は全く載って無いって事です
写真家さんって 写真集の為に写真撮って 本にする事よりも
そのとき撮れた狙った写真が、あきらかに狙い撃ちできて
あとから本にする事を重要視して選んでいくとおもうんだけど
この神谷さんの写真集のポイントは自分の為の資料用の写真。
構図やモチーフに頼りすぎない 遺跡や寺院の構成をこわさない写真を撮って来てる
ってところ
ここまで徹底して 調査して撮ってくる写真家さんがいるなんて!
正直驚愕。

仕事に行き詰まって
生きるのに生き詰まって
なにもかもする気力が出ない人に特にオススメです。
パラパラとページをめくるだけで さっきまでなんにも興味がわかなかったのに
急に寺院のバランスやレリーフに吸い込まれてい…
かるくインド旅行に出かけた気分になれます
それもスペシャルガイド付きで。
読み終わる事にはお腹も減って 適度にカレーが食べたくなってるでしょう
さっきまで生き詰まっていた自分は何処へやら
腹が減ったってことは 現実であって
現実に直面するぐらいの気力が出たってことになるでしょう(笑)

あ!いっとくけど 忙しい人は見ないで
見るとなにも手がつけられなくなくなるほど魅惑的ですから。
1ページみたら 2ページ 3ページ… ページをめくる手がとまらなくなるよー
本を手にとっちゃダメです。
表紙だけでも 虜になってしまいますよ。
それほど危ない魅力満載の写真集(笑)

追伸:
インドの人って毎日カレー食ってるイメージあるでしょう?
でも実は…
毎日カレー食ってるらしいです。(byディレクターさんネタ)
やっぱりね。
やっぱり そうなのね。
そうだとおもった(笑)

2007/12/30 23:22

投稿元:ブクログ

建築MAPと同じシリーズだと思われる。とはいってもこちらは詳しい地図が載っているわけではなく、インドの建築をたくさん紹介しているもの。有名なものからこんなものもあるんだと思われるものまで。見ごたえもあるし読みごたえもあります。
2007/12/16

2007/03/07 23:43

投稿元:ブクログ

The Guide to the Architecture of the Indian Subcontinent.

全575ページにわたって、古今東西インド中の建築物を紹介する、案内書というよりも事典です。287の都市や村における612の建築物…。1800枚の写真。300枚の地図と図面…。

インドの建築物に魅了された著者が、20年にわたり旅行や取材を繰り返し集積した知識が詰まりに詰まっています。圧巻!

恐ろしくお腹いっぱいになる一冊です☆

2013/07/21 08:58

投稿元:ブクログ

この本の素晴らしいところは、写真と説明文の良さだけではなく、時に平面図や断面図を載せているところだ。
建築物の美しさを外から中(構成)から知ることができる。
インド旅行時の事前学習・ガイドブックとして、大いに活用させてもらった。

2008/05/14 12:10

投稿元:ブクログ

かなり面白い資料です。建築のノウハウではく、装飾の作り込みに圧巻されました。インド中の建物がみられます。

2009/06/07 23:30

投稿元:ブクログ

デリー、ムンバイ、バンガロールやらのインドでたずねたことがある建物が紹介されているが、まだほとんど(90%以上)は行ったことがない。
カシミールのボートハウスなんて懐かしい。今でも平和なのかな。写真見たら思い出した。

2010/03/16 18:44

投稿元:ブクログ

インドに住んでいる建築家、建築史専門家がなし得なかったことを、日本人がやってくれました!建築物の説明だけでなく、インドの風習・宗教観もまじえ、沢山の写真が乗っている本書は、何度読んでも飽きません。

建築 ランキング

建築のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む