サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

翔泳社祭2019 全品ポイント10倍 ~4/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

惑星カレスの魔女(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.11
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/429p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-70801-3
文庫

紙の本

惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)

著者 ジェイムズ・H・シュミッツ (著),鎌田 三平 (訳)

商業宇宙船のパウサート船長は、ひとの揉め事に首を突っ込み、ついつい幼い奴隷三姉妹を助けてしまったのが運のつき。よりによって惑星カレスから来た魔女だったとは! 禁断の星と接...

もっと見る

惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)

税込 950 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

商業宇宙船のパウサート船長は、ひとの揉め事に首を突っ込み、ついつい幼い奴隷三姉妹を助けてしまったのが運のつき。よりによって惑星カレスから来た魔女だったとは! 禁断の星と接触したせいで恋人も故郷も失い……行き場をなくした船長が、ちび魔女三姉妹とともに巻き起こす、銀河系規模の大騒動! ユーモア溢れるスペース・オペラ。解説=米村秀雄【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

それは、彼にとっては偶然だけど、彼女にとっては必然だった。

2006/03/28 16:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くらげ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 厄介者を押し付けられた船長
 自分のしでかした失敗のために押し付けられた仕事をこなし、婚約者の待つ惑星へ帰ろうとしていたパウサート。ひとつの惑星に寄った時、少女を助けてしまったことにより、パウサートはひとつの小さな、そして世界を揺るがすような厄介ごとに首をつっこんでしまう。
 魔女であること以外にはただの10歳の少女であるゴスと、細かいことに気配りの利く船長のパウサート。バランスの取れた二人組の、ジェットコースターストーリー。
 普通だけれどもちょっと違う。
 物語に出てくる誰もが、その世界にとっての常識で動いていて、その法に従うべく行動を起こしている。魔女であるゴスは魔女として、船長であるパウサートは一人の宇宙船乗りとして。
 ストーリーにも、キャラクターにも、出てくる全てのものは、今から見ればどこにでもありふれたものである。だからこそ、この作品は面白いのである。
「私が結婚適齢期になる寸前までよ!」
 ゴスが言ったこの言葉を、パウサートが違う解釈の取り方をして使うのは、一体何時になるのやら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

隠れた名作家の残した今でも入手できる唯一の作品

2005/05/16 21:32

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者のシュミッツ氏は寡作な作家で1981年に亡くなっています。
好きな作家なんですが、あまりに作品が少なくて、、、。
この作品も亡くなって6年後に日本で出版されました。

表紙が宮崎駿氏のイラストで有名なんですが、内容は負けず劣らず冒険活劇しています。
カレスの3姉妹(マリーン、ゴス、ザ・リーウィット)は可愛いけれどトラブルメーカーだし(頼りになるけど)
パウサート船長は性格は前向きで頼りになるし、脇役たちは個性的で面白いし、、、。
魔法?用語が分かり難いんですが、それ以上に物語がサクサク進むのでのめり込んでいきます。

作者のシュミッツ氏は本当に寡作で長編を数冊残しただけです。
そのほとんどが入手困難なだけにとても残念ですね。
わずか十数年しか作家活動していませんでしたが大きな影響を与えたようです。
この作品を気に入ったなら探してでも読んでほしい作品ばかりです。
ちなみに最初に出版された新潮文庫版は内容はまったく同じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スペース・オペラとSFの幸せな融合

2006/01/31 17:43

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tujigiri - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の画像をよく見てみてください。
そうです。小さくてわかりにくいんですが、あの宮崎駿のイラストなんです。
最初に告白すると、この本を読んでみる気になったのも、ひとえにこのイラストのせいでした(笑)。
なので、正直あまり期待していなかったんですが、これが滅法おもしろい。
読み終えてみると、宮崎駿が仕事を請け負った理由がわかりました。
それはなにか。
主要人物の女の子が、すごく活き活きとしているからなのです。
よく知られているように、宮崎駿は活発な少女を創作のテーマにしています。
男の論理に支配された世界で溌剌と、あるいは気丈に立ち振る舞う女の子。
この小説に出てくる魔女「ゴス」は、そんな宮崎駿の琴線に触れたのでしょう。
本書は、宮崎作品に通じる、どこかファンタジックで牧歌的な物語世界が堪能できる傑作冒険SFです。
物語は、陰謀によって辺境の星を追放され、すべてを失ったパウサート船長が、あれよあれよという間に奴隷の3姉妹を買い取るハメとなり、彼女たちを故郷に送り届けるシーンから始まります。
しかしこの奇妙な少女たちの正体は、宇宙中で畏怖されている「惑星カレスの魔女」だったのです。
マリーン、ゴス、ザ・リーウィットのおしゃまな3姉妹は、魔女(ウィッチ)の名にふさわしく、それぞれが幾つかの特殊能力を持っていました。
なかでもカレスが開発した超高速航法「シーウォッシュ・ドライブ」は、これまで知られていたどの駆動システムよりも強力で、そのうわさを聞きつけた人間が次々とパウサート船長のベンチャー号を付け狙うようになります。
3姉妹の手ほどきによって自身に眠る魔法能力を開花させていくパウサートは、惑星カレス訪問後、ただひとり船に残ったゴスとともに、貿易商人として第2の人生をスタートさせます。
一方でカレスのウィッチたちは別次元から現れた虫世界と闘っており、運命に導かれたパウサートとゴスは、ウィッチにだけ感知できる自然霊的存在ヴァッチの干渉に悩まされながら、謎の虫世界と帝国の軍事スパイの2種類の敵を向こうに回して、生き馬の目を抜くような宇宙を駆け抜けていきます。
シンプルな伏線と、予想外に深い魔法概念がストーリーをグイグイと引っ張っていき、冒頭の低調さから懸念された悪い予感を陽気に払拭してくれるこの小説、解説によると著者のシュミッツはアシモフやクラークの影にかくれてしまい、日本ではなかなか紹介されなかった不運な作家なのだそうですが、SFの権威ヒューゴー賞にノミネートされたこともある実力派作家とのこと。
眉根にしわを寄せず、気楽に楽しめる冒険SFだと思います。
登場人物はどれも魅力的だし、とにかく話のテンポがいい。
小難しいことはなしで胸おどる物語が読みたい、という方には本書を大プッシュします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハウルからカレス

2004/11/24 06:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バウム - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮崎駿氏の映画「ハウルの動く城」が大ヒットらしい。
いや、どっちかという予想通りの大ヒット。
宮崎駿氏の映画は、その舞台が、現在ではない(紅の豚)、ありそうだけど存在しない(千と千尋〜)、あるいは、もしかしたらあったかもしれない(魔女の宅〜)世界、つまりファンタジー。主人公(あるいは、主人公の一人)が女性(女の子)。冒険がある。空を飛ぶ。という条件を満たしている時は、まず確実にクリーンヒットになってると思う。
だから、今回も、見に行くのが楽しみです。
で、「惑星カレスの魔女」です。
表紙が宮崎駿氏のイラストで、中身も宮崎駿氏の映画にしたらヒット間違いなしの条件をそろえてるんです(ま、舞台を宇宙から海洋に置き換えないとだめだけど)。
宮崎駿さん、次回作には是非、これを(気が早すぎ)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たのしい冒険譚

2002/07/02 04:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんどんエスカレートする事態、次々あらわれる強敵と襲いかかる窮地。それを知恵と度胸と意外な力でどんと片づけていく。小気味良いスペースオペラ。

いまだとライトノベル系のお手本ともなる作品ですね。まあ原作は1966年、最初に翻訳されたのも1987年。実際これに感銘を受け影響を受けた作家も多いのではないでしょうか。
シリーズでずるずると展開するような話と違い、一冊で大きく事態が動いて展開して行きます。最近の小説だと、これ一冊のネタで十数冊は書いてしまうんじゃあないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/15 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/29 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/02 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/28 04:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/26 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/18 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/26 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/08 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/07 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。