サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

武器事典
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.12
  • 出版社: 新紀元社
  • サイズ:21cm/358p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88317-279-1
  • 国内送料無料

紙の本

武器事典

著者 市川 定春 (著)

古今東西の歴史上に登場した武器(古代から中世以降まで)をイラスト付きで解説する画期的な事典。見開き武器4点の共通レイアウトを基本にし、種別、時代、地域の順に紹介。項目総数...

もっと見る

武器事典

2,621(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古今東西の歴史上に登場した武器(古代から中世以降まで)をイラスト付きで解説する画期的な事典。見開き武器4点の共通レイアウトを基本にし、種別、時代、地域の順に紹介。項目総数600点収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

市川 定春

略歴
〈市川定春〉1963年生まれ。著書に「武勲の刃」「幻の戦士たち」など。神奈川県在住。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本当は教えたくないノベルマテリアル

2006/01/15 09:37

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Rista - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジャンル小説、とくにファンタジーや歴史モノの小説を書いていると武器を登場は殆ど必然となります。
しかし、これらの武器の詳細に知っている人は、マニアか専門家を除いていないでしょう。
これを知らずに、小説内で「ブロード・ソードで斬りつけた。」などと描写しても現実味がないのは言うまでもありません。
小説において「リアルティ」のある世界観を構築するのは当然です。
その為にもこのようなアイテムや武器の情報は大事なのです。
また、武器を扱った戦闘、武器の売買や戦争などを描く際には武器の資料は「必須」ともいえるでしょう。
本書では、刀剣、短剣、長柄、打撃、射出、投擲、特殊、兵器の順に計8種類に分類された武器、項目総数600点が掲載されています。
また、長さ、重さ、年代、地域他、全点イラストと詳しい解説付きで紹介されています。
詳細事項には背景となる歴史や使用民族などの関連情報が書かれているので、武器説明の際にもリアリティを持たせ易くすることができます。
またこの本は類書があまりないため、資料本として使う方だけでなくマニアの方にもオススメできると思います。
さて、以上の文を読み終え、武器を扱った世界観にリアリティを出したいという方は是非手にとってみてください。
ジャンル小説を書く上で損はないですよd(−−)
また本書を読むことで、RPGやオンラインゲームで使われていた武器の情報の真偽がハッキリと分かります。
以外に多いですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/14 13:30

投稿元:ブクログ

マニア向け事典。必要の無い人には一生縁がない事典です。カテゴリ別の部位名称もあり、武器研究者、ファンタジーにリアルを求める人にはたまらないのでは。

2005/07/13 17:38

投稿元:ブクログ

古くは、人類が最初に武器として用いたとされている「クラブ」から、最も新しいもので19世紀ヨーロッパの「パーカッションロックガン」まで、東西南北600点の武器を網羅した本です。
一つ一つの形状、用途、時代背景をイラストと共に掲載してあるので、小説などの創作物にリアリティを追求する時は役立ちます。
RPGなどのゲームが好きな人は、その武器達の由来を知ることが出来たりして、読んでいるだけでも楽しいかもしれません。
武器を構成する部品の名称や、射出兵器の射程距離を書いたページ以外は、本当に「武器とその特徴を並べ立てているだけ」で、工夫というものは皆無ですが、インターネットによって容易に調べ物が出来る昨今において、マニアックな武器も取り入れ、独自の情報も提供してくれる本書は資料として秀逸です。

2005/08/17 21:46

投稿元:ブクログ

画像あったんだぁ…(笑)
ファンタジーで戦闘とか書くとき非常に便利な一冊。お気に入り。種類別でアイウエオ順の紹介。使用法外見だけではなく、歴史も交えた紹介等、読んでるだけで楽しかったりします。私は。

2005/12/16 00:07

投稿元:ブクログ

ゲーム製作用の資料その1。古今東西の武器を系統別にイラスト入りで解説しています。紹介されている武器の種類も相当数に及ぶので、ファンタジーものの創作をしている人には重宝すると思いますよ。

2006/07/23 17:02

投稿元:ブクログ

古代の神話に登場するような伝説の武器から近代の兵器に至るまで、武器の図とサイズ、特徴に渡って丁寧に解説されています。武器の種類の豊富さと読み応えに満足できます。

2008/11/05 15:27

投稿元:ブクログ

TIF事典シリーズの第1弾です。
形式として、一番「事典」らしいのかも知れない。見開きで、4つづつ紹介。「刀剣」「短剣」「長柄」「打撃」「射出」「投擲」「特殊」「兵器」渡航も区分けされ、それぞれ50音順に紹介。イラストが下部に横長に書かれ、長さ・使われた時代・地域・重さ・英文表記などが載っています。見開き使っているとはいえ、4つづつ紹介のため、テキスト量はそう多くはありません。使い方や歴史背景をあっさり紹介している程度。武具の細かい部署名などは、コラムのページに多少詳しいです。

とはいえ、ファンタジー小説やイラストを描く分には、十分な資料だと思います。もっと詳しく知りたい場合は、TIFシリーズの武器系を読めばいいわけですし・笑

2008/02/09 00:06

投稿元:ブクログ

その名の通り、いろいろな武器の事典です。一つ一つのイラストが載っているので、形状のわかりやすさでは一番です。長さや重さも書かれていて、その武器を手にした時の感覚も掴みやすいです。

2008/06/26 14:03

投稿元:ブクログ

古代から近世にかけて存在した武器を紹介した本です。
掲載数は600点で、「刀剣」「短剣」「長柄」「打撃」「射出」「投擲」「特殊」「兵器」と言う分類に区分されて載っています。
イラスト付きで各アイテムのデータとして「長さ」「重さ」「年代」「地域」も載っています。

2009/06/12 23:43

投稿元:ブクログ

古今東西、様々な武器が紹介されている本。全編白黒。
時代は古代(一部神話時代のも)から近世まで、
地域はヨーロッパ圏多めですが、アジアやアフリカなどのものも載っています。
中は刀剣、長柄、など形状ごとにカテゴリ分けされています。
それぞれに簡単なイラストと、時代、地域、長さ、重さなどのデータ、
武器についての解説が書かれています。
トラップ系や隠し武器、兵器等も載ってるのが面白いです。

2014/12/01 17:36

投稿元:ブクログ

ゴロゴロしながら読むのに最適です。古今東西の武器が紹介されています。
あいうえお順で書かれているので時代も地域もばらばらな武器が同じページに並べられていてとても楽しいです。

国防・軍事 ランキング

国防・軍事のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む