サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 街道をゆく 2 韓のくに紀行

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

街道をゆく 2 韓のくに紀行
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1978
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:15cm/276p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-02-260172-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

街道をゆく 2 韓のくに紀行 (朝日文芸文庫)

著者 司馬 遼太郎 (著)

街道をゆく 2 韓のくに紀行 (朝日文芸文庫)

540(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/10/25 16:39

投稿元:ブクログ

シリーズの中でもお気に入り!

これを読んで扶余へ行った。
といっても過言ではない。


ホテルでマッサージを頼み、不当な金額を請求された時に
「わが敬愛する朝鮮民族よ」とつぶやいた、という記述に司馬さんのこの国への愛情や敬意を感じた。

私は慶州の遺跡大好きなんだけど、司馬さんは百済派なんですね。


2010/04/18 00:40

投稿元:ブクログ

神道というものの原型が朝鮮から来たか、表現を変えれば共通の時期があったと創造することは自然なことである。
韓国から言えば肯定というのはこの宇宙にただ一人しかないのである。中国の皇帝であった。韓国の王家は一階級下の王である。
朝鮮人はどこから来たのであろうか?常識的には北方の満州から来た。
礼教では、人前では裸にならない。
ソウルの都市文化は大阪と似ている。

2014/12/31 11:56

投稿元:ブクログ

 紀行(きこう)は、旅行の行程をたどるように、体験した内容を記した文とある(wiki参照)が、司馬遼太郎の「街道をゆく」は旅先の歴史を語る旅でもある。なので、カテゴリは世界史または日本史に分類した。

2011/08/26 16:20

投稿元:ブクログ

司馬遼太郎のいうとおり、昔は国家の概念はないので
朝鮮やモンゴル・日本とかの人種が色々混ざっているのは当たり前で誰が何を教えたとかナンセンスだよね。

というマインドがあれば楽しめます。

2013/02/06 23:25

投稿元:ブクログ

なぜ朝鮮に金姓が多いかを知ったときは大感動。
一人で興奮して、友達に語ったがよく伝わらず。

「おまえはだれだ」
「ムンク(銀)だ」
モンゴル人かっこよすぎるだろ。

2014/10/06 23:46

投稿元:ブクログ

韓国旅行を前に再読です。任那・加羅、新羅、百済といった古代国家の故地や、秀吉の朝鮮出兵時に李朝に投降して仕えた日本将兵の子孫が住む降倭村等の農村地帯を巡る旅。司馬さんの描く1970年代初の農村は、古代に戻ったような感覚で、非常に魅力的。実際に李朝末期生まれの方も存命だった時代で、日本統治時代を飛び越え、多分にそういう空気を持っていたのかも。今はそんな感じは残っていないのでしょうけど。

朝日文庫 ランキング

朝日文庫のランキングをご紹介します一覧を見る