サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 知性はどこに生まれるか ダーウィンとアフォーダンス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

知性はどこに生まれるか ダーウィンとアフォーダンス(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-149335-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

知性はどこに生まれるか ダーウィンとアフォーダンス (講談社現代新書 Jeunesse)

著者 佐々木 正人 (著)

知性はどこに生まれるか ダーウィンとアフォーダンス (講談社現代新書 Jeunesse)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ダーウィンとアフォーダンス?

2000/10/08 22:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dakara - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ダーウィンとアフォーダンスかなぜ結びつくのか、と疑問に思う方も多いはず。その答えは本書をお読みいただくとして、本書の特徴は、大変わかりにくいアフォーダンスという概念について、「アフォーダンスとは何かを説明する」のではなく、「アフォーダンスとはこうだ」ということをわからせてくれる本。これまでの心理学が人間の行為に対して使ってきた「反射」、「概念による行為」、「試行錯誤」では創造性を説明できない、そこでアフォーダンスというコンセプトの登場となるわけです。
    反射:刺激→反射。反射のように固定していない。行為は多様。
    試行錯誤:行為はランダムに起こらない。「際限のない」試行錯誤はしていない。
    概念による行為:はじめから完全なマニュアル(プラン)をもっているわけではない。
 「ぼくらの行為がこの環境の中でしていることは、環境にあってぼくらを取り囲んでいる多様な意味を柔軟に探し当てることなのである(p.60)」 アフォーダンスは人間の行為のリソースになる(人間の行為はアフォーダンスを利用することで、可能になる)。
 おもしろいですが、読後感はあまりよくありません。やはりアフォーダンスを理解するには、原典『生態学的視覚論』を読まなくてはいけないでしょう。しかし、本書で十分、アフォーダンスの雰囲気を味わうことは可能です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

主体と環境の相互作用を考えるために

2002/11/27 13:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PATA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書はこれまで人間の脳にあると考えられてきた「意味」が実はそこだけにあるのではないということについて「アフォーダンス」という概念を中心に説明しています。アフォーダンスとは、「環境が動物に提供するもの、用意したり備えたりするもの(61-62頁)」であり、このアフォーダンスに意味が存在すると考えるのです。 人間の行為はこのアフォーダンスとの関わりの中で、その「意味」が理解されるようになっていき、それは決して事前にいかなる意味で行われるのかが明確なものではないと主張されています。本書ではミミズの穴ふさぎ、蛙の捕虫、カブトムシの起き上がりなど様々な「行為」と「アフォーダンス」の関係が紹介されています。
 では、行為が事前にいかなる意味で行われるかが判らないということが何を意味しているのかというと、それは行為が徐々にあらわにする環境の変化の中に、行為がもつ意味が理解されるということを意味しています。この発想は、行為のプランが行為に先だって脳などに存在するという従来の考え方を完全に覆すものです。
 では、本書が「アフォーダンス」を軸に展開している議論がもつ意義はどこにあるのでしょう。それは、主体と環境という二者間の相互作用を説明しているというところにあると思います。既存の認知理論では、主体と環境の関係は「先ず主体ありき」でとらえられてきたのに対し、本書が主張していることは主体にも環境にも還元できない「関係」のそのものを取扱おうとしているように思います。
 本書の試みが他の学問領域に転用可能であるのか、本書の試みがどこまで正当といえるのかは読者の判断に委ねますが、本書の発想そのものは決して否定できるものではないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/06 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/20 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/21 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/31 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/19 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む