サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青猫屋
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.12
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-415301-X
  • フィルムコート不可

紙の本

青猫屋

著者 城戸 光子 (著)

【日本ファンタジーノベル大賞優秀賞(第8回)】優れた歌を創ることが無上の名誉とされる奇妙な町で、呪力を持つ歌を消すのが青猫屋の仕事。48年前に消えた歌を求めて巻き込まれた...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本ファンタジーノベル大賞優秀賞(第8回)】優れた歌を創ることが無上の名誉とされる奇妙な町で、呪力を持つ歌を消すのが青猫屋の仕事。48年前に消えた歌を求めて巻き込まれた摩訶不思議な事件。日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

誰の耳にも届かない歌われない歌は、どこへ行くのだろう

2001/01/20 02:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ざぼん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 舞台は過去とも未来ともつかない時代。ここともどこともつかないどこか。要するに純然たるファンタジーの世界。世界に関する説明はほとんどない。ぽん、と読者は異世界に放り出される。<歌ぶり>の町へと。それを違和感なく「異世界」として受入れさせているのは、物語の中心となる<歌ぶり>の存在だ。歌というからには当然「音」を伴っているはずなのだが、これは小説、当然音は直接読者の耳に伝わってくることはない。与えられるのは純粋に無音の文字のみだ。だが、この小説に登場する<歌ぶり>の一つ一つの持つ味わいや雰囲気は、実際に音が聞こえなくても、それ以上のものを読者に伝えてくれる。耳には聞こえないが、心に伝わってくる音。その齟齬が居心地のいいこの異世界を、はっきりと存在感のあるものとして認識させてくれる。

 物語は穏やかにコミカルに進行する。でも、そこはかとなく悲しみが漂う。川で拾った捨てられた歌を、ただ一つだけ続ける浮島渡しの猿丸。老境に入って初めて夫の美しさを見出したツバ老の妻。贋稲荷に住み着く山口とお時ばあさんの奇妙な関係。山羊ではない自称ヤギの孤独。父から継いだ写真館を潰してしまい、ただ甘いものづくりに専念するハイウェイのレストランのコック。その甘いものをひたすら食べ続ける女子中学生と、ちぐはぐな麺類を注文し続けるトラックの運転手。そして「青猫屋」にとって不要な少年・頓痴気と「青猫屋」の廉二郎、亡くなった三代目の父。それら全てに通じるのは、かすかな虚しさと、悲しみだ。

 やがて、名曲<ムサ小間>に続きがあったことが判明し、<ムサ小間>の「秘密」が歌の教師朝比奈夫妻によって解かれる。長い長いこの部分は、歌に意味を求めることの無意味さだけを繰り返し語っているのだろうか?

 そして、唐突に訪れる終局。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/24 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/27 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/29 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/09 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/21 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/30 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/06 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/22 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/17 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/12 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。