サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ジャンヌ・ダルク超異端の聖女(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-149337-X
新書

紙の本

ジャンヌ・ダルク超異端の聖女 (講談社現代新書)

著者 竹下 節子 (著)

ジャンヌ・ダルク超異端の聖女 (講談社現代新書)

税込 770 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ジャンヌ・ダルク

2002/10/14 06:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ローズヒップ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジャンヌ・ダルク。軍隊を率いてフランス王太子の戴冠という偉業を成し遂げた少女。でも、これまでいつも不思議に思っていたのが、「なぜ軍隊も人々もたった17歳の田舎娘に従っちゃったの?」ということだった。小娘が男達を従えて歴史を動かしたなんて、なんだか飛躍しすぎていて、どうしても非現実的に思えた。この本では、なぜジャンヌ・ダルクというカリスマが実現するに至ったかという背景が語られていて、疑問に思っていたことが解き明かされた。「超異端」とは、中世史の学者が唱えた「正統」でも「異端」でもないコンセプトだが、中世ヨーロッパの時代にこの超異端として活躍した先駆者的女性達が、ジャンヌ・ダルクというカリスマ誕生の土壌を形成していたわけだ。
火刑に処されながらも、現在はヴァティカンに公式に宣言されたカトリック教会の聖女であるジャンヌ。カトリックの列聖システムで、「福女」から「聖女」への昇格条件についての記述も面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性の持つエネルギーを感じる

2002/07/28 14:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベリ太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジャンヌ・ダルクを語る本は幾冊かあるが、
この書の特徴的なことは彼女を一人特出したものではなく、
中世の女性特有の既存の秩序の壁を突き破るようなエネルギーの持ち主、
すなわち超異端の流れの中で位置づけていることにある。

ヒルデガルト・ビンゲン、マルグリット・ポレート、シエナの聖カタリーナ、
ジャンヌの先駆者たちであり、マルグリットは異端として処刑された。

後半のジャンヌの評伝も面白い、
いかに彼女は人々に聖性と畏怖をもって受け入れられたか、
処刑までの経緯を当時の目で追っていく。

ただし、著者には申し訳ないが個人的感想では、
先駆者として登場したマルグリット・ポレートの記述に非常に魅力を感じる。
不明にしてこの本で初めて彼女の名前と、
焚書に会いながらも長く読まれた「素直な魂の鏡」。
著者に是非とも彼女しぼった評伝をお願いしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/04 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/31 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/21 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/25 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/01 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/28 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。