サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. インフィニティ・リミテッド 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

インフィニティ・リミテッド 上(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.1
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/371p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-66315-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

インフィニティ・リミテッド 上 (創元SF文庫)

著者 ジェイムズ・P・ホーガン (著),内田 昌之 (訳)

インフィニティ・リミテッド 上 (創元SF文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

SF色皆無のスパイ小説

2001/06/11 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こじましゅういち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ああ、ホーガンよ。君はそのままそっちの方面に走ってしまうのか。初期作品からのファンとして、こういう作品を見るのは悲しいよう。ま、作家である以上、たまには別ジャンルの話を書いてみたくなるのも致し方ないことか。というわけで、このお話は同じくホーガンの政治スリラー「ミラー・メイズ」と同様、SF的要素はこれっぽっちもありません。アフリカの小国の内紛と、その裏で活動する、自由な個人主義を標榜する謎の国際民間組織、インフィニティ・リミテッドのおはなし。こういうジャンルには疎いので何とも言えないのだが、ただ、ホーガンがこういう話を書くと、読んでるこっちとしては、どこまで本気にしたらいいのかな、と不安になることがある。あまりに主義主張が強すぎるのだ。この話の主人公のバーナード・ファロンなんか、ほんまにこんなヤツおるんかい、と思えるような信条の持ち主だし。こういう傾向は「終局のエニグマ」以降特に顕著だが、こうもてらいもなく前面に出されるとなあ。うーん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/04 22:15

投稿元:ブクログ

★2というのは完全な個人的好み及び勝手な失望によるものなので
やや良心は痛むのだけれど。

まずね、東京創元社に文句を言いたい。
J・P・ホーガンと言えばSFだが、
ミステリ要素も含む作品を書いていることを知っており、
尚且つ背表紙の説明もSFっぽくなかったので疑いを持った
私が何故(セカンドハンドとは言え)購入に至ったかと言うと、
東京創元社の分類がSFだったからだ。
この一冊(下巻含め二冊)は紛れもなく創元SF文庫の一冊(二冊)であり、
分類も「SFホ1ー15(16)」、
これを見て「あ、これはSFか」と思ったのは極自然な理解だと私は信じる。
なのに読み進めるに従って疑惑がどんどん色濃くなり、
ついにSF要素が全くないことに気付いた時の衝撃たるや、
筆舌に尽くし難い。

でね、話自体はまあ面白くないわけではない。
この作品は客観的に見て、
SFではない点を除き、
実に私が知っているホーガンらしい作品である。
でも、基本的に私はSFには点が甘いのよ。

ホーガンはまずね、
理屈っぽいんだけどよくわからない。
時に読者の意表を付きた過ぎてストーリーがごちゃごちゃになる。
一応ちゃんと説明はされるんだけど、
説明が下手なのか私がバカなのか、
よくわからん。
ちょっと強引じゃね? 的な説明もままある。

で、とにかくハッピーエンド。
ハッピーエンドはいいんですよ、SFではね。
ハッピーなのは素敵だと思います。
でもね、こういう政治がらみの諜報屋の騙し合いみたいなごちゃごちゃ話では、
あまりにハッピーエンドだと、
ちょっと臨場感が欠けると思うんです。
舞台がごちゃごちゃな割にいい人と悪い人があまりにクリア過ぎて、
そんなに世の中単純じゃないしうまくいかないと思ふ。
と言いたくなるんです。
もうちょっとジレンマに苦しんで欲しいんです。

でもまあ、
そんな勧善懲悪スタイルが好きと言う人もいるのでしょう。

小説という媒体の場合、
私がSFと呼ぶものは、
ハードSFと呼ばれる実際の科学・物理学に沿った内容のもので
決してファンタジーではない
(怪奇的、ファンタジー的要素があるもので私が好きと言う場合、
私がそれらに求めているのはSFじゃないのです)。
そして私がホーガンに求めているのはSF、
サイエンス・フィクション。
故に、
ホーガンは若干私が定義するハードSFから外れる時があるんだけど、
まあそれでもSFだから、
とつい甘く見ていたの。
注:偉そうなのは重々承知で書いています。ザ・消費者スタンス。
なのでね、SFから外れると、
ちょっと点が辛くなるんです。
ごめんなさい。

とか書いたけど、
改めて自分のホーガン作品への評価を見ると、
ガニメアンシリーズ三作品以外殆ど★2なことに気づいた。
やっぱりハードSFと言うには厳しい設定と
勧善懲悪というところが私には合わないのか。
これからはホーガン作品はちょっと控えようかな...。

2007/07/19 00:00

投稿元:ブクログ

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000308704.html

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む