サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくの心の闇の声
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1997.2
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/147p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-19-860659-5

紙の本

ぼくの心の闇の声

著者 ロバート・コーミア (作),原田 勝 (訳)

11歳のヘンリーは、強制収容所を生き抜いたユダヤ人のおじいさんと仲良くなり、ナチスに破壊された故郷を甦らせようと作った木彫りの村に心動かされる。だがそのことを仕事先の店主...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

中・高生ベストYAセレクション 8巻セット

  • 税込価格:14,740134pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

11歳のヘンリーは、強制収容所を生き抜いたユダヤ人のおじいさんと仲良くなり、ナチスに破壊された故郷を甦らせようと作った木彫りの村に心動かされる。だがそのことを仕事先の店主に話してしまったことから、事件が…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・コーミア

略歴
〈コーミア〉1925年アメリカ生まれ。新聞記者のかたわらヤングアダルト向けの小説を発表。「チョコレート・ウォー」で注目される。他の作品に「フェイド」「わたしたちの鳴らす鐘」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ホラーではありませんが結構怖いです。

2000/09/01 17:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひこ・田中 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人の心の中には“悪”が必ず潜んでいる。それを知ったとき、子どもは大人へ扉を開けるのだと思う。その“悪”をうまく制御できるか、できないかがどんな大人になるかの分かれ目。
 これは、十一歳の少年が、生まれて初めてそんな“悪”を持つ大人と遭遇する物語なんです。
 戦後不況のアメリカ。野球好きだった兄が交通事故死して以来、父親は悲しみから立ち直れません。だから家族は、母親のパートでなんとか食いつないでいるのですが、ヘンリーも母親を助けようと食料品店で働き僅かながらも収入を得ています。
 彼はある日、強制収容所を生き延びてきた老人と知り合います。老人はナチスによって滅ぼされた故郷の村を、木彫りで再現することに残りの人生を費やしていて、その作品は市の最優秀芸術賞に選ばれる。市庁舎に展示されることも決定。
 と、ヘンリーが働いている店の主人ヘアストンは命じるのね。木彫りの村を破壊しろ、と。それも、従えば裏から手を回して母親を昇進させてやるが、断ればヘンリーだけではなく母親も職を失うだろうと脅かして。
 いったい何のためにそんなことをさせられるのか判らないヘンリー。だってその老人とヘアストンは何の関係もないのですから。
 ヘアストンの心の中にある“悪”を知ったヘンリーはどうするのか。
 もちろん読者もその謎は最後まで判らないわけですから、ヘンリーにシンクロして物語を読み進めることとなります。
 コーミアの巧さが光っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/31 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/04 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/01 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/16 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/30 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/16 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/01 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/17 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します外国の作品 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。